ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi / SAI

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751, Pietro Longhi The National Gallery,London

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー


追記 記事「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 動物」からもう一枚の犀をどうぞ。

絵本の挿絵かと思った。観ているうちに好きになった。僕、動物に弱いから。あと意味深なものとか、妖しいものとか。

A Fortune Teller at Venice 1756 Pietro Longhi The National Gallery, London

A Fortune Teller at Venice 1756
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

A Lady receiving a Cavalier 1745-55, Pietro Longhi  The National Gallery, London

A Lady receiving a Cavalier 1745-55
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

A Nobleman kissing a Ladys Hand about 1746, Pietro Longhi The National Gallery, Trafalgar Square, London

A Nobleman kissing a Ladys Hand about 1746
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

An Interior with Three Women and a Seated Man probably 1750-5, Pietro Longhi The National Gallery, London

An Interior with Three Women and a Seated Man
 probably 1750-5 ピエトロ・ロンギ 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー


仮面に見世物小屋、貴族と市民、諷刺と風俗がいっぱいの作品。

18世紀ヴェネツィアで活躍した風俗画家だから、フランスやイギリスのロココな画家たちと同じ時期に活躍した人。

The Visit 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art.

The Visit  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Letter 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art

The Letter 1746 ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Temptation 1746  Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum

The Temptation 1746  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Meeting 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art.

The Meeting 1746  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

 IL CONCERTO Pietro Falca detto Longhi Gallerie dell'Accademia, Venice

コンサート(合奏) 1741 ピエトロ・ロンギ 
アカデミア美術館(ヴェネツィア)


追記 wikiはたまにハズレのことがあるから、ちょっと心配だけど、なぜかヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi)にこの作品が掲載されていた。美術館のサイトをみたけれど、ヴィヴァルディに触れていなかったような・・・。

日常の心にとまったシーンを日記のようにカンバスに描いた小さな作品。そこがいい。

最後は象で。今日はこれでおしまい。

The Display of the Elephant 1774 Pietro Longhi  The Museum of Fine Arts, Houston

The Display of the Elephant 1774
ピエトロ・ロンギ ヒューストン美術館

The Elephant Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

LEléphant 1774 -Pietro Longhi  auction houses

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
オークションハウス

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< Jean-Marc Nattier style  ジャン=マルク・ナティエ スタイル | main | ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/150
僕、今日はSAIの二番煎じ。記事がピエトロ・ロンギの二番煎じか!ではなく・・・。楓のナティエの記事に、ナティエの模倣や模写を記事にしてたのを真似た。僕もAfter SAI というところだ。記事 Jean-Marc Nattier style ジャン=マルク・ナティエ スタイル ピエトロ・ロ
| remove | 2010/11/29 8:15 PM |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--