ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
「ペルセウス」 エドワード・バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones
ラファエル前派 / SAI

Perseus and Andromeda(1876)BURNE-JONES, Edward ,Art Gallery of South Australia

「ペルセウスとアンドロメダ」 1876年
エドワード・バーン=ジョーンズ 南オーストラリア美術館


Study Rock of Doom by BurneJones

習作 「運命の岩礁」 1875年頃
エドワード・バーン=ジョーンズ 所蔵先不明



僕はこのエドワード・バーン=ジョーンズは好きな画家ではないけれど、いくつかの作品は好きで、別ブログではヴィーナスを特集した。


The Finding of Medusa; The Death of Medusa (The Birth of Pegasus and Chrysaor); Perseus Pursued by the Gorgons  1875-6

Atlas Turned to Stone; The Rock of Doom and the Doom Fulfilled; The Court of Phineas; The Baleful Head  1875-6

バーン・ジョーンズ「ペルセウス」 1875-76 テート・ブリテン所蔵



本ブログでもいくつか記事にしたけれど、好きなものは限られている。そのなかで南オーストラリア美術館の「ペルセウスとアンドロメダ」が僕の好きなほうになる。

エドワード・バーン=ジョーンズは「ペルセウスの神話集成(ペルセウスの冒険)」を10の連作にしている。

ペルセウス神話集成 10点 The Perseus Cycle (1875-90s) 
エドワード・バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones
習作10点 サウザンプトン市立美術館
(Study in Southampton Art Gallery)
油彩 5点 シュツットガルト州立美術館
(oil at Staatsgalerie, Stuttgart)
別バージョン(Versions of the same subject)

画像は僕が撮影したも(5枚)のと美術書から(3枚)スキャナした。ほか2枚はwiki、サウザンプトン市立美術館画像引用で、10の場面をつくってみた。

これは「ペルセウスの冒険」の作品だ。

1.The Perseus Cycle (1875-90s) oil at Staatsgalerie, Stuttgart by Edward Burne-Jones

ペルセウスの召還 シュツットガルト州立美術館


2.Perseus and the Graiae completed work in oil at Staatsgalerie

ペルセウスとグライアイ シュツットガルト州立美術館


3.Perseus and the Sea Nymphs completed work in oil at Staatsgalerie

武装するペルセウスとネレイス(海のニンフ)たち

4.The Finding of Medusa Study in Southampton Art Gallery

メデューサの発見 サウザンプトン市立美術館

5.The Death of Medusa Study in Southampton Art Gallery

メデューサの死 サウザンプトン市立美術館

The Birth of Pegasus and Chrysaor, full size study in Southampton Art Gallery

ペガサスとクリュサオルの誕生 サウザンプトン市立美術館


7.The Rock of Doom, completed work in oil at Staatsgalerie, Stuttgart

運命の岩 シュツットガルト州立美術館


8.The Doom Fulfilled, completed work in oil at Staatsgalerie, Stuttgart

成敗 シュツットガルト州立美術館

9,The Baleful Head, completed work in oil at Staatsgalerie, Stuttgart

不吉な顔 シュツットガルト州立美術館


10.Atlas turned to Stone, full size study in Southampton Art Gallery

岩と化したアトラス サウザンプトン市立美術館 (C)wiki


第1場面
黄金の雨となったゼウスに犯されたダナエの子ペルセウスは、ゴルゴーンの妹メドゥーサの首を取ってくるよう命じられる。
第2場面
ゴルゴーンの妹グライアイ(ペプレードー、エニューオー、デイノーの三姉妹)にゴルゴーンの居場所を聞き出すペルセウス。
第3場面
ネレイスが届けたアテナ(アテーナー)の楯、ヘルメス(メリクリウス)の翼のあるサンダル、ハデスの隠れ兜で武装するペルセウス。
第4場面
メデューサを発見するペルセウス。
第5場面
メデューサの首を切り落とした瞬間。
第6場面
メデューサの首からポセイドンとの子クリュサオルと天馬ぺガサスが誕生。
第7場面
母王妃の失言で神託で生贄となった王女アンドロメダ。
第8場面
生贄を狙う海獣ティアマトを倒すペルセウス。
第9場面
アンドロメダに水鏡からメデューサをみせるペルセウス。
第10場面
天を担ぐ巨神アトラスを石にかえたペルセウス。


 別バージョン(Versions of the same subject)

’1.The Call of Perseus, by Edward Burne-Jones full size study in Southampton Art Gallery © Bridgeman Art Library / © Southampton City Art Gallery, Hampshire, UK

 The Call of Perseus 
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
(C)Southampton Art Gallery

Perseus and the Graiae , study in Southampton Art Gallery

Perseus and the Graiae
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
(C)Southampton Art Gallery

The Arming of Perseus or Perseus and the Nereids (Sea Nymphs), study in Southampton Art Gallery

The Arming of Perseus  (Sea Nymphs),
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
Southampton Art Gallery(ポスター画像)

The Rock of Doom  Southampton Art Gallery

The Rock of Doom
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
(C)Southampton Art Gallery

The Doom Fulfilled   Southampton Art Gallery

The Doom Fulfilled 
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
Southampton Art Gallery (Poster ポスター画像)

The Baleful Head, completed study in Southampton Art Gallery © Bridgeman Art Library / © Southampton City Art Gallery, Hampshire, UK

The Baleful Head 
by Sir Edward Coley Burne-Jones, Bt ARA
Southampton Art Gallery (Poster ポスター画像)


エドワード・バーン=ジョーンズ は同じタイトルで何枚も描いている。たとえば「運命の女神の車輪(運命の車輪」なんかは少なくとも7枚あるといわれている。

バーン=ジョーンズのサウザンプトン市立美術館にある「不吉な顔」ははじめて知った。



Series  このほかのシリーズ作品 Edward Burne-Jones

 


 


The Legend of St George and the Dragon
聖ゲオルギウスの伝説(竜の奇跡) 7作品 エドワード・バーン=ジョーンズ




The Legend of Briar Rose
「いばら姫」 2連作ほか 「眠り姫(いばら姫)」 エドワード・バーン=ジョーンズ




Series Pygmalion  僕の別ブログにて
「ピグマリオン」の四連作ニ作品 エドワード・バーン=ジョーンズ




Cupid and Psyche
「クピドとプシュケの物語」フレスコ画連作12点、「クピドとプシュケ」、「プシュケの結婚」ほか エドワード・バーン=ジョーンズ




The Perseus Cycle
本記事「ペルセウス伝説」 エドワード・バーン=ジョーンズ




The Days of Creation
「天地創造」の6日間 エドワード・バーン=ジョーンズ




Romaunt of the Rose
エドワード・バーン=ジョーンズ シリーズ「薔薇物語」
| comments(2) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< エドワード・バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones | main | レヴィ=デュルメル Lucien Lévy-Dhurmer >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
ブログの内容と関連がなくて、申し訳ないのですが、
URLのYouTubeのいかにもボッティチェッリらしい、
絵画の画家、作品名を、ご存知でしたら、教えてください。
Hanae (2010/11/05 8:43 PM)
リンクされていたYouTubeは、クラウディオ・モンテヴェルディ(1567 - 1643年)の 「アリアンナの嘆き」の「私を死なせて」にある画像の作品のことで間違いないですか?

僕的にボッティチェッリの系統の作品には思えず、迷いましたが。

その画像の作品だけを考えるとアンゲリカ・カウフマンの1774年の作品です。邦題とすれば「マリアンナの嘆き」になると思います。

記事を書いたので画像を確認してみてください。

http://renessance.jugem.jp/?eid=149
sai (2010/11/09 4:18 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/134
エドワーズ・バーン=ジョーンズ 「最後の審判」 1874-76年Edward Burne-Jones Last Judgement バーミンガム博物館&美術館エドワード・バーン=ジョーンズの「最後の審判」だ。僕が彼の何が好きかって、アーサー王物語。とくにタペストリー。次の記事の作品が特に好
| remove | 2010/05/26 7:21 PM |
エドワード・バーン=ジョーンズ 「プシュケの結婚」 Psyche's Wedding 1895年 ベルギー王立美術館 何が好きかって、これが一番好きかも。タイトルに使われた結婚式の華やかさが一切ない。儀式が執り行われているのだ。古楽器から、結婚行進曲が聞こえて
| REMOVE | 2010/05/26 7:36 PM |
オリジナルに近い雰囲気の「プシュケの結婚」 記事リンクしてます↑バーン=ジョーンズ 「プシュケの結婚」 ベルギー王立美術館ベルギー王立美術館所蔵、エドワード・バーン=ジョーンズの「プシュケの結婚」です。画像はこの作品記事にリンクしています。aleiやs
| Life Style Concierge | 2010/05/26 7:58 PM |
ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズの眠り姫(いばら姫)をご紹介するま
| KAFKA | 2010/05/26 8:41 PM |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--