ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ヴォルテールの遺骸
18世紀 フランス / SAI
フランスの哲学者で作家のヴォルテール(Voltaire, 1694 - 1778)の本名は、フランソワ=マリー・アルエ (François-Marie Arouet)。

Arouet を AROVETLI と置き換えたあとに、さらにアナグラム(入れ替え)で Voltaire としたとも言われているけど、なんかわざとらしい。

このヴォルテールはご存知のようにルイ15世の時代には、公妾のポンパドゥール夫人がパトロンとなる。

ところで、alei が読んでいる「フランス革命下の一市民の日記」は、1791年からはじまるが、とっくに死んだヴォルテールの遺骸を運ぶ出来事を、セルスタン・ギタールが書いている。

alei の 記事
フランス革命下の一市民の日記 1791年の7月

wikiには、「パリの教会が埋葬を拒否したためスイス国境近くに葬られたが、フランス革命中の1791年、ジロンド派の影響によって、パリのパンテオンに移された。」とある。

それ以上の記述がない、残念。だけどフランス革命下の一市民の日記からその様子がよくわかる。

要は、キリスト教の迷信を紛糾していたから、ヴォルテールはパリに埋葬されなかった。

過去記事
マルク=アントワーヌ・カラス事件  L'Affaire Calas
哲学書簡 ヴォルテールとクエーカー教徒
ヴォルテールの哲学辞典
哲学辞典 by ヴォルテール Dictionnaire philosophique

1778年2月10日のパリ。

20年近くもパリに足を踏み入れていなかったヴォルテールは、この日パリに来た。(83歳のヴォルテールのパリ訪問に市民は狂喜したそうだが、本当だろうか。)


Voltaire in his night shirt, putting on his trousers while dictating to his secretary, in his home in Fernet (today Fernet-Voltaire), France. Oil on paper glued on cardboard

ナイトシャツ、ナイト・キャップ、トラウザーを身につけるヴォルテール
口述筆記をする秘書(フェルネーの屋敷にて) by ジャン・フーバー



観光に行くと、27番地の建物の壁にブループラーク(著名人の屋敷)が掛かっている。「7arr  Quai Voltaire」に「27」という番地プレート。

その横のプレートに、「VOLTAIRE NE A 21 NOVEMBRE EST MORT DANS CETTE MAISON LE 30 MAI 1778 (ヴォルテールは1694年11月21日、パリに生まれ、1778年5月30日にこの家で亡くなった)」とある。

そのプレートが示した死の翌日である5月31日、6頭立ての馬車がその屋敷を全速力で走り去った。

いつもの愛用のガウンに、あのへんてこなナイト・キャップをつけ、防腐処理をされたヴォルテールを乗せて。

教会は公認の墓地にヴォルテールを埋葬させないよう目を光らせている。だか彼はもはや死臭を漂わせている。

死んだヴォルテールは下男とともに埋葬先を求めていたのだ。もっとも教会紛糾していたヴォルテールだから、これっぽちも「埋葬禁止令」など気にしていないことだったろう。埋葬されるのを期待していたら、図々しいにもほどがある。(笑)

モーツァルトが父レオポルトに、同年の7月3日付けの手紙で、「無神論者のペテン師のヴォルテールが犬畜生のようにくたばりました。当然の報いです。」と書いている。1778年にパリに戻ったヴォルテールに会えなかったモーツァルトの因縁深い手紙だ。

Voltaire at 70. Engraving from 1843 edition of his Philosophical Dictionary.

70歳のヴォルテール


ジュネーヴ郊外のフランス領フェルネー。そこではあのフェルセンとも会っている。モーツァルトとは違い、二度目にして会うことができた。

「カールがすっかり落ちた鬘に、着古した真っ赤なジレは、祖父の時代の代物のように、ボタンホールは刺繍で縁どられている。一昔前の短いキュロットをはき、毛糸の靴下を引っ張りあげる。皺だらけの顔に皮肉たっぷりの目つき。すべては見事に調和して、彼の雰囲気をつくりあげていた。」

記事 惨殺されたフェルセンの最期

これだけ凄まじいへんてこりんを見たら、もう認めるしかないと思う。arei の記事で使用しているヴォルテールは気ちがいオヤジのよう。

若いときは天邪鬼、老人になって偏屈といういい例だ。

さてヴォルテールはなぜジュネーヴ郊外のフランス領フェルネーに住んでいるのか、彼の本を読んだ人なら、もうわかっていると思うけど、当時のフランス国家に対して「やばい」評論を出版して、また逮捕されそうになる。

それで愛人の城館に住まい、そのあとフリードリッヒ2世の元へ行き、それからジュネーヴに来て、1760年頃にフェルネーに移った。

Voltaire with Frederick the Great of Prussia

フリードリッヒ2世とヴォルテール


フランスのルイ16世も百科全書を持っていたというけれど、啓蒙思想については英国絶賛のモンテスキューを読んでいた。ルイ16世にとってヴォルテールは、古いフランスの危険人物だったに違いない。

そのヴォルテールの遺骸が、わざわざルイ16世が逮捕されたときに、ミラボーと同じ偉人の墓に入ることになった。

フランスのすべてを紛糾したヴォルテールを偉人の墓に入れることは、ルイ16世の時代までのフランスを葬ったことになる。さらにフランス革命の非キリスト教化の象徴でもある。

さて1778年の5月31日にもどる。

死臭をまきちらしながら、愛用のガウンとへんてこなナイト・キャップを身につけた死人ヴォルテールを運んだ馬車は、セリエールの大修道院の教会まで行ったんだ。

大変だったね。

でも1791年、とうとうパリに返り咲いた。これも復活とでも言おうかな。

「復活というものはこの世の中で最も単純な事柄である。一度生まれるも二度生まれるも別に不思議ではない。この世はすべて復活である。」  by  ヴォルテール(バビロンの王女から)

「一度埋葬されるも二度埋葬されるも別に不思議なことではない。」でしょ。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< 惨殺されたフェルセンの最期 | main | サド侯爵 マルキ・ド・サド >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/160
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/12/07 10:42 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--