ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
クレリーの日記 1 ルイ16世の遺書
18世紀 フランス / SAI
事実と真実は違う。

事実をもとに美談や伝説がつくられる。

僕は、何ゆえ日本の女性がアントワネット一家に関心があるのかがわからない。漫画的、小説的な発想に自己投影しているのだろうか?

そこで僕はルイ16世の従僕クレリーの美談的な日記から、美談を剥いで事実だけを見て、そして真実はどういうものかを検討してみた。

クレリーの日記から見つけたのは、ルイ16世も マリー・アントワネットもタンプル塔で口にするのは「罪なく死ぬ」という言葉だ。

Grandsons of Louis XV and their wives circa 1775

ルイ15世の下にルイ16世とマリー・アントワネット


マリー・アントワネットにとって(たぶんルイ16世にも)、「死刑とは犯罪人にとってのみ恥ずべきもの」だった。

彼らは死刑になるとは考えていなかったのだろう。たぶん。

タンプル塔に幽閉されてから、彼らは徐々に「死刑」を身近に感じ始めたのだろうと思う。

「死刑とは犯罪人にとってのみ恥ずべきもの」と考えるマリー・アントワネットには耐え難い屈辱だ。それを回避する手段はもう残っていないとしたら、どういう扱いで死刑になるか・・・だ。

名誉あるもの。

Monuments funéraires à la mémoire (et non leurs tombeaux) de Louis XVI et de Marie-Antoinette réalisés par Edme Gaulle et Pierre Petitot en 1830, basilique Saint-Denis


つまり無実、そして殉教しかない。

さて、結果は殉教の王(roi martyr)としての伝説が出来上がった。フィルモン神父のおかげで。

ルイ16世は1792年、8月10日ヴァレンヌ事件の後から1793年1月21日の午前までタンプル塔で過ごす。

その約5ヶ月の間に、考えたのは名誉ある死ではないだろうか。

ルイ16世はたぶん無能だったと思う。啓蒙君主で、素晴らしい政策を描くことができたが手腕として発揮できなかったからだ。

なぜか。

Engraving of the wedding of Louis XVI & Marie Antoinette


マリー・アントワネットを操縦しなければならなかったからだと思う。

彼女の意思を尊重しつつ軌道修正していかなければならないルイ16世。

オーストリアは宿敵フランスに対し、マリー・アントワネットという花嫁を送り、見事にフランスを壊滅させたのだ。


クレリーの日記 殉教の王(roi martyr)として歩むルイ16世

 
タンプル塔の大塔にうつされたルイ16世。家族といったん切り離されたが、少塔のときと同じく一日を家族と過ごす。

ご一家が大塔にそろわれてからもそれまでどおりだった。

タンプルではミサが禁じられていたので聖務日課表を私に買ってくるよう命じた。陛下は本当に敬虔な方なのである。しかし陛下の信心は純粋にして理性的なものであり、ほかの義務をおろそかにすることはなかった。

いろいろな旅行記、モンテスキューの著作、ビュフォン伯爵の著作、プリューシュの自然の景観、ヒュームの英国史、ラテン語のキリストのまねび、イタリア語のタッソ詩にさまざまな戯曲はいつも読んでおられた書物である。

引用・要約 「国王の従僕クレリーの日記」 クレリー著、ジャック・ブロス編 吉田晴美 訳

ヘロドトスの「歴史」、司馬遷の「史記」みたいなもんだったね、デイヴィド・ヒュームの「英国史」は。つまり彼は、ほとんどのヨーロッパの歴史、王族の繁栄と衰退も知っているわけだ。

そして啓蒙思想。フランス絶対王政を批判し三権分立を唱えたモンテスキューの著作。

Lagrenee, Louis Jean - Allegory on the Installation of the Museum in the Grande Galerie of the Louvre - 1783


しかもルイ16世はフランス語のほか、英語、ラテン語、イタリア語も堪能だったことは選んだ書物から理解できる。たぶんドイツ語も。

そしてクレリーの事実を綴った日記には、敬虔な姿のルイ16世が書かれている。マリー・アントワネットもそうだったらしいが、王の妹のエリザベートに関してはもっとも熱心な姿を書いていた。

12月15日にご家族に関する請願書の返事をもらった。「王妃とエリザベート王女は裁判中に国王と会うことを禁ずる。子供達は国王のもとへ行ってもかまわないが、その場合、最後の尋問がすむまで母親と叔母には会うことは出来ない。」

引用・要約 「国王の従僕クレリーの日記」 クレリー著、ジャック・ブロス編 吉田晴美 訳

二者選択を迫られた陛下は子供達と会うことをやめている。

この10日後のクリスマスの日付で、ルイ16世はヴァレンヌから二つ目の遺書になるものを書いた。

いと聖なる三位一体、父と子と聖霊のみ名において。本日1792年12月25日、私、フランス国王、ルイ16世は、かつて臣下であった者たちの手で四ヶ月来パリのタンプル塔に家族と共に幽閉され、11日前から家族といかなる連絡もとることができずにいる。

そのうえ、人間の情念ゆえに結果も予想できなければ、現行のいかなる法にも口実と方法の見当たらない裁判にかけられている。

私の考え方の証人は神しかおらず、私が話しかけることのできるのも神だけである。よってここに、神の立会いのもと、私の遺志ときもちを明らかにするものである。

私は、我が造物主たる神に、私の魂を預ける。神よ、どうか私の魂を慈悲のみ心のうちに迎え入れたまえ。そして、私の魂の功徳ではなく、私をはじめ救ううに値しない人間達のために父なる神にその身を捧げられた主イエス・キリストの功徳によって、私の魂に審判を下したまえ。

私は、聖ペテロがイエス・キリストから託された力を途絶えることなく受け継いできた我らの聖なる母、使途創立ローマカトリック教会の団結のうちに、あの世へ旅立つものである。

Louis XVI recoit a Reims les hommages des chevaliers du Saint-Spirit, 13 juin 1775


私は、信経および神と教会の戒律に含まれるいっさいのもの、カトリック教会が今も教え、これまでずっと教えてきた秘蹟や奥義に含まれる一切のものを認め、堅く信じる。

私はイエス・キリストの教会を引き裂く説明をする様々な手段の中で自ら裁き手になると主張したことは一度もない。これまでも、また神が生きることをお許しくださればこれからも、聖なりカトリック教会に結集する高位聖職者諸氏がイエス・キリスト以来の教会の宗規に従って下し、これからも下すであろう決定にすべておまかせする。

私は過ちを犯しているかもしれない我らの兄弟を心から憐れむ。しかし彼らを裁くつもりはない。キリスト教の慈悲心が教えるものに従って、イエス・キリストと変わらぬくらい彼らを愛している。

私は自分の罪を綿密に知り、罪を憎み、神のみ前にひれ伏そうと務めた。カトリック司祭の手を借りることはできないが、神よ、これまでの私の告白を聞き入れ、、とりわけ(私の意志に反するとはいえ)私の名においてカトリック教会の宗規と振興に反するかもしれない行いをしてしまったことに対する深い懺悔を受け入れたまえ。

私は常にカトリック教会と心をひとつにしてきた。もし生きることを許していただけるなら、できるだけ早くカトリック司祭の手を借りてすべての罪を認め、懺悔の秘蹟を受ける決意である。

・・・(略)・・・
引用・要約 「国王の従僕クレリーの日記」 クレリー著、ジャック・ブロス編 吉田晴美 訳

ホント、長い。だがこれには意味がある。

ルイ16世は無能だ。けれど大した無能な王だった。

ルイ16世はイエス・キリストの受難と自分を重ねているんだ。

無能な王が殉教の王になるために。

ルイ16世はこの遺書で聖職者の民事基本法を、わざわざほのめかしている。

民事基本法は、宣誓することは革命を支持することを表し、宣誓を拒否することはローマ法王への忠誠を示すことになる。

Retour de Varennes. Arrivée de Louis Seize à Paris, le 25 juin 1791 Jean Duplessis-Bertaux (1750-1818),


ヴァレンヌへの逃亡時、ルイ16世はこの民事基本法を可決していない。

フランス革命では無神論者が多く、カトリック教会は迫害を受ける。「宣誓派」には政府からの年金が支給されたが、「忌避派」には支給がない。

忌避派に対する法案に拒否権を行使し続けるルイ16世。

この人、まさか革命まで発展するとは思っていなかったんだろう。デイヴィド・ヒュームの「英国史」を読んだはずなのに。

清教徒革命(ピューリタン革命)でのチャールズ1世が書かれていたでしょ!

さて2009年にフランスフィガロで報じられたのが、ヴァレンヌの逮捕直前に書いたという遺書の直筆が発見されたということだ。

ルイ16世の政治的遺言は立憲君主法を説いたもので、逃亡の理由も書かれている。

le testament politique de Louis XVI

追記
alei の記事 「フランス革命下の一市民の日記  1791年の2月

これはセレスタン・ギタールという人の日記。ヴァレンヌの逃亡の年、2月の事件をいろいろ日記に記したところをトピックしてた。

今度貸してもらうね。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< 魔女の肖像画 デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ | main | クレリーの日記 2 タンプル塔の無能な王 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/158
レイモン・オベール編の「フランス革命下の一市民の日記」は、ニコラ・セレスタン・ギタール・ド・フロリバンの日記だ。1769年にパリに定住したギタールの日記は、レイモン・オベールでは1791年1月26日から1796年5月15日までを読むことができる。実際にはどれだけ日記と
| remove | 2010/12/05 12:03 AM |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--