ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
サンドロ・ボッティチェリ サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 「東方三博士の礼拝」の謎
ボッティチェッリ Sandro Botticelli / SAI



Adoration of the Magi 1478 by Botticelli


僕の不思議は、グァスパルレ・ディ・ツァノビ・ダル・ラーマ(Guasparre di Zanobi dal Lama)がこの絵を依頼したが、本人はどこにいるんだろうということだ。そして1475年とされている作品は1478年以降だということ。もしも1475年のジュリアーノが生きている時ならば単に社会的ステイタスでラーマ家をただ一人だけわかるように描くだろうか。

ラーマ家がパッツイ派ではなくメディチ派だということを象徴しなければならない立場だったのではないか。

過去記事から
サンタ・マリア・ノヴェッラ
ラーマ家の上層部を装飾したのがその作品で、19世紀になってから現在の教会内の正門の上に移動された。

その作品とはキリストの誕生だ。この作品はこちらから。
サンドロ・ボッティチェリ サン・バルナバ、そしてサン・マルコの祭壇画

東方三博士の礼拝」は現在ウフィッツィにある。そもそもラーマ家にこの作品があったのは、パッツィ家陰謀事件のあとで、メディチ派であることの象徴としてボッティチェリに依頼したらしい。その後メディチ家の別荘に飾られ、ギルランダイオ作になり、カルロ・ピーニの鑑定で再びボッティチェリとされた。いわくのある場所と作品だ。
と、このときはそうサラリと書いた。

それでラーマはどこに描かれているんだ?って気になった。

そういえば inoue君がこの記事アップしてたっけ、と思い人物配置について参考にしようと思ったら、あらっ・・・、「東方三博士」の「象徴」なるもの云々だった・・・。

それからボッティチェッリのほかの「東方三博士」を見たい人はこちら
記事 Sandro Botticelli サンドロ・ボッティチェッリ 東方三博士の礼拝

東方三博士の礼拝以外のボッティチェリの肖像画が見たい人
記事 サンドロ・ボッティチェリ Sandro Botticelli システィーナ礼拝堂
それで今回は1478年説で、人物を特定していく。



Cosimo de' Medici
コジモ・デ・メディチ




right: Giovanni de' Medici or Giuliano ?
 ジョヴァンニ・デ・メディチ(ピエロの弟)
center:Giuliano de' Medici or Giovanni ?
ジュリアーノ・デ・メディチ
Piero de' Medici detto il Gottoso
ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチ


ダル・ラーマ。発見?
Del Lama is portrayed as the old man with white hair and a light blue robe looking at the observer and pointing in the latter's direction with his right hand.

左側でブルーのローブに右手を当てている白髪の人物だ。ガスパーレ・ディ・ザノービ・ダル・ラーマ祭壇で飾られたこのボッティチェッリの東三博士の礼拝。

だが僕はフィリッポ・ストロッツイ(Filippo Strozzi 1428-1491)だと思っている。

さてメディチ家の人物にも諸説はある。だが僕は他の画家も描いているメディチ家の集団画像を参考にすると、こうなってしまう。

諸説は僕がジュリアーノ・メディチとしたい人物をジョヴァンニ、あるいは未確定人物となっている。そしてジョヴァンニとしたものをジュリアーノ、あるいはロレンツォとしているんだ。



サンタ・マリア・ノベッラ フィリッポ・ストロッツィ礼拝堂
フィリッピーノ・リッピによるフレスコ画の左側(left wall)

右側はこちら right wall
過去記事「サンタ・マリア・ノヴェッラ

ロレンツォ・トルナブオーニ(Lorenzo Tornabuoni ?-1497)がボッティチェリの隣。彼はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会のトルナブオーニ礼拝堂にギルランダイオの描いたフレスコ画にも描かれている。

ボッティチェリの前にいる髭の人物が、学者のジョアニス・アンゲロプロス(Joannis Argiropulos 1400/1410-1478)だという。メディチ家のプラトン・アカデミーではフィチーノのほうが有名だが、このジョアニスはアリストテレスの哲学の家庭教師をしていた。

さてサンタ・マリア・ノヴェッラ教会にはトルブオーニ家の礼拝堂がある。おなじく礼拝堂をもつストロッツィ家。ストロッツイ家はトンマーゾ・ストロッツィ、フィリッポ・ストロッツィによるマントヴァのストロッツィ礼拝堂ももつ。

まさかサンタ・マリア・ノベッラ教会に礼拝堂をもつ人物たちも描かれてる?

そうするとジュリアーノ・ゴンディ(Giuliano Gondi 1421-1501)もいなきゃ。案外礼拝堂の順番にでも並んでいるのだろうか。

おちょくるようだがエスパニョーリ大礼拝堂を贈与されたメディチ家コジモに嫁いだスペインのエレオノーラが聖母なのかも。




Lorenzo de' Medici
ロレンツォ・デ・メディチ




手前がロレンツォ豪華王。ずらりと並ぶメディチ家と反対側の左のグループに属している。


ダル・ラーマ発見!?
一番奥にドナー・ガスパール・ラミー(Donor Gaspare Lami)という人物。最初はダル・ラーマと別人かと。ドナー・ガスパール・ラミーとは、誰?グァスパルレ・ディ・ツァノビ・ダル・ラーマ(Guasparre di Zanobi dal Lama)のことだと信じたい。

ロレンツォ豪華王に寄り添う男は、通称ポリツィアーノことアンジェロ・アンブロジーニと言われいてる。まるで男色家を想像させる。本当にポリツィアーノだろうか。そしてその隣が当時だと11歳くらいのピコ。描かれているわけがない。

このアンジェロ・ポリツィアーノ(Angelo Poliziano)はメディチ家のプラトン・アカデミーの一人。このプラトン・アカデミーを代表する3人が描かれたフレスコ画があるので、ボッティチェッリの作品の人物と照合してみる。


Giovanni Pico della Mirandola (at center), with Marsilio Ficino (left) and Angelo Poliziano

手前右が男色家でも有名なフィチーニだ。中央にはピコ、そしてポリツィアーノ。このポリツィアーノはボッティチェッリの「東方三博士の礼拝」でピコとされている人物がうかがうような顔つきで描かれている。

フィチーノをボッティチェッリは、メディチ家当主に寄り添わせて描いたとして、どう解釈するのだろう。本人の男色家は良しとして、当主と関係がありそうな雰囲気で描くとは。

パッツイ家の陰謀のあとに完成した作品としたなら、暗殺から守ったという証なんだろうか。


                
ギルランダイオ作 サセッティ礼拝堂のフレスコ画のポリツィアーノ


この記事からもギルランダイオがトルナブオーニ礼拝堂に描いたフィチーノとポリツィアーノを確認することができる。

記事 「サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂のメディチ家
ボッティチェリのプリマべーラ(春)にいつも解釈のひとつに引用される詩はこのポリツィアーノ。ボッティチェッリがポリツィアーノの詩から着想し、プリマヴェーラやヴィーナスの誕生などを仕上げたという話しもこじつけではないと思ってるが・・・。

今度ダンテ説を書くからと言っていたが、僕はそっちのほうが個人的には納得。ボッティチェッリはダンテの神曲を愛読していたんだから。煉獄編の「山頂 地上楽園」は永遠に春の場所なんだ。
記事「ボッティチェリ 至福の花々 (サンドロ・ボッティチェッリ)

ポリツィアーノとなっていた人物を僕はフィチーノにした。その隣はピコ・デラ・ミランドラ(Pico della Mirandola)といわれているが、ありえないことを先に書いた。彼はイタリア・ルネサンス期の人文主義者の一人。一人前になった彼は、人間の自由意志で可能性の種は神にも獣にもなると、「人間の尊厳」を主張した人物。ローマ教皇からは異端者の烙印を頂戴することになる。



ピコの肖像画


ピコ・デラ・ミランドラ(1463-1494)、彼もポリツィアーノ同様にロレンツォ・イル・マニーフィコ に近い人物で、僕はどちらかというと、ピコ・デラ・ミランドラのほうに関心がある。

人文主義のうえ、サヴォナローラと親交をもち、そのうえロレンツォの側近だ。

ポリツィアーノ40歳、ピコ31歳で亡くなったが、二人は同じ1494年に亡くなっている。1494年、サヴォナローラによってメディチ家が追放された年でもある。その2年前に43歳でロレンツォ・イル・マニーフィコ は亡くなっている。病死だ。二人は共にサン・マルコ教会に眠る。

ボッティチェリ没後500年の今年。この毒殺鑑定は3年前の話しになる。

さてもう一度作品中の人物に戻る。


奥がラーマ(Guasparre di Zanobi dal Lama)。左端は、皆さんも一致していただけると思うロレンツォ・イル・マニーフィコ (Lorenzo il Magnifico) 、その隣がマルシリオ・フィチーノ(Marcilio Ficino)、それで次はどうだろうか。それで不明の人物たちをギルランダイオのフレスコ画とあわせてみようと思う。



僕のもっとも気になる人々


誰なんだろう。特に右奥にちらりと顔がのぞく人物、この人の目が見据えているカンジ。そして帽子のエンブレム。エンブレムでどこの家のものかわかりそうなんだけれど。



一番先頭がポリツィアーノ、そして隣の小さな男の子はジュリアーノ・デ・メディチ(Giuliano Medici)、その後ろがピエロ・デ・メディチ(Piero Medici)、ジョヴァンニ・デ・メディチ(Giovanni Medici)、マッテオ・フランコ(Matteo Franco)、ルイジ・プルチ(Luigi Pulci)だ。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のギルランダイオのフレスコ画による トルナブオーニ礼拝堂もトルナブオーニ家とメディチ家の面々を描いたものだが、フェデリーコ・サセッティ、アンドレア・メディチ、ジャンフランチェスコ・リドルフィがメディチ銀行のメンバーを描いている。



そこに登場するリドルフィ家はご存知のようにメディチ家と婚姻関係を結んでいる。ピエロ・ディ・ニッコロ・リドルフィ(1467-1525)は、ニッコロ・リドルフィ(1444-1497)の息子で、イル・マニーフィコの娘コンテッシナ・デ・メディチと結婚し、枢機卿ニッコロ・ディ・ピエロ・リドルフィ(1501-1555)を誕生させた。



サンタ・マリア・ノヴェッラのギルランダイオ作 プラトン・アカデミーのメンバー
中央手前が神曲の注釈を著したクリストフォロ・ランディーノ


そしてトルナブオーニ家に描かれているフェデリーコ・サセッティ。

銀行家サセッティ家の礼拝堂(1483-86)はトルオブナーニ家と同じくドメニコ・ギルランダイオのフレスコ画で描かれ、サンタ・トリニータ教会にある。このフレスコ画にはプッチ家、サセッティ家、そしてロレンツォ・イル・マニーフィコとはっきりわかるメディチ家を象徴した肖像画が描きこまれている。施主はフランチェスコ・サセッティらしい。

ここでようやく登場したのがルイジ・プルチ。この彼がサセッティ礼拝堂の壁画に描かれているわけだ。



右がブランカッチ礼拝堂のルイジ・プルチ
左がサセッティ礼拝堂のルイジ・プルチ(後方)


1473年頃、ルクレツィア・デリ・アルビッツィと結婚している。プラトン・アカデミー主義とは違い、いまでいうパロディ的なユーモアを含んだ作品が多い。つまりプラトン・アカデミーの要素はなく、生涯独身が多かったメンバーとも違い、彼は結婚をしている。


要は彼は男色家ではなかったということだ。アルビッツィ家は旧財閥貴族で、もともとはメディチ家の前のフィレンツェの権力者。


ロレンツォ・イル・マニーフィコは彼を外交使節として扱った。ルイジ・プルチは派遣された旅先で病死したと記憶があるが、たしか異端者として死後に冒涜されたという話しもあるらしい。



ブランカッチ礼拝堂の全体像 マサッチオとフィリッピーノ・リッピ


こよなくダンテを敬愛していたボッティチェッリが、わざわざプラトン・アカデミーのメンバーを描きこんでいるのだから、まずはダンテの注釈書を著したクリストフォロ・ランディーノがいてもいいじゃないかと思ったこと。

なによりピコが成人していないのだからルイジ・プルチが描かれていてもいいかなと思っている。

またこの作品が1478年以降とされているなら、亡くなったジュリアーノが描かれているということで、パッツイ家の陰謀のあとのラーマ家がメディチ派だという象徴画にもなるし、やはり亡くなっているレオン・バッティスタ・アルベルティ(Leon Battista Alberti)も描かれていてもいいと思った。サンタ・マリア・ノベッラの正面を設計した人だから。

そうすると、プリマヴェーラに描かれているというメリクリウスとこのジュリアーノの顔立ちも一致する。


記事 ボッティチェリ La Primavera 「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説


それで僕のなかで、ある意味では解決し、すっきりした。それで僕なりのプリマヴェーラ(春)の仮説はこちら。

プリマヴェーラ
「クロリスがフィオレッタ。そして花の女神フローラになりそこねたフィオレッタにかわり、メディチの分家に嫁ぐセミラミーデ・アッピアーノに変身させて、ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコに「結婚の祝い」として、今度はロレンツォ・デ・メディチが依頼したのではないだろうか。」

そして

ラーマ家礼拝堂跡 アーニョロ・ガッディ(Agnolo Gaddi)
過去記事「サンタ・マリア・ノヴェッラ

ラーマ家礼拝堂跡には、アーニョロ・ガッディ(Agnolo Gaddi)の「受胎告知」に替わっている。
| comments(0) | trackbacks(3) | -
pagetop
<< サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂のメディチ家 | main | プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/131
Adoration of the Magi 東方三博士の礼拝 1470Sandro Botticelli and Filippino Lippiロンドン,ナショナル ギャラリー サンドロ・ボッティチェッリ &amp; フィリッポ・リッピ Adoration of the Magi 東方三博士の礼拝 1470-75ロンドン,ナショナル
| remove | 2010/04/01 10:32 PM |
La Primavera&nbsp; 「プリマヴェーラ(春)」 部分 以前の記事で、 「プリマヴェーラ(春)」が花婿ロレンツィーノ(ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・デ・メディチ)と花嫁セミラミデ・アッピアーニへの贈り物と書きました。ところがロレンツォ・ディ・
| Life Style Concierge | 2010/04/02 3:56 PM |
Simonetta Vespucci (1474) by Sandro Botticelli シモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチ (Simonetta Cattaneo Vespucci)はボッティチェッリやピエロ・ディ・コジモ、レオナルドが描いた美しき女性で有名だけれど、あの肖像画からみて、ちっとも評判の美女にみえ
| Maki's Style blog | 2010/04/29 10:25 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--