ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
トム・サックスのシャネル
art / SAI



シャネル ポテト (全体像はクリックで)
by Karl Lagerfeld on Weight and Fashion



トム・サックス
記事「PRADA プラダのトワレ by トム・サックス




シャネル バリューセット




シャネル チェーンソー 1996




シャネル サーフボード 1999 本物かと・・・
by Tom Sachs ?




これはCHANEL 御本家のポスター


アーティスト トム・サックスの作品は、ダスト・ボックスに捨てられたブランドをリサイクルしたようなイメージだ。

プレステージが大量消費されるメガブランドにリサイクルされたり、道具や凶器やギロチンだったりもする。



一瞬トワレ用品かと・・・たぶん水容器でしょ。1998年の作品になる。やっぱり別なモノを連想しませんか?


「Chanel Paris Venice Cruise 2010 Collection」から
カール・ラガーフェルドのシャネル、昨年9月30日からおこなわれた2010年春夏のコレクションで飾られていたポスター。


リドのココとあるが、1936年に実際に同じポーズのシャネルの写真がある。このポスターはカール・ラガーフェルドが描いたのかと思ったが、誰の作品なんだろ。

Chanel Paris Venice Cruise 2010 Collection

この前で報道陣はセレブらの写真を撮っている。


記事「ハーパース・バザー 2009年のシャネルのインタビュー
このシリーズのポスターを2点紹介したのでみてみてください。

さてリドのシャネル。この写真からイラストを描いたのではないだろうか。



リドビーチのココ・シャネル 1936年


トム・サックスはなにもブランドのパロディだけを作品化しているわけじゃないけれど、キティやミッフィーなど「商業主義なるものの象徴」を諷刺しているようだ。

だが、カール・ラガーフェルドもシャネルも、実は商業主義なるものの象徴だが、どこか商業主義に踊らされている消費者を楽しんでいる趣のキャラクターだ。



CHANEL Fashion Week  


これはトム・サックスじゃないです。昨年のシャネルのプレミアムでのポップコーン。



CHANEL  FW 09


むかし、エルメスのノベルティでクリアなケリーバックなんかもあったけれど、子供が楽しむためのおもちゃのバックのようだ。

トム・サックスもカール・ラガーフェルドもそしてココ・シャネルもシニカルでユーモアのあった人物に違いない。

僕、シニカルな人物がわりと好き。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ルイ・レオポルド・ボワリー 18世紀の画家 | main | 「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ 小書斎」 神曲 地獄編の子孫 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/129

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--