ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

エドワード・バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones
ラファエル前派 / SAI


エドワード・バーン=ジョーンズ に限らず、ラファエロ前派の独特な色つかいが興味をひく。ただ実際には鑑賞しないとその色彩は異質で、どこかの広告宣伝用のポスターみたいに思う人がいるかも。

でもウィリアム・モリスでのタペストリーは結構いい色で紹介されている。そしてそれがサン=ローランのコレクションだった。

記事 サン=ローランとベルジュのバーン・ジョーンズ
記事 バーン・ジョーンズ  アーサー王と円卓の騎士
記事 YSL&ベルジュのバーン・ジョーンズ(パネル編)

僕のほどほどのお気に入りになる「アーサー王の眠り」は、リンク先記事「アーサー王と円卓の騎士」にある。でも、aleiがアップした「プシュケの結婚」と「三連画 三博士の礼拝:受胎告知」が急上昇した。あのプシュケについてはオリジナルとどこが違うかというと衣装の色。よりはっきりと明るい。だが、あのポスターの色質の悪い明るさではない。すっごく澄んでいる。あのポスターよりマシだよ、aleiくん。

Psyche's Wedding (1895), Royal Museums of Fine Arts of Belgium

aleiの記事 バーン=ジョーンズ 「プシュケの結婚」(美術書から)


僕がほどほどに好きなバーン=ジョーンズの作品は、トップの3天使(三博士)のディティールの作品。その2作品は、僕のなかではどちらも、まずまず。 ちなみに嫌いな作品は多い。何枚も「受胎告知」を描いているエドワード・バーン=ジョーンズだけれど、この「受胎告知」 はどうだろうか。


 エドワード・バーン=ジョーンズ 
「キリスト降誕」 「王と羊飼い」 1888年 カーネギー美術館


Sir Edward Coley Burne-Jones Carnegie Museum of Art


カーネギー美術館所蔵のエドワード・バーン=ジョーンズ 「キリスト降誕」(1888年)、そして「王と羊飼い」(1888年)

Sir Edward Coley Burne-Jones Carnegie Museum of Art


キリスト降誕についてはほとんどの人が知っているので、「王と羊飼い」へ。この作品、羊飼いだったダビデ王を示しているんだろうか。真ん中の樹木が、別なものに見える。

探せば「キリスト教絵画」が多く、「三連画 三博士の礼拝:受胎告知」のほかに、途中で記事にしたくなくなった「オックスフォードの壁画 キリスト降誕」(alei にまかせた)なんかもある。

記事 「
Edward Burne-Jones エドワーズ・バーン=ジョーンズ

でもまぁ東方三博士の礼拝のほうかな。


まぁまぁの見ごたえ エドワード・バーン=ジョーンズ
「クピドの狩」(クピドに囚われたプシュケ)

aleiの「クピドとプシュケ」は連作で描かれた作品。これはシリーズものではないけれど。

これは結構官能的な作品。プリマヴェーラで西風ゼピュロスがクロリスを犯すよりもずっと迫力がある。バーン=ジョーンズは女性よりも男性のほうをエロティシズムな描き方をしていると思う。

Cupid's Hunting Fields, 1885 The Art Institute of Chicago

クピドの狩(クピドに囚われたプシュケ) 1885年 シカゴ美術館
バーン=ジョンズ Edward Burne-Jones


Cupid's Hunting Fields Delaware Art Museum

クピドの狩(クピドに囚われたプシュケ) 1882年 デラウェア美術館
バーン=ジョンズ Edward Burne-Jones


1885年の作品がうえ。下は習作ではないかと思う。このクピド、ボッティチェッリの「プリマヴェーラ」のように、目隠しをしている。ボッテチェッリの記事で言及しているので関心のある方は下記記事から。

記事
プリマヴェーラ
記事 「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説


;バーン・ジョーンズ コフェチュア王と乞食娘

King Cophetua and the Beggar Maid

コフェチュア王と乞食娘 1884年 テート・ギャラリー
 バーン=ジョンズ Edward Burne-Jones

この作品はバーミンガム博物館&美術館所蔵に水彩の「コフェチュア王と乞食娘」(1883年)の作品がある。(King Cophetua and the Beggar-Maid Birmingham Museum and Art Gallery
題材と作品イメージがよかったと思っている1枚。テニスンの「乞食娘」からと言われているが、バーン・ジョーンズはそれ以前のリチャード・ジョンソンの「乞食と王の歌」にも及んでいると思う。たぶん「聖ゲオルギウスの伝説」は、このリチャード・ジョンソンの「キリスト教圏の七勇士」からではないかと思うようになったから。

記事
バーン=ジョーンズ 「The Legend of St George」(聖ゲオルギウスの伝説)

このテニスンやリチャード・ジョンソンの作品はコフェテュア王が真実の美を求めて至るところが「乞食娘」の美であったわけで、地位も財産もないところにある美への教訓なのかもしれないが、「裸の王様」のようにコフェチュア王を揶揄したくもなる。

「掃き溜めに鶴」を探し出した王。乞食娘を妃に迎えるというのが物語の美談なのだろうか。それならいっそ身分を捨てて乞食娘の夫になる話しのほうが面白い。


 バーン・ジョーンズの自画像 
「嵐」 (シェイクスピア テンペストから)

The Wizard (1896-98), Birmingham Museum & Art Gallery

「嵐」 1896-98年 バーミンガム博物館&美術館
バーン=ジョンズ Edward Burne-Jones


これはシェイクスピアの「テンペスト」の一場面。手前の女性が妖精アリエルなのか娘のミランダなのかがわからないが、半球の鏡面にうつる難破船は、復讐に燃えるプロスペローの企みをアリエルの魔法で「嵐」で襲わせた。

この作品もバージョンがあって少なくともほかに2枚ある。2枚とも。現在は個人所蔵になっているはず。


右の妖精アリエル(あるいはミランダ)もモデルがいるが、左のプロスペローが、バーン=ジョーンズの若き日の自画像だと言われている。


お気に入りになってしまった
エドワード・バーン=ジョーン ズ 「ヴィーナス賛歌」



こんなによかったっけ、この作品・・・。というくらい画像がきれいで、背景もしっかりみえている。左半分をカットした画像をもらった。

記事 エドワード・バーン=ジョーン ズ 「ヴィーナス賛歌」
記事 エドワード・バーン=ジョーンズ  ヴィーナス巡り


ダンテ・ガブリエル・ロセッティの詩「祝福されし乙女」から
The Blessed Damozel
by Dante Gabriel Rossetti ,Edward Burne-Jones




祝福されし乙女 The Blessed Damozel 1857頃-60年
バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones
フォッグ美術館所蔵


ロセッティが若い時代に創作した詩からバーン=ジョーンズは「祝福されし乙女」を制作した。ロセッティはバーン=ジョーンズの10年くらいあとに制作した。

訳は楓 (意訳で最初の部分、短くしてもらっています)
「天上の乙女が金の手すりにもたれていた。黄昏どきの淵よりも、深く沈んだ眼差しで、三本の百合をもち、七つの星を飾っていた。ひるがえる裳裾は花刺繍もなく、聖母にもらった白薔薇だけ。神の御使いにふさわしく 黄金の稲穂のような輝く髪。

いま天上にて再び会えた恋人たちは法悦の名を互いに呼び合い永遠の誓いをたてました。」



中央 祝福されし乙女 The Blessed Damozel(1875-9)
ロセッティ Dante Gabriel Rossetti
レディー・リーバー・アート・ギャラリー( リヴァプール国立博物館)


She had three lilies in her hand,
and the stars in her hair were seven
---三本の百合を持ち、髪には七つの星をつけ---
この最初の「乙女」の象徴は、ロセッティの二作品に描かれている。バーン=ジョーンズは、天上の乙女を象徴している百合や星は描いておらず、天を囲う金の手すりから地上にいる恋人をいつこの世にくるのか焦がれているところを描いている。(はやく死んでくれということなんだ)

記事 「ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ
だが僕はもうひとつの別なタイトルのロセッティの作品と比べてみたい。

Golden Water   Princess Parisadé-detail(1858)- Fitzwilliam Museum

黄金の水(detail) 1858年 フィッツウイリアム博物館所蔵
ロセッティ Dante Gabriel Rossetti


背後の左下にしなだれる花の咲いた枝、左側の赤い鳥はバーン=ジョーンズは黒い鳥に描き、正面を向いている乙女については、ロセッティの詩のとおりに黄金の手すりにもたれている様を横向きに描いている。

ロセッティの作品画像はカタログからスキャンしたものだけれど、こちらと比べるとバーン=ジョーンズが勝ち。


Beatrice 「ベアトリーチェ」 バーン=ジョーンズ ロセッティ 
Edward Burne-Jones,Dante Gabriel Rossetti

 

Beatrice, 1870 Edward Burne-Jones Date:unkown

ベアトリーチェ Beatrice, 1870
バーン=ジョンズ Edward Burne-Jones Date:unknown


「神曲」、「新生」のダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri)の心の恋人。はやくに亡くなる。

関連記事 
ダンテの神曲 地獄編トピック 
「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説

Beata Beatrix, 1872 by Dante Gabriel Rossetti, The Art Institute of Chicago

ベアトリーチェ Beata Beatrix, 1872 シカゴ美術館
ロセッティ Dante Gabriel Rossetti,


最後はバーン=ジョーンズに影響を与えたロセッティの勝利でおしまい。

ちなみにロセッティはこちら
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ

バーン・ジョーンズ関連記事は次の記事から紹介されています。
エドワード・バーン=ジョーンズ   天上の人々
エドワード・バーン=ジョーンズ ウェヌス・エピタラミア」 
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ | main | 「ペルセウス」 エドワード・バーン=ジョーンズ Edward Burne-Jones >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/132
エドワーズ・バーン=ジョーンズ 「最後の審判」 1874-76年Edward Burne-Jones Last Judgement バーミンガム博物館&美術館エドワード・バーン=ジョーンズの「最後の審判」だ。僕が彼の何が好きかって、アーサー王物語。とくにタペストリー。次の記事の作品が特に好
| remove | 2010/05/26 12:03 AM |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--