ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
柴田是真 アール・ヌーヴォーとジャポニズム
柴田是真 Zeshin / SAI

柴田是真のあれこれ(本題は最後に)


僕がいまのところ一番好きになった是真の作品


NY・ジャパン・ソサイティーの柴田是真展で。名前がはっきり思い出せないが、宝尽蒔絵料紙箱だったかな・・・。

このモチーフは七福神のアイテムで、是真はこのアイテムをいろいろ組み合わせて使っている。たいてい海外でのタイトルは「attributes of the Seven Gods of Good Fortune 」になっていて、邦訳は「宝尽蒔絵」になっていた。

このモチーフは布袋(繁栄の神)によって運ばれる金貨、願望の宝石、蔵の鍵、そして扇の4つ。側面に願望の宝石と知恵の巻物だったかな。



ハリーリ・コレクションから  (C)Khalili Collection



BOOK 明治の宝 柴田是真 by Tadaomi, Goke
過去記事「柴田是真」でも紹介しているものと同じ。
著者は日本人、漢字が・・・。amazonからも買える。
Oxbow Books




正式な名前がわかりませんが、是真の鴉を思い出した。




宝尽蒔絵料紙、硯箱




ビクトリア美術館(Art Gallery of Greater Victoria)




印籠と根付
(C)Art Gallery of Greater Victoria, British Columbia



The Cohen collection  リチャード・コーエンのコレクション 




鼠の印籠 後ろにも1匹
この人の印籠と根付のコレクションは有名



メアリー・アンド・ジャクソン・バーク財団
(バーク・コレクション展懐かしいですね。)



重箱 タロイモに菊




茨木鬼女図屏風の左隻



キャサリン&トーマス・エドソン夫妻コレクション




沢瀉と片喰図 印籠 1860年 
NY・ジャパン・ソサイティーで。




これもNY・ジャパン・ソサエティーでの柴田是真展
Set of dining vessels in Kasuga Shrine
「春日大社蒔絵食器」1883年

柴田是真の漆×絵では「松鶴に鵲文正月揃」




この春日大社の盃が二番目に気に入っている。
盆には昆虫が描かれている。蜻蛉とか蝶とか。




縁起のよいモチーフの漆の重箱
「宝尽蒔絵料紙箱」だったかな
ca. 1860–1870




BOOK 柴田是真 キャサリン&トーマス・エドソン夫妻コレクション




流水蝙蝠角盆 バットマン?
(C)www.db-ichiba.jp





(C)柴田是真の漆×絵 チラシより



さてこの「柳に水車文重箱」について、4つの重箱の側面についての説明が三井記念美術館のHPにあった。

このコラムから拝借してきた二つの側面についてだが、川をはさむ二つの岸辺を創造しなければならないようだ。

三井記念美術館からの引用で要約
まずは画像ない側面は、櫛箆使いによる青海波塗り(紋漆を櫛箆で波模様をつくる)が川の流れとなっており、この波模様は画像にあるセンターゾーン。

そして画像の側面にうつるが、手前の岸辺に水車は四分一塗(銅と銀の合金)で描かれている。そこには若芽の柳に榛の木で春を表現。向こう岸には葛、女郎花、桔梗、薄で秋を表現。

また背景は青銅塗り(黒漆と炭粉、黄と青の顔料)で、変塗りを駆使して金蒔絵や漆絵を組み合わせた是真の漆工を象徴している。とあった。

三井記念館

まただまし漆(だまし漆は記事 柴田是真 Shibata Zeshinから)とよばれているもので見れるのは宣伝にもでていた「花瓶梅図漆絵」とか。


本題  Shibata Zeshin  Art Nouveau&Japonism



(C)flickr by Snuva
柴田是真 烏鷺蒔絵菓子器 東京国立美術館




烏図屏風 作者不詳 シアトル美術館蔵 画像は大きくなります。




年代・作者不詳 フランス 漆のパネル


柴田是真(1807-1891)の晩年は、ちょうどヨーロッパでアール・ヌーヴォーが誕生した。1873年にはウィーン万国博覧会に「富士田子浦蒔絵額面」を出品して進歩賞牌を受賞。

アール・ヌーヴォーはウィーンではユーゲントシュティル(Jugendstil)と呼ばれ、1892年にはフランツ・フォン・シュトゥックらによるミュンヘン分離派が結成されて以来、アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ、ヨゼフ・マリア・オルブリヒ 、オットー・ワーグナーが活躍した。

クリムト(1862-1918)、エゴン・シーレ(1890-1918)も是真の晩年と重なる。クリムトのジャポニズムを感じさせるものは
かもしれない。



柴田是真 金箔と漆を使用した漆絵画帳より「芍薬」


クリムトはイタリアのモザイク様式と日本の黄金と紋様を作品に残しているが、そう考えると僕の過去記事「ートーベン・フリーズにもャポニズムの足跡が残っている気がする。

ジャポニズムは1856年頃からフランスで広まっていく。

ミール・ゾラ、ボードレール、ロートレック、イッスラー、マネやンリ=ファンタン・ラトゥールッホなど名を上げてはいられないくらいだ。

パリの美術商、サミュエル・ビングが1895年に店名をarts shop  'L' Art Nouveau Bing' (アール・ヌーヴォー ビング)と呼んだからだ。


 

'L' Art Nouveau Bing' (アール・ヌーヴォー ビング)
L'Art Nouveau - La Maison Bing


1900年にはパリ万博、エクトール・ギマール、ルネ・ラリック、エドガー・ウィリアム・ブラント、アルフォンス・ミュシャ、ウジェーヌ・グラッセらや、ナンシーのエミール・ガレ、ルイ・マジョレル、そしてギュスターヴ・セリュリエ=ボヴィ、ヴィクトール・オルタの建築物、そしてフマン

そんな時代をつくったビングは光琳ほか柴田是真も好んだ。漆、日本画、浮世絵は、ここから影響を及ぼしたと言ってもいいと思う。





'L' Art Nouveau Bing' (アール・ヌーヴォー ビング)の品。


真珠母貝を漆器にはめ込むか貼り付けした櫛は、平安時代の蒔絵にも使われている。19世紀江戸時代のもの。

是真が亡くなって、日本から一人の漆職人がフランスに渡った。1900年のパリ万博のために漆職人菅原が渡仏していることになっているが、日本では1904年となっているものもある。いずれにせよ、フランスはベル・エポック(Belle Époque 良き時代)とよばれるようになった。

ふ〜の記事から サン・ローランとベルジュの宝物 より
ジャン・デュナン (Jean Dunand:1877-1942) の「Art Deco brass-and-lacquer vase」です。アールデコ期のインテリア・デザイナーで、パリ万博に出展した日本の浄法寺の漆職人菅原清三に師事。



柴田是真 漆絵画帳より 蝶


この菅原清三ではなく菅原精造という漆職人は、日本の寺で仕事をしていたようだ。彼はパリ万博に出展したとあるが、彼は日本から送られてきた漆製品の修理の為に渡仏したらしい。

アイリーン・グレイは菅原に師事したという。そしてデュナンに紹介したのも彼女。

アイリーンはロンドンの漆器修理職人チャールズ氏から学んだあと、1907年パリに戻って菅原と出会った。

アイリーンの漆のパネルや漆絵をみたけれど、デュナンのほうが僕の好みだ。




デュナン エッグシェルの3パネル


この漆パネルは、是真のように変塗りをしてる?エッグシェルってegg shell型の金属をさすのか、石器時代のエッグシェル・ポタリーとよばれた土器に多い幾何学文様や籠細工の文様をさすのかわからないが、1925年のデュナンの作品を選んでみた。

菅原は1937年にパリ郊外で亡くなっているらしいが、1940年ともされている。

この是真と菅原の間に、フランスはベル・エポックの良き時代をむかえ、それから第2次世界大戦がはじまる。





柴田是真 タイトル不明 アール・ヌーヴォーのような波か?



北斎のようにヨーロッパの画家やその画家の作品に登場する是真ではないが、工芸品という視点で捉えるなら、漆器に屏風に、装飾品という商業デザイナーとしての洗練さがある。

彼の描く作品はインテリアや身の回りの装飾品などの日用の美のほかに、異国の芸術家たちの詩や音楽に影響するような気がする。

ゴッホらが北斎をはじめとする浮世絵を蒐集するなら、是真は美術商や工芸家の目に触れたのではないだろうか。




Le Japon Artistique no 1 may 1888


1888年5月から1891年4月までに計36巻が発行された「Le Japon Artistique(日本の芸術)」は、ほかならぬビングによる編集。論文と多数の図版が掲載された。

ちなみに10巻くらいで翻訳されているものがある。

掲載されているもので、作者やタイトルのわからない作品も多い。まだ全巻を見せてもらっていないが、残念ながら是真が見当たらない。

だが、1873年に是真が万博で「蒔絵」が評価されたことが、1900年のパリ万博で日本の漆や蒔絵が注目されるに至るのではないか。学生だった菅原が渡仏するに及ぶのも、是真のウィーン万博の作品効果だと考える。




BOOK L'Art Nouveau ISBN: 3763024417


この「アール・ヌーヴォー」という本には、美術商ビングをはじめ、その時代を象徴する芸術家たちが紹介されている。ここには柴田是真もあげられている。




画像は大きくなります。これは1873年ウィーン万博の日本館のイラスト。正面右上の作品が気になる。是真はどのくらい出品していたんだろう。




これは1873年ウィーン万博の写真。あのリザベート皇后の時代だ。こうした時代に是真の作品が評価されたわけだ。

僕は専門家ではないので勝手なことばかり書いています。つまり鑑賞側の感想です。そうしてこれまでにいくつか記事をかいていますが、あくまでも僕個人の価値観です。さて過去記事はこちら。

柴田是真  Shibata Zeshin
柴田是真 作品 オークションにだされているもの、摺り物絵など
柴田是真 漆絵画帳(絵本漆絵)、是真髤画帖、柴田是真翁漆絵集
| comments(1) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< アーサー・ラッカム シェクスピアの挿画 | main | サンローランのモナリザ by マリオ・ソレンティ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
管理者の承認待ちコメントです。
- (2016/08/11 2:12 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/118
柴田是真 七福神八十翁 是眞 とある。別ブログでアップした浮世絵風な是真と思われる作品では「眞」がちがうんだな。微妙な是真の作品だと思われるものが海外にたっくさんある。僕はよくわからないから、是真といわれればそうですかタイプ。記事 柴田是真 浮世絵?記
| remove | 2010/01/23 3:31 PM |
1930年代のラリックデザインのウォルト社香水、1932年の山名文夫さんデザインの資生堂 白粉など、日本でいうと「大正時代」の代物に惹かれているご様子の記事を拝見。私も練香水などに興味を持っています。 比較的安価で揃えたミニボトルのコレクションですが、こ
| catdogbell | 2010/01/25 5:54 PM |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--