ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
モロー美術館 Musée national Gustave-Moreau
美術館 Museum / SAI
ギュスターヴ・モロー美術館で目を奪われたのは階段の反対側の壁に掛けられていた3枚の作品。まずは左にかけられていたものから。

日本のモローの画集にはでてこない戦士ティルテの姿。だから解説もない。海外ではよく知られているティルテの名。それはモローの作品ではなく、ラモーのオペラからだ。

だから今回も素人の僕がそのラモーのオペラとモローの作品からの感想になる。

Tyrtée chantant pendant le combat

戦いのなか歌をうたうティルテ
Gustave Moreau 1860 モロー美術館蔵


フリギアの王女イフィーズではなく、スパルタ国王の娘イフィーズとの愛の成就が、ラモーの「エベの祭典(青春の女神ヘーベーの祭り)」(RAMEAU LES FETES D'HEBE)の場面にある。


メセナの勝利者に嫁ぐ神託で、ティルテは勝利をおさめる。そのメセナとの戦いのなかの場面をモローは寓話化させたのではないかと思った。

モローはトロイア戦争のヘレネーなども描いているが、その女のために命を賭ける男達の血から、その女は愛や誘惑の勝利者としての満足感を得ているわけで、このイフィーズも自分への愛に血を流す男達の一人となるだろう。

Prétendants

求婚者たち
Gustave Moreau 1852 モロー美術館蔵


中央にある作品がギュスターヴ・モロー「求婚者たち」(1852)の作品だった。翌年の「テスピウスの娘たち」と背景や前方に横たわる人などが似ていると思った。


これはあのホメロス オデュッセイアの第22歌の場面。オデュッセウスの冒険のあいだにペネロペーに求婚する男達の死。これもその女のために命を落とした男達が描かれている。

女神アテナの守護により、オデュッセウスは弓で求婚者たちを殺していく。

「古代の人々にあっては、歌や竪琴の優美、一言でいえば思考の優美が、しばしば血みどろの暴力行為と関係し隣り合っている」ことを示しているそうだ。だから、
サロメヘレネーなどの作品には死んでいく戦士と竪琴を描いているのではないか。

Retour des Argonautes

アルゴー船乗組員たちの帰還
Gustave Moreau 1891-97 モロー美術館蔵


これはアポローニオス・ロディオスの「アルゴナウティカ」の場面で、あのイアソンとメディアが登場する物語。オルフェウスは竪琴を持って乗船しており、唯一セイレーンの罠にはまることなく航海が続けれる。


アルゴー船では若者を象徴し青春の勝利をあらわしていると言われている。左のイアソンは先のリンク先の作品画像と同じスタイルで描かれている。

その下に位置する右側の画像の女性がその作品画像のメディアの顔に似ている。

この作品の制作時期と同じ頃に、前年になくなった親愛のアデライド=アレクサンドリン・デュルの思い出として「エウリュディケの墓の上のオルフェウス」を描いていていた。


この3階の壁側の3枚が紹介した作品で、写真撮影時は左の窓からまだ陽が射していた。ちょっとティルテの作品が悔しいけれど、同じところを撮影した人はほとんどこんな状態かボケてた。よかった。


このモローの「EVE(イヴ)」がこの3階の窓側の狭い壁だったのか4階だったのかわからないけど、こういう作品がポツポツと壁にかかったり、イーゼルに立てかけてあったりする。

promenade-des-muses

モロー ミューズの散歩


アルゴー船のすぐとなりにある壁にはミューズの散歩、約束の地でサンダルを脱ぐモーセ(Moïse, en vue de la Terre promise, ôte ses sandales)が掛かっていた。

右側の壁側の作品記事はこちら。
記事 
モロー美術館 alei編


これは二度目に行ったとき。4階奥の展示室。ここにも日本人がよく知っているモローの作品が多くかけられている。とくに右側から二列目の「オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘」が一番うえ。その下にあるのが、先に書いたアデライド=アレクサンドリン・デュルの思い出として描いた「エウリュディケの墓の上のオルフェウス」だ。写っていないけれど、「妖精とグリフォン」もこの壁にあった。


Orphée sur la tombe d’Eurydice

「エウリュディケの墓の上のオルフェウス」
モロー美術館所蔵


これが「エウリュディケの墓の上のオルフェウス」です。デュルはモロー家の墓地近くに埋葬され、墓碑にはモローがデザインした二人のイニシャルのモノグラムが彫られている。モローがデュルの思い出として描いた作品。モロー美術館にはもう一枚ある。

Jupiter et Europe ou L’Enlèvement d’Europe

これは「ユピテルとエウロペ(エウロペの略奪)」
(Jupiter et Europe)

Chimères

そのとなりが「キマイラたち」(別バージョン XAI


ちなみにオルフェウスの左が「彷徨えるユダヤ人(Wandering Jew)」、この下が「プロメテウス(Prométhée)」(1868)、「聖ゲオルギウスと竜(Saint George)」、一番下4枚は左2枚目が「ヘラクレスとヒュドラーのレルネー(Hydre de Lerne)」、次が「パシパエ(パジファエ)」で、最後が聖セシル(聖セシリア)




4階は二つ出入り口があって二つの作品部屋を行ききできるので、なかなか撮影しにくい場所。反対側の入り口の真上にあるのが「ヘレネー」。入り口の左にかかるのが縦長の「レダと白鳥」で、この作品は次の記事に掲載されている。

この部屋の記事はこちら。
記事 モロー美術館 alei編

入り口反対側
記事 ギュスターヴ・モロー  トロイのヘレネー
記事 モロー(Gustave Moreau) レダ、ガラテア、妖精に女神

そして写真の左側の祭壇画(中央に位置)が、以前にaleiとkafkaがアップした記事。このモロー美術館で祭壇として飾られているもののほかに、もうひとつの「人類の生」も下記記事から紹介している。

alei
多翼祭壇画「人類の生」
kafka ギュスターヴ・モロー

この入り口の左側にかかっていたのが、サロメの「出現」だった。
記事
ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ (最近7枚に更新)

Musee Moreau


このコーナー(プライベートルーム)が一番僕のお気に入り。こうした本棚にずらりと並べたい。私室というか書斎にしたいわけじゃなく、こういうイメージのオフィスで仕事をしたい。

でも外人って意味なくインテリアとしてあらゆるところに椅子を置いている。ここに入室したときにカーテンを閉め明かりをつけてくれた。壁紙や照明、絨毯は非常に凝ったものなのに、ここのカーテンときたらイマイチだった。


3階の螺旋階段。右にレダと白鳥、そして左がキマイラ(未完)がかかっていた。

記事を書いていて、ずいぶん前にモロー美術館に行ったので記憶が不確か。さらに観賞したときにはずいぶんモチベーションがあがったけれど、時間をおいてみると萎えてきた。

また当時と趣味や趣向が変わったのかもしれない。「ミューズの散歩」のような小作品、あるいは未完で色がないもののほうが、観ていて飽きない気がしてきた。


あとになって記憶に蘇った作品

Darius fuyant après la bataille d’Arbelles s’arrête, épuisé de fatigue, pour boire dans une mare

Gustave Moreau 1852年 モロー美術館


「アルベラの戦いの後、ギリシアの追っ手から逃れる途中で疲れ果て、泥水を飲むダレイオス」という長いタイトル。ガウガメラの戦いのことで、このダレイオスはダレイオス3世で、アレクサンドロス3世(大王)の東方遠征に、結果は敗れる。

Jacob et l’Ange

Gustave Moreau  ヤコブと天使 モロー美術館


Sacrifice d’Abraham

Gustave Moreau  アブラハムの生贄 モロー美術館


Amour vainqueur de la Mort

Gustave Moreau  死に勝利する愛? モロー美術館


この最後の作品がタイトル不確か。これは「ユピテルとセレメー(ジュピターとセメレ)」がかかる上にあった。バーン=ジョーンズの4枚の寓意画「愛の勝利」(1870)と「クピドに囚われたプシュケ」(1885年)を思い出した。



ギュスターヴ・モロー ペルセウスとアンドロメダ 

Andromeda c.1867 - 1869


アデライド=アレクサンドリン・デュル(アデライド=アレクサンドリーヌ・デュル)に贈ったこの「ペルセウスとアンドロメダ(アンドロメダを救うペルセウス)」のほか、何枚か描いている。この作品を含めて4作品はこちらの記事から。

記事 ギュスターヴ・モロー 美しきアンドロメダ

二人の物語はバーン=ジョーンズの連作「ペルセウス」から
記事 
「ペルセウス」 Edward Burne-Jones


Andromède

Andromède アンドロメダ
ギュスターヴ・モロー


このくらいにしておきます。モロー美術館は日本人の観光客が多いので、知らない作品なんかや覚えていない作品なんかがアップされているかと思ったら、そうでもない。

XAI 
ギュスターヴ・モロー「キマイラたち 悪魔的なデカメロン」

この記事から、作品紹介記事にリンクされています。
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< レヴィ=デュルメル Lucien Lévy-Dhurmer | main | ストリップの女王 ディータ・ヴォン・ティースの水彩画 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/139
ここは2階。モローの部屋なんだけど机の後ろにある鏡。つまり向かえの壁にかかった作品が写ってる。&nbsp;つまりその鏡に写った作品は左右逆。さて、鏡の左上の角にあるのが、僕が以前に紹介したボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」の模写である。KAFKAにアップ
| remove | 2010/06/13 5:17 PM |
モロー L&eacute;da (レダと白鳥) 1865年ギュスターヴ・モロー美術館所蔵レダと白鳥 モローの作品のなかでは特に関心があります。ダナエのときには黄金の雨に変身したゼウスは、レダとの成就には白鳥の姿をかります。トロイア戦争の発端となったヘレネーの母レダ
| Life Style Concierge | 2010/06/13 5:17 PM |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--