ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
J・D・サリンジャーが死んでいた
作家 / SAI

 
サリンジャーが死んでいた。今年の1月ことだったらしい。アレキサンダー・マックィーンの死はおととい11日。

今年はあるモノ、ある時代をつくった人が死んでいく。

サリンジャーは僕が15歳の頃にちょっとした「小道具」で読んでいた本だ。もちろん「ライ麦畑でつかまえて」。

当時の僕らは「すかしたインテリ」を目指した15歳だった。いまは地下のどこかに麻紐に縛られて眠っている。彼の著作はいま書棚には1冊もない。

この人は長生きをした。ノルマンディー上陸作戦に参加した人だ。そして今年までは「生きていたヘミングウェイ」を訪問した数少ない生存者だっただろう。

彼はあの犯罪者の愛読書として有名なサリンジャーの「
I'm Crazy」(気ちがいの僕)をおしひろめた「ライ麦畑でつかまえて」が学校推薦図書になっている日本が面白い。


ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマン、そして「タクシー・ドライバー」に影響されてレーガン元大統領を銃撃したジョン・ヒンクリー。彼らも愛読していたという。

「最後の休暇の最後の日」ではホールデン・コールフィールドの兄ヴィンセント・コールフィールドが登場するなど、「気ちがいの僕」から登場したホールデン・コールフィールドはサリンジャーにとっては欠かせない人物だったにちがいなく、その足跡をしらしめるように残している。

彼の最初の登場は1941年の「マディソン街のはずれの小さな反抗」。

15歳だった僕にとって、遊びなれた大学生や高校生が出入りする喫茶でその本を仲間内で読むことは、その遊びなれたちょっとインテリな大学生たちに、「あれ、この子たちサリンジャーを読んでるよ。えらいえらい。」といわれる小道具だったのだ。

純粋、無垢という言葉と結び付けられているサリンジャーだが、それはもっと別な方面ではないだろうか。


神経衰弱で入院していたサリンジャー。ホールデンも精神病院に入院している「ライ麦畑でつかまえて」は、あとで読むことになったギュンター・グラスの「ブリキの太鼓」もそうだったが、二人ともイラッとするのだ、あらゆる普通の場面に。そしてなんのことはないものに感動する。不思議だ。

そして18歳以来目を通すことがなかったサリンジャー。

その死を知って70年代の僕のテイストをつくってくれた彼になんとなく哀悼の念がわいた。

記事「さよなら 謎に包まれた伝説の作家J・D・サリンジャー

サリンジャー ライ麦畑でつかまえてから名文句
記事「
さよなら J・D・サリンジャー
記事「
サリンジャー ライ麦畑編
記事「
サリンジャー ライ麦畑編に続く

 「作品を出版しないでいれば、驚くほど平和な毎日だ。何かを出版すれば私の個人的な生活がひどく脅かされることになる。私は書くのが好きだ。書くことを愛している。でも今は自分自身のため、自分の喜びのために書いているだけだ」 by サリンジャー
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ゴッホの寝室 絵の中の絵から不思議な説 | main | セレブ限定? マルセル・ワンダースのモンドリアン・イン・サンビーチ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/125
「作品を出版しないでいれば、驚くほど平和な毎日だ。」そういって隠遁生活がはじまったのがサリンジャーは40前のことだったと思う。 記事「[url=http://renessance.jugem.jp/?eid=125][st...
| Die Verwandlung | 2010/02/17 7:31 PM |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--