ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
モーリス・ドニ キリスト ル・ペジネの聖マルグリット教会
Maurice Denis モーリス・ドニ / SAI



Maurice Denis(モーリス・ドニ) キリスト
Chapelle du Sacré-Cœur
サクレ・クール聖堂(ル・ペジネ)




モーリス・ドニはあちこちの教会の壁画や祭壇画を依頼されていたから、宗教画が多い。そして好んでは、キリストを登場させた作品も多いし。



Maurice Denis(モーリス・ドニ) 1903
Église Sainte-Marguerite, Le Vésinet
Chapelles de la Sacré-Cœur


フランスのイヴリーヌ県にあるル・ペジネの聖マルグリット教会のサクレ・クール聖堂(モンマルトルではなく)と聖マリア礼拝堂にあるモーリス・ドニの装飾画が、火災でひどい目にあったのが2009年。2010年に復元が開始された。

La Tribune de l'Art  Le décor de Maurice Denis au Vésinet pourra être restauré

↑ このサイトからその作業の経過が記事になってる。






Maurice Denis(モーリス・ドニ)
chapelle de la Vierge décorée en 1903

 



Maurice Denis(モーリス・ドニ)
chapelle de la Vierge décorée en 1903
(C) Phot by  Nicolas Thouvenin



Maurice Denis(モーリス・ドニ)
chapelle de la Vierge décorée
(C) Phot by  Didier Rykner



Maurice Denis(モーリス・ドニ)
chapelle de la Vierge décorée en 1901
(C) Phot by  Nicolas Thouvenin




聖マルグリット教会の聖マリア礼拝堂には、1903年に装飾されたドニのキリストの「槍の一突き」がある。



Maurice Denis(モーリス・ドニ) LE COUP DE LANCE
chapelle de la Vierge décorée en 1903
(C) Phot by  Didier Rykner


このモーリス・ドニの1903年に装飾された「槍の一突き」なんだけど、似ているもう一枚のドニの作品を最近見た。



Maurice Denis(モーリス・ドニ) LE COUP DE LANCE
Private Collection (C)Christie's


個人所蔵だったモーリス・ドニの「槍の一突き」は、クリスティーズ(Christie's)でオークションに出ていた。






Maurice Denis(モーリス・ドニ) DESCENTE DE CROIX 1901
Private Collection (C)Sotheby's


ちなみにサザビーズでは、モーリス・ドニの1901年制作「キリスト降下」が出品されていた。ちょうどル・ペジネの聖マルグリット教会の装飾していた時期といっしょ。



モーリス・ドニ宗教・装飾画関連
僕記事 「モーリス・ドニ キリストの降誕
モーリス・ドニ 二枚の「山上の垂訓」
モーリス・ドニ 受胎告知 第3弾 聖ニケーズ教会
プティ・パレ美術館 フィレンツェの夕べ フランス美術史
モーリス・ドニ 旧アルザス ラプトロワの聖オディール教会
オルセー美術館 モーリス・ドニ サント=クロワ礼拝堂装飾画6作品 「ミサ聖祭の栄光」
モーリス・ドニ パリ12区 聖エスプリ教会(サン・エスプリ教会)

モーリス・ドニの作品記事はこちら。
「モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドからマレーヌ姫」
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
モーリス・ドニと最初の妻マルト マルタとマリアの家のキリストから
Maurice Denis モーリス・ドニ / SAI



Maurice Denis, Le Dessert au jardin  Musée Maurice Denis
Portrait de Marthe et Maurice Denis au crépuscule, 1897


モーリス・ドニ美術館所蔵の「庭でデザート」(黄昏の中のマルトとドニ)の二人の肖像画。まるで怪盗ルパン(アルセーヌ・ルパン)のようなドニ。気障にバラを片手にマルトへ向けている。




Marthe and Maurice 1896 (detail)
マルトとドニ
Private Collection



ドニは、福音書からマルトの肖像画も描いている。「マルタとマリアの家のキリスト」だ。


 



Maurice Denis. Martha and Mary 1896
モーリス・ドニ マルタとマリアの家のキリスト
Hermitage Museum エルミタージュ美術館





 
Maurice Denis. Martha and Mary 1909
モーリス・ドニ マルタとマリアの家のキリスト
Private Collection  個人所蔵



マルタとマルトをかけながら、マルトはマリアとして描いている。




Sancta Martha Musée des Beaux-Arts de Pont-Aven



ポンタヴエン美術館所蔵の「聖なるマルト」の制作年数はわからない。たぶんキリストのマルタとマリアの姉妹に、妻マルトをモデルにしているのだと思う。マルトがマリア。奥には3人の人物。一番右端がキリストっぽい感じ。でも実際には、そんなふうにも見えなかった。



La cusinière 1893 Private Collection


以前にオルセー美術館でも展示されていたのが、個人所蔵と思われる「ストーブ」(マルタとマリアの家のキリスト)というタイトルのマルト。こちらの方がはっきりと後ろの3人が見える。

このほかに、もう一枚「マルタとマリアの家のキリスト」の主題を描いている。マルトが1919年に亡くなった翌年の1920年の制作。






Maurice Denis  La meilleure part (detail) 最高の場面 1920
全体像(full image)はクリックして下さい。
Musée d'Art d'Archéologie et de Sciences Naturelles


トロワ美術・自然史・考古学博物館にあるモーリス・ドニの「最高の場面」(僕的には「至福の時」かな)に描かれているキリストは、きっとドニ自身で、マリアはマルト。マルタは姉エヴァを描いているのかも。

なんとなく、妻マルトへの追悼の作品に思えて仕方がない。この2年後にエリザベートと再婚するドニ。






Maurice Denis  Marthe au divan 1891–92
ソファーに座るマルト(オレンジのドレスのマルト)
Musée Mahmoud Kahlil


マルト・ムーリエ(Marthe Meurier)と結婚したのが1893年。死別したのが1919年。1921年にエリザベート(Elisabeth Graterolle)と再婚。たぶん出会いは1920年頃。



Princess Maleine's minuet (Marthe at the piano)
マレーヌ姫のメヌエット(ピアノの前のマルト)
1891 Maurice Denis Musée d'Orsay


マレーヌ姫のメヌエット(ピアノの前のマルト)は、結婚前ということになる。「ストーブ」に描かれたマルトより年上に見えるんだけど。

マレーヌ姫は、メーテルリンクの初めての戯曲だ。XAIで「モーリス・ドニ 塔の花嫁(塔の姫君) ペレアスとメリザンドからマレーヌ姫」を記事にしているから。



Maurice Denis
Musée Maurice Denis(1912),Galleria degli Uffizi(1916)


前回の記事で紹介したモーリス・ドニ美術館、ウフィツィ美術館のドニの自画像は、1916年にはマルト、1912年にはマルトとエリザベートの二人が描かれている。ちなみにマルトもエリザベートも音楽を専門にしていた。エリザベートはドニの子供たちの家庭教師。

記事 モーリス・ドニ キリスト降誕


 



Bernadette and her Mother 1899
モーリス・ドニ ベルナデットと母
Maurice Denis  Private Collection


マルトとの間に長男ジャンポール(夭折)、ノエル、ベルナデット、アンヌマリー、マドレーヌ、ドミニク、フランソワがいた。



Portrait of the Artist's Wife. 1893
モーリス・ドニ 画家の妻 プーシキン美術館
Maurice Denis Pushkin Museum


前記事でも紹介したが、1919年のマルトが亡くなった年の「三位一体の夜」は、きっとメモリアルだ。


 



Woman sleeping on the black balcony
モーリス・ドニ 黒いバルコニーで眠る女
Maurice Denis  Private Collection


追記 楓がアップしたボナ美術館の「黄昏」とよく似た黒いバルコニーで女性が眠っている場面。

 


とっても似ている。この3枚の眠る女性もマルトなんだろうか。左が「黄昏」、右はクリックすると全体像になる。モントリオール美術館(Montreal Museum)で観た「魅惑の森で眠る女性」(?)というタイトルの作品。制作年数は不明。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
モーリス・ドニ キリスト降誕
Maurice Denis モーリス・ドニ / SAI



モーリス・ドニ キリスト降誕(Nativité) 1894
オーギュスタン美術館所蔵


これは僕のお気に入りの1枚。作品画像にはsai って入れた。



モーリス・ドニ リトグラフ キリスト降誕 1907




モーリス・ドニ キリスト降誕 制作年不明
個人所蔵 ROUILLAC(ルイヤック)


基本、ドニが自画像を描いているような作風が好き。



モーリス・ドニ ル・プリウレの前の自画像 1921
モーリス・ドニ美術館 ル・プリウレ




家族といる画家の自画像
ウフィツィ美術館 Galleria degli Uffizi 1916


ウフィツィ美術館所蔵の作品は、右奥に子供が一人。たぶん1919年に妻マルトが亡くなったメモリアルに、モーリス・ドニ美術館所蔵の作品を制作したと思う。だから成長した子供が増え、右奥には二人描かれている。

1919年に描かれた「三位一体の夜」は、マルトのメモリアルでは?でもあの女性は姉のエヴァに似てるけどね。

楓記事 「モーリス・ドニ 三位一体の夜

一番好きなのは、過去記事で使用した個人所蔵のドニの肖像画(1891)ですっ。

Maurice Denis, Portrait de _artiste sous les arbres, vers 1891, Collection particulière - (c) ADAGP, Paris 2006


モーリス・ドニ過去記事 各作品記事リンク XAI 「塔の花嫁」 から。

僕のモーリス・ドニ 最近の記事
過去記事セザンヌ礼賛のほかに、セザンヌ訪問の記事もアップした。
セザンヌ訪問

alei の記事 
モーリス・ドニ キリストの教義
モーリス・ドニ 受胎告知第2弾

友人・知人の記事
makiさん記事 モーリス・ドニ プリウレの礼拝堂(花嫁の接吻)
Fin de siècle モーリス・ドニ ロンドン・ナショナル・ギャラリー
ryo-の記事 モーリス・ドニの部屋のゴーギャンの自画像 byヴュイヤール




(C) remove この画像は許可を得て直接管理人の記事から引用


alei が放置ブログに、オルセー美術館所蔵の〜モーリス・ドニ 礼拝堂装飾画6作品 「ミサ聖祭の栄光」〜をアップした。なんか悔しい。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
モーリス・ドニ リトグラフ アモール(愛) & 肖像画 Maurice Denis Amour
Maurice Denis モーリス・ドニ / SAI
はじめてモーリス・ドニの作品を記事にしてから4年。リトグラフ アモール(愛)の作品画像が全部揃ったので追加した。(2011.11.1)


 モーリス・ドニの肖像画編

ドニの肖像画はウフィツィ美術館、モーリス・ドニ美術館 ル・プリウレにあるのがよくご存知だと思う。

2011追記 ウフィツィ美術館、モーリス・ドニ美術館 ル・プリウレにあるドニの自画像は記事「モーリス・ドニ キリスト降誕」から。



Maurice Denis 
「樹の下の画家」(僕的訳)1891年 個人所蔵

ここで紹介したいのが、個人所蔵のドニの肖像画。この横長の肖像画をいくつかドニは描いている。



Maurice Denis 
「海辺の刺繍」(僕的訳) 1896年 モーリス・ドニ美術館


なんとなくなんだけど、この女性はドニの最初の妻、マルトかなって思っている。結婚前の1891年の「マレーヌ姫のメヌエット(ピアノの前のマルト)」、結婚後の1893年の「ストーブ」(マルタとマリアの家のキリスト)に描かれているマルトのイメージとは違うけど。



Maurice Denis 
ムッシュー・フックの肖像画


この人誰なんだろう。煙草を片手にちょっとキザなタイプ。嫌いじゃないけど。


モーリス・ドニ リトグラフ

Tenderness 1893 Art Gallery of New South Walesモーリス・ドニといえば、色彩と平面。

僕は、この色彩を取り払った、あるいは抑えたドニに注目した。ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館所蔵の「テンダネス(優しさ)」だ。

1893年の作品。他の美術館にも所蔵されている。

ドニの版画にはあまり詳しくないので、これが何かの挿画だったのかもわからない。


ただ、版画集「アムール」(愛)には、何点か好きな作品がある。

Mariさんがアップした記事で、「無題」になっているのは、やはりアムールの1枚。タイトルを調べてみたら、「Les crepuscules ont une douceur d'ancienne peinture not dated」だって。

タイトルというより説明のようなセンテンス。フランス語は厄介だね。(笑)

ではアムールから1枚。

La vie devient precieuse, discrete  MAURICE DENIS by Amour. 1892-99

「生命を尊ぶ思慮深さ」(僕的訳)by アムール 1892-99
リトグラフ アモール(愛) 作品11  人生は貴重な慎み深いものとなる

たぶん、白百合が描かれているので、聖マリアではないかと思われる。その他全12点のアムールの作品タイトル(フランス語)は、続きに記載したので、どうぞ。

作品1 寓意
作品2 物腰は優しく清らかな
作品3 朝のブーケ、悲しみ
作品4 それは敬虔な神秘さだった
作品5 騎士は十字軍で死んでいない
作品6 たそがれは古い絵画のような優しさをもつ
作品7 彼女は夢よりも美しかった
作品8 そして彼女の手が優しく触れる
作品9 私たちの魂はゆっくりとした動作の中に
作品10 青白い銀の長椅子の上で
作品11 人生は貴重な慎み深いものとなる
作品12 けれどあまりに高鳴る心

12作品の1作品から5作品までは大嫌いだ。表紙は好きだ。僕の好きなドニの リトグラフ アモール(愛) は、作品7、作品9、作品10、作品11だけ。

記事 モーリス・ドニ 〜 ドニの中のドニ by 楓 〜(Cover for Amour アムール 表紙)

 



寓意 1898 シカゴ美術館







物腰は優しく清らかな 1898 シカゴ美術館







朝のブーケ、悲しみ メトロポリタン美術館
それは敬虔な神秘さだった メトロポリタン美術館





 

作品5 騎士は十字軍で死んでいない シカゴ美術館
作品12 けれどあまりに高鳴る心 シカゴ美術館




6作品目の「たそがれは古い絵画のような優しさをもつ」はMariさんがアップした記事から。

記事 モーリス・ドニ 〜ドニの中のドニ

そして7作目は、アモール(愛)の中で、もっとも好きな作品。
 



彼女は夢よりも美しかった シカゴ美術館


ちょっと、疲れたので続きは今度。→再開 8作目は大嫌いなのでテキストリンクから作品を鑑賞して。


 

そして彼女の手が優しく触れる シカゴ美術館







私たちの魂はゆっくりとした動作の中に シカゴ美術館



 



青白い銀の長椅子の上で シカゴ美術館



 
そして最初に紹介した作品11となる。作品12 「けれどあまりに高鳴る心」って、あんまり好きじゃない。作品5といっしょにアップしている。そのほかは順番のとおり。

シカゴ美術館所蔵の「アモール」(愛)は、当時の有名な美術商アンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard)で公開されていたもので、ジョン・H・レン(John H. Wrenn)のメモリアル・コレクションらしい。


 

さて、何人かが、すでにモーリス・ドニの記事をアップしているので、詳細は下記からどうぞ。
モーリス・ドニ関連記事 作品記事にリンクしてる。
XAI モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドからマレーヌ姫
下記のリンクは古いので、XAIからどうぞ。

ピエタ
バッカス祭
受胎告知
セザンヌ礼賛
作品中に描かれているセザンヌの「果物鉢のある静物」にリンク、ドニの模写、勘違いしていたセザンヌの作品などの画像が追加した。
エマオの晩餐
塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから
アムール表紙/木の葉の階段
永遠なる春/六月の春
庭園を行く少女たち
モーリス・ドニ 天国
無題 水彩リトグラフ/春景色
ゴーギャンの黄色いキリスト ドニの黄色いキリスト
モーリス・ドニ クピドとプシュケの物語 七つの作品
習作 春の森/"Trestrignel"海岸の浜辺/緑の木/オルフェスとエウリュディケ(エウリディーチェ)
ピロウとシンボルウス/デペシュトワ − トゥールーズ/エンジェル/マダム・ランソンと猫/春の森林/イースター・ミステリー
続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(13) | -
pagetop
| 1/1 |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--