ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
パンテオンにおけるマラーとジャン=ジャック・ルソーとの大論争
作家 / SAI
デュプライユ(Dubrail )というのが作者のペンネームらしい。あの偉人たちを集めて葬ったパンテオンでの論争のパンフレットを書いたという。

一体誰なんだろう。

昨日、aleiのところに行って借りてきた河野健二著「フランス革命200年」に書いてあった。今日、その本のディドロのことを記事にしていた。(なんだか僕が無理やり借りたカンジ!)

ジャン=ポール・マラー(Jean-Paul Marat)とジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau)の死後の大論争というのがちょうど開いたページにあったから、どうしても家に帰って読みたかったんだ!

ところで、「Grande dispute au Panthéon, entre Marat et Jean-. Jacques Rousseau」(1794)というタイトルで、アマゾンから売られているらしい。

「フランス革命200年」からこの話を引用すると。

1794年10月11日あたりのこと。パンテオンの近くに住む人々は毎晩のようにパンテオンから聞こえる大きな音に悩まされた。

勇気ある小市民、サン=キュロットたちが奇怪な物音をたてる正体を突き止めるために深夜にのりこんだ。

塔の中は真昼のように明るく、そこにはマラーとヴォルテールとルソーがいた。

争論はルソーがパンテオンから出て行こうとしているところを、ヴォルテールが引きとめたところから始まったらしい。

(嘘!生前、あんなにルソーを中傷した奴が?)

それが笑ってしまう。

「ルソーは人里離れたところへ引きこもりたいといい、ヴォルテールは ”君はいつも物事を悲劇的に考える” といって、ルソーにパンテオン入りという名誉をあたえたフランス人の好意を裏切ってはならないことを説く。」

(これはルソーの誹謗にもあるが、”裏切りのユダ”と呼ばれたらしい。)

「そこへマラーが口を出して、” ルソーは人々とともに生きることを望まなかった。死者たる彼は、人々の間にとどまるべきではない。」

(1795年、5月2日にテルミドールの反動で、パンテオンにとどまることができなかったのはマラー、君でしょ!)

「これを聞いて、腹を立てたルソーは ”人々の間ではなく虎の間といってもらいたい。どうして30万人もの頭を君ははねたのか」

(テロリズム推進のことをなじってるんだね。)

「マラーは ”公共の自由と君自身が用意した革命の成功を確保するためには、それだけでも足りないくらいだ”」

(” 議会が「一般意志」に基づく公正な政治 ” の限りでは、抵抗権の合法性は認めないとルソーは言うが、「ルソーの血塗られた手」のロベスピエールは ” 議会の代表者の「一般意思」” と捉えている。)

「ルソーは ”革命について語ったとき、ただ一人の人間の生命でも必要とするなら、それを行うべきではないといわなかっただろうか?」

(ルソーの「国民の最後の一人」をも保持すること、そうでなければ社会契約に従って国家形成が解消されてしまうってこと?)

「マラーは ”それなら革命は起こらない。あらゆる革命でにおいて、必ずや失われる人間があるものだ”」

(シャルロット・コルデーに刺し殺された君もでしょ。ルソーは革命前に死んでいるけど。あと20年生きていたらどうなっていたんだろう。)

マラーは人々が公正で、犠牲を受け入れたなら殺害は起こらなかったが、何物も失わないとして妨害と陰謀をはかる連中がいたから不可避であったという。

記事 
フランス革命 革命裁判所 検察官 フーキエ=タンヴィル

ルソーは陰謀や策動のロマンが専制主義を維持するもので「自由の名において、フランスに新たな鉄鎖を加える」と力説。

「追放は罪ありと名指しした人々の心を狂わす。一人の消滅は数人の消滅を引き起こす。驚くべき増大を必然化する。」とルソー。

(ゴキブリが1匹いたら・・・、を思い出した。)

「ナンだと!僧侶たちに迫害されたジャン=ジャックは僧侶たちをそっとしておくことを望むというのか!」

(たしかマラーは僧侶にかくまわれたこともあった。)

「犠牲者の血は新たな改宗者を生む」とルソー。

(でもね、平等が強調されるとね。自由と平等を望む小市民(大多数派)は対象者(少数派)を狩るからね。)

「ルソー自身の怒りの生贄だ!」とマラー。

こうした具合に罵倒は続く。

ルソーは耐え切れず外にでようとするが、ヴォルテールが止め、墓にもどる。

(天敵の意図はナニ? 作者の意図はナニ?)

論争は終わり、サン=キュロットたちは家路につく。この日を境に騒音は聞こえなくなったという。

Publisher(発行元): Sl : de l'imprimerie des Sans-Culottes(消滅街 サン=キュロット印刷所」

河野健二氏の解説によれば、これはルソーの「準備した革命」が意に反したものであることの批判書だということだ。
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< ルソーの妄想・空想・瞑想 | main | マクシミリアン・ロベスピエール >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/164
あけましておめでとうございます。正月、僕は年末は最後まで勤めていたので、元旦から8日までが休み。これまでとは違って、3日間は旅行を兼ねて縁戚の家にお世話になった。もうすぐ〇〇歳の大台にのるせいか、3日間の大騒ぎが身体にひびいたwa。もう、残り4日間は約束
| remove | 2011/01/07 7:46 PM |
このセレスタン・ギタールの日記は、ほとんど毎日のように綴られている日記から、僕がトピックし、引用・要約(かなり短く)しているので、フランス革命下の一市民の日記 セレスタン・ギタール著 レイモン・オベール編 河盛好蔵藍訳 中央公論社 を実際に読んでみてく
| remove | 2011/01/16 6:43 AM |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--