ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ヴィレム・ファン・ハーヒトの「コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室」
ギャラリー画 / SAI
ルーベンスの家(Rubenshuis)と呼ばれているルーベンスハイス美術館のドア。アダムとイヴがのぞいている。

このルーベンスハウス(ルーベンスハイス)に、ヴィレム・ファン・ハーヒトの「コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室」がある。

ヴィレム・ファン・ハーヒトの作品が現存しているのが3枚しかないうちの収集室の画廊画タイプが2枚。その1枚が「コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室」だ。

Willem van Haecht, The Gallery of Cornelis van der Geest Visited by the Regents, 1628


この画中画にある作品を紹介。

まずあるとされているものは、オットー・ファン・フェーンの「最後の晩餐」

Otto van Veenファン・フェーンの「最後の晩餐」は3枚くらいあるだろうか。その1枚だが、黄色のマークをつけている。ポスターでしか見ることができない。下記リンク先からどうぞ。

The Last Supper

最後の晩餐の下にある作品は、シェナではないかと。綴りが違うので再検討しますが、とりあえずシェナ市で。

Cena de cidade by Sebastiaan Vrancx「シェナ市」
セバスチャン・フランシス

右側の風景は砂地のようなところにいくつもテントをたてている。

そしてヤン・ウィーリクスの作品。ヤン・ウィーリクスは、ピーテル・ブルューゲルの作品を、モノクラムのグレービングで活躍した彫版師。


アレクサンダー大王のモチーフというので彫刻かコインか版画がと絞ったら、すぐ手前にあった。

ヴィーナス、ディアナ、サロメのように、当時はずいぶんいろんな作家が描いた題材。「カンパスペ(キャンパスピ)を描くアペレス」だ。ここではウィーリクスだが、ヴィレム・ファン・ハーヒトもこの作品を描いている。この作品はあとでヴィレム・ファン・ハーヒトの2枚目の作品紹介で重要なので記憶にとどめてほしい。

2008年と2009年は日本オランダ年だったらしい。2008年が日本とオランダの外交関係樹立150周年らしく、マウリッツハイス(ハウス)美術館でウィレム・ファン・ハーヒト(ヴィレム・ファン・ハーヒト1593-1637)の企画展で、「アート・ルーム」3点が揃った。



ヤン・ウィーリクス 「カンパスペ(キャンパスピ)を描くアペレス」


さてピーテル アールツェンの作品に見当はつけたが、検討中。彫刻の一番左側は「ディアナ」風、その隣は「はじらいのヴィーナス」、次は神格より低いことがわかるスタイル。


半獣ではないがサテュロス風だ。そしてゼウス風のスタイル(実際にはベルヴェデーレのアポロモデルにしているらしい)を模倣しているような彫刻が並んでいる。


手前の女性はディエゴ・ベラスケス(2010年は没後350年になる)と親密な関係だったフェリペ4世の大叔母イザベラ妃(イサベル・クララ・エウヘニア)、右隣がネーデルラント総督のアルブレヒト大公となる。クエンティン・マセイスの聖母子を説明している人物が収集室の主、コルネリス・ファン・デル・ヘーストになる。大公の隣が誰だかわかりますか?


Virgin and Child c. 1529アムステルダム国立美術館所蔵されているクエンティン・マセイスの「聖母子」は1529年こ頃の作品。この絵を得々と話している姿をみると、大層ご自慢のコレクションだ。ただし、大公が訪問したのは1520年より前で、ヴィレム・ファン・ハーヒトの意図によって、あとで書き込まれたのではないだろうか。この作品自体が1528年となっていることもあって。


この収集室には、ルーベンスやヴァン・ダイク、そしてファン・ハーヒト自身の姿も描かれている。大公のすぐ隣がルーベンス。次が自信ありません。帽子をかぶっているその人物は、当時のポーランドの王子でヴワディスワフ4世となる。

wikiによるとイザベラ妃とアルブレヒト大公の夫妻は共同統治者としてネーデルラントの黄金時代を築き、多くの芸術家のパトロンとなり、フランドル・バロック文化の花咲く要因となったとあり、宮廷画家となったのがルーベンス。そしてヴワディスワフ4世もルーベンスとパトロンネジの関係である。

Jan Wildens, Winter Landscape with Hunter, 1624.前方で覗き込むような低い姿勢の人物が見ている作品がこれ。ヤン・ヴィルデンの「狩人のいる冬の風景」(1624)で、ルーベンスとコラボレートしている作品もあるらしい。


この作品は、ヤン・ファン・エイクの「化粧」だが、所蔵先はフォッグ美術館となっていたが、どうやら喪失しているようで、「写し」ではなかという話し。左は収集室から。右がオリジナル。これも鏡に二人の姿が描きこまれている。

そして描かれている作品には、登場人物の作品はもちろんだが、当時はすでに亡くなっているフランス・ハルスの師カレル・ヴァン・マンデル、レオナルド・ダ・ヴィンチの未完成の壁画「アンギアーリの戦い」と、ミケランジェロの未完成の壁画「カッシーナの戦い」の上に描いたとされている「シエナ攻防戦」等を描いたジョルジョ・ヴァザーリ、ラファエロの助手だったトマソ、ヤン・ファン・エイクなどの作品があるらしい。


Frans Floris(ca. 1519-1570) Adam and Eve


全体像をごらんいただいてもわかりにくいかもしれません。左側の窓の壁にかかる奥のほうの作品。フランス・フローリスの「アダムとイヴ」だと断定しました。なんとなく。

Portrait of Cornelis van der Geest_1620_Anthony van Dyckヴァン・ダイク(Anthony van Dyck)
収集室をもつ「コルネリス・ファン・デル・へーストの肖像」
ヴァン・ダイクはヴワディスワフ4世から二人目のところにいる。このアルブレヒト大公が来訪時に、コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室で、ファン・デル・へーストを描いたといわれるもの。



パラケルスス(Paracelsus)の肖像 Quentin Massysクエンティン・マセイス

「パラケルススの肖像」
「聖母子」に続いてすぐに発見した肖像画。医者であり錬金術師だった通り名「パラケルスス」はクエンティン・マセイスのユニークさがあらわれているので見つけやすい。


この「パラケルススの肖像」の真下がこの作品。

Battle of the Amazons, Rubens

ルーベンス アマゾンの戦い


ルーベンス 「アマゾンの戦い」です。右側で橋から川に落ちるアマゾンと馬の描写は、ルーベンスの作品のなかで、もっともバロック的といわれているらしい。


Cornelis van Dalem Felslandschaft mit biblischer Staffageコルネリス・ファン・ダラム(ダルム)
Felslandschaft mit biblischer Staffage 
この画家を知らないのでタイトルは原題のまま。偶然見つけて記憶にあった作品。


ようやくトマソにたどり着いた。一番右上が「デューラーの肖像画」でトマソの作品。その左となりがアダム・エルスハイマーの「ユデット」。これが微妙。何枚か描いていたのか。現在、エルスハイマーのユディトで知られているものは下記に用意した。


Judith Beheading Holofernes(1601-03) Adam Elsheimerホロフェルネスの首を斬るユーディット」は右が現在知られているもの。左の作品中のものには召使が描かれている。この作品はすでに消失しているのだろうか。

Ceres and Stellio
この作品もアダム・エルスハイマーの作品。位置は下記のマーク入りで確認してほしい。
裸の小さな子供は老婆の手でさえぎられるように立ち、老婆は蝋燭を手にしている。はじめは銀のナイフかと思った。ケレースと思われる女性は、なにやらを飲み干そうとしている。一体何を飲んでいるのか、飲まされているのか。


黄色のマークは左上が先の「ホロフェルネスの首を斬るユディット」で、トマソの「デューラーの肖像画」の斜め下に、またアダム・エルスハイマーの作品を発見。

「ケレースとステリオ」というのだろうか。神話からの作品にもみえる。


Danaë van Willem van Haecht
最後に小さな作品が1点。
こちらがヴィレム・ファン・ハーヒトの「ダナエ」ではないか。前方のテーブルの下にあるこの作品。3枚しか残っていないというので、このダナエも、「コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室」 でしかお目にかかれないのかもしれない。

Alte Pinakothek, Munchen Johann Rottenhammer (1564-1625)  The Last Judgement 膝を折ってヤン・ヴィルデンの「狩人のいる冬の風景」を覗き込んでいる人物。そこにもう1枚ある。

「最後の審判」 ヨハネス・ロッテンハマー
Alte Pinakothek, Munchen

画像をクリックすると、カラー画像先にリンクさせてあります。



Apelles Schildert Campagne Voor Alexander

Apelles painting Campaspe
ヴィレム・ファン・ハーヒト(ウィレム・ファン・ハーヒト)


このギャラリー画(画中画)のタイトルが「カンパスペを描くアペレス」(キャンパスピを描くアペレス)だ。
ルーム・イン・アートの作品タイトルに「誰の収集室」をつかわず、アレクサンダー大王の愛妾とその愛妾を貰い受ける画家をタイトルに選んだわけだ。

前作で強調されたヘラクレス像(収集室の一番右側)にかわり、聖カタリナが登場。

前作の「収集室」に描いたヤン・ウィーリクスをパロディにしたような前面の人物たち。カンパスペ(キャンパスピ)とアペレスは、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ 、ヨハン・フェルパッヒャー、フランチェスコ・トレヴィザーニ、ジャック=ルイ・ダヴィッド、シャルル・メニエ、ニコラス ヴリューゲルなど1700年代に多い作品。


古代ギリシャの画家アペレスはボッティチェッリ画「誹謗(アペレスの誹謗)にも描かれているが、この作品は、アレキサンダー大王の愛妾にカンパスペに恋し、アレキサンダーは偉大な画家への敬意として、彼女を贈った逸話に基づいた作品。このアペレスがルーベンスの肖像か。

画家が画家を、伝説の中の画家になぞらえて描いている作品はヨドクス・ア・ヴィンゲが同じタイトルで1600年に作品化している。

さて、アレキサンダー大王はコルネリス・ファン・デル・ヘーストとなるのだろうか?そのおくには前作の収集室にあったルーベンスの「アマゾネスの戦い」がみえる。

この聖カタリナ(だと思う)の彫像の下にあるのが主のお気に入りの作家クエンティン・マセイスの作品。

まさか、この作品を収集していたとは。

ダ・ヴィンチやカリカチュアの影響を受けているとも言われているマセイス。




Quentin METSYS (Louvain, 1465/1466 - Anvers, 1530) 「両替商とその妻」マセイスの「両替商とその妻」(1514)

ヤン・ファン・エイク同様に凸鏡が描かれている。

肖像画の二人ではなく、外を映す鏡は、作品に描かれていない人物をうつしだす。



さて素人でさして絵画に特別知識がない僕には、一度でコレだと「あたる」ことはほとんどない。マセイスのように小さくとも特徴のある作品は別だけど。



はずれた作品 miss match


たとえば作品中のルーベンスの真上にある肖像画(左)をみれば、ルーベンスの作品(右)に思い当たり、比べると全く違うという繰り返し。

しかも、ルーベンスの協力者としても聞こえてくるテオドール・ファン・テュルデンなどが見当たらないので、当時の作家をリストアップしてもアテにならない始末。この繰り返しのみ。

次の作品はマセイス同様に一度で当たりを引いたもの。

Retrato de Ferry Carondelet con sus secretarios



セバスティアーノ・デル・ピオンボ
作品中のマイセスの彫像のすぐ上の作品になる。

「フェリ・カロンドゥレと秘書」でいいのかな。1510年の作品。カロンドゥレの左奥に一人の男がいる。意味深な作品だ。


| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ディエゴ・ベラスケス 二人の聖女 | main | サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂のメディチ家 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/101
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2015/06/13 7:12 PM |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--