ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
フランス革命下の囚人たち
18世紀 フランス / SAI

アントワネットとルイ16世が処刑された当時は、パリには50ほどの監獄があったらしい。

「メゾン・ドサンテ」は比較的裕福な被拘禁者。重要な監獄は、「ラベイ」 ぺ、「レ・マドロネット」、「ポール=リーヴル」、「ラ・フォルス」、「サント=ペラジー」、「レ・ザングレーズ」、「ピセトル」、「ル・リュクサンブール」、「ル・プレシ」、「サン=ラザール」、「レ・カルム」らしい。

さらに監獄は、その時々で異なる呼称があったという。

「メゾン・ド・デタンション」、「メゾン・ド・フォルス」、「メゾン・ドサンテ」など。

身分の高いもの、財産のあるものは良い部屋、財産のないものは、排泄物と悪臭、狭い不潔な部屋だった。

だが、このような状態で結ばれた人と人との絆は深い誠実にあふれている。そして陰謀、スパイの告白。今回はちょっといい話を多くトピックした。

これは、断頭台で処刑された人の最愛の人、家族などにあてた最後の手紙がメインの本。

オリヴィェ・ブラン、小宮正弘訳 「150通の最後の手紙」だ。


ラベイ監獄 (要約)

ラベイ監獄に投獄されていたカルブの手紙(要約)
「大切な義務を果たすため、私はすぐにいなくなるという無念をお伝えするとともに、お考えがどうであろうと、わたしのことを憶えておいてほしいと思い、部屋の年長と思われるあなたにしたためます。

裁かれぬかぎり潔白は被告人同士。名前も存じ上げない方々にそこを出るとき持たせてくださったお金を妹からお返しします。

そしてラベイ監獄の看守フランソワ、ムージ両氏、番人すべて、そしてラ・ヴァクリー夫人に、わたしにようしてくださったことの感謝を示すようお願いするつもりです。

職務上の厳しさのなかに不幸な囚人たちへの気遣い。ヴィエ、ジョルジュの両氏に、わたしの心から愛する妹を慰めてくれるようお願いします。」


レ・マドロネット監獄(要約)


看守のヴォベルトラン夫妻は囚人に好感を持たれていた。その妻は、当時流行の「題韻詩」の対象になった

あなたの微笑みのなかい
善良さは(ポンテ)

私達に描くこのうえない優しい
母を(メール)

あなたの夫を
人情味は(リユマニテ)

また、描く、このうえなくよき
父に(ペール)

わたしたちはみば
幸福となろう(ウルー)

もし、わたしたちを彼の
兄弟としている(フレール)

法が、のぞむならば
寛大な(ジエネルー)

彼の処置が和らげるようにと、我々の
不幸(ミゼール)


警察理事官 マリノ(要約)


傍若無人なマリノは囚人たちから厚い信頼を寄せられていた。陶磁器商人で絵も書くマリノ。コワタンの記憶から身なりにも構わずやってきたあの日のことを思い出した。

いく人かが請願を頼もうとしていたが、マリノは目もくれず裕福な囚人へ近づいた。その囚人に貧乏な囚人たちを示す。

マリノは言う。

「おまえ、あれは俺んとこの人間だ。
おまえが面倒みなくちゃならんぞ。」
「Oui (ウイ)」

そして裕福な囚人の頬を軽くたたいて
「そうだ、おまえはみんなの食事代を払うんだ。
わかったか? 部屋代も経費も葡萄酒代もな。」
「Oui (ウイ)」

「おい、奴が出費をみんなつける。わかったか?」
貧乏な囚人達 「Oui (ウイ)」

「うん、おまえ持っている。奴らは持っていない。
払うのはおまえだ。」
「Oui (ウイ)」

「奴らににんにくつきのもも肉と
じゃがいもと、サラダをやるんだ」
「Oui (ウイ)」

また軽く頬をたたいて、上機嫌ででていくマリノの姿をコワタンは思い出していた。


レ・マドロネット監獄(僕の妙薬)


ここには貴族に判事、元大臣に、王党派の作家、そしてテアトル=フランセの俳優たちが投獄されていた。

俳優フルーリーが語る毎夜の出来事。

行列、そして戦いの行進
暗い回廊、青白い顔、揺れ動く影
これらの鬼火は交わり、離れ、一列になる
ぼんやりした光は
権力に笑わなかった顔になげかけている

人の手にする光が
顔を濃褐色に映し出し
目だけ浮き出て喜劇的な効果をかもしだす
闇と光の、行進と休止の、そして大声と沈黙
腕のいい画家のとらえるべき効果をかもしだす

看守の妻はレンブラントのモデルにふさわしいと言う。

小さいヴォーベルトランの笑いは
むしろカロ風のグロテスク
とくに手燭を持った善良なダルレイが
クローヌの元法官氏の髭かフリルを
焦がしてしまったあのときだろうか。
元法官氏は左か右か、
足の出し方がまるでわからなかったので。



ポール=リーヴル監獄(要約)


まだ深刻に考えていなかった囚人たち。

サロンのように感動をあらわし芝居がかった態度で、短い詩、軽い韻文で会話をする。

「セギュール子爵は大勢の仲間達に取り囲まれギロチンを待っていた。牢番たちを風刺歌の種にし、ご婦人達へはキザなお世辞。」

だがある日笑いが消えた。

マルゼルブとその家族が断頭台へと断つ。
マレイシー夫人のお産で苦しむ叫び声。
ラ・シャボーシエール夫人のうめき声。
コワニー伯爵の召使の自殺。


ル・リュクサンブール監獄(トピック)

コワタンの話

「ラ・ヴァレット夫人」
ラ・ヴァレット夫人の夫は庭でボール遊びに興じていた。

「旦那を呼べ」
「でも、なぜ。」
「とにかく呼べ」
「でも、なぜ。」
「裁判所にいくんだ。」

夫人は床にぱったり倒れた。

全筋は「150通の手紙」を読んでみて。


一行トピック 150通の最後の手紙

「こどもたち、ごらん、わたくしの髪ですよ。」

「君を千たびも、また千たびも抱く。最後の瞬間まで。」

「涙をふいて。いえ、涙を流してもいいから苦しまないで。」

「人生の最後までみんなを愛していた。」

「あなた、勇気をだして!」

「さようなら。あなたを悲しませるのがとてもつらい。」

「大丈夫。勇気を持って死んでいくよ。」

彼ら、彼女達の最後の手紙は、実名とその人の生涯がトピックされている。マリー・アントワネット、ロラン夫人などの有名な手紙もある。マリー・アントワネットの最後の手紙を超えた149通かも。

アントワネットの最後の手紙は↓
エリザベート・フィリッピーヌ・ド・フランス 「マリー・テレーズの回想」

オランプ・ドゥ・グージュの飾らない、まるで方言のような書き方。真実の声が聴こえる手紙が多かった。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< サド侯爵 マルキ・ド・サド | main | フランス革命 革命裁判所 検察官 フーキエ=タンヴィル >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/140

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--