ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
セシル・ビートン 陽気な若き人々(Bright Young People)
フォトグラフ / SAI

The Bright Young People 1920

陽気な若き人々(Bright Young People)の階級 ロンドン 1920
写真家不明


ロンドンの社交界に出入りする貴族階級と上流階級(貴族ではないジェントルマン階級)の人々。上流階級(ジェントルマン階級)には大地主、銀行家、医者、高位聖職者、軍人、そして資本家のブルジョワジーら。

1920年代から30年代にかけて、ロンドンの社交界の若者たちを陽気な若き人々(Bright Young People)と呼んだタブロイド紙。風刺的な意味も込めて。

日本でいえば、夏目漱石の小説にも登場する「高等遊民」の類だ。裕福で生得的地位、もしくは社会的地位のある家柄に生まれた彼らの日常から夜の社交界でのライフスタイル。

The Bright Young 1927 by Cecil Beaton

陽気な若き人々(Bright Young People)
セシル・ビートン(Cecil Beaton)


「陽気な若き人々」の一人でもあるセシル・ビートンは、またまた彼らを馬鹿げた肖像写真に仕立て上げた。サーカスの劇団員みたいだね。

作曲家のウィリアム・ウォルトン(William Walton), セシル・ビートン(Cecil Beaton), 画家でもあり詩人でもあるスティーブン・テナント(Stephen Tennant), イラストレーターのレックス・ウィスラー(Rex Whistler), イーディス・シットウェルのジョージア・シットウェル(Georgia Sitwell), 画家二コ・ヤングマンの娘たちでジタとテレサ(Zita Jungman and Teresa Jungman)の男女7人が写っている。

まるでヴィンターハルターの絵画をマネしたみたいだ。

Franz Xaver Winterhalter The Empress Eugenie Surrounded by her Ladies in Waiting 1855 Château de Compiègne

侍女に囲まれたウジェニー王妃 1855
フランツ・ヴィンターハルター コンピエーニュ城美術館


楓の記事で、「画家ジョン・シンガー・サージェントと写真家セシル・ビートン」で扱ったのは、「ウィンダム姉妹」そのもののコピーだけれど、フランツ・ヴィンターハルターの絵画作品を模倣しているものも多い。

このヴィンターハルタースタイルで撮影された彼らは、見てのとおりに性別(ジェンダー)を問わない「 陽気な若き人々(Bright Young People)」だ。

タブロイド紙の造語「陽気な若き人々」は、上流階級のアーティストたちを仲間に、セシル・ビートンはスティーブン・テナント(Stephen Tennant)がいる。美少年、美青年と1930年代まで、もっとも美しい容貌を保ち、性を超えたミューズでもあった。

STEPHEN TENNANT BY CECIL BEATON

スティーブン・テナント(Stephen Tennant)
by セシル・ビートン(Cecil Beaton)


性を超えたミューズ(彼はLGBTだし)。貴族階級のスティーブン・テナントは、芸術家たちにインスピレーションを与えるミューズではあったものの、自分の創作には熱心ではなかったよう。

1970年から死ぬまでの17年間をベッドと共に生活をし、デカダンスを象徴するような人物。オスカー・ワイルドを好んでいた。

さて、その17年間で 陽気な若き人々だったスティーブン・テナントの美を老化させた。

David Hockney &Stephen Tennant with fan

デイヴィッド・ホックニーとスティーブン・テナント
by セシル・ビートン(Cecil Beaton)


どちらかというと風刺の意味が強い「陽気な若き人々」(Bright Young People)であって、賞賛されていたわけじゃない。

「若くてリッチなセレブ」を批判的に小説にしたのはイーヴリン・ウォー(Evelyn Waugh)。1930年に書かれた「卑しいボディ」(Vile Bodies)だ。

その「Vile Bodies」は、2003年に映画化された。

Bright Young Things, Mozart party 1930

陽気な若き人々(Bright Young People) 写真家不明
Elizabeth Ponsonby ,Denis Pelly, her husband,
Cecil Beaton ,Cyril Connolly and Patrick Balfour
モーツァルト パーティ (Bright Young Things, Mozart party 1930)


けれど話題性のある階級と風俗スタイルだ。仮装のモーツァルトパーティでは、彼らは「労働者階級」のポーズで撮影されている。

セシル・ビートンはドリルを持つ。

セシル・ウォルター・ハーディ・ビートン(Sir Cecil Walter Hardy Beaton, CBE)は、貴族階級ではなく、裕福な階級に生まれたが、没落。ファッション写真家として職業につく。名門校出身のため上流階級とは縁がある。

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951

 Le Bal oriental, at the Palazzo Labia
ベイステギ主催 東洋の仮装舞踏会 1951 写真家不明


セシル・ビートンは大富豪家のドン・カルロス·デ·ベイステギ(Charles de Beistegui)の宣伝にも協力。1951年のベイステギが催した世紀のパーティー「東洋の仮装舞踏会」(ル・バル・オリエンタル)のゲストたちを撮影している。

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia Patricia López-Wilshaw de emperatriz china by Cecil Beaton

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia 
Patricia López-Wilshaw de emperatriz china 
by セシル・ビートン(Cecil Beaton)


中国の皇帝の団の従者に扮するパトリシア・ロペス・ウィルショーのこの写真は、ロベール・ドアノーも撮影。

記事 ロベール・ドアノー ラビア宮殿 仮面舞踏会 1951 ピエトロ・ロンギの世界


このラビア宮殿でのベイステギの仮装舞踏会でのダイアナ・クーパーが、パラッツォ・ラビア ティエポロのフレスコ画のクレオパトラで仮装したセシル・ビートンの写真はこちら。

aleiくんの記事 世紀のパーティ 1951 ラビア宮殿(パラッツォ・ラビア)


Le Bal oriental, at the Palazzo Labia Cecil Beaton and friends attending the costume ball by Cornell Capa

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia
 ラビア宮殿での仮装したセシル・ビートンと友人たち
Cecil Beaton and friends attending the costume ball
by コーネル・キャパ(Cornell Capa)


コーネル・キャパはベイステギの仮装舞踏会でのセシル・ビートンを撮影。セシル・ビートンの隣のコスチュームはダリとディオールが担当した「ヴェネツィアの怪人」。

セシル・ビートンは貴族階級のあの有名なミットフォード姉妹、上流階級ではデュオのシンガー、ノードストーム・シスターズたちと交流もあった。

セシル・ビートン関連記事
記事 Cecil Beaton セシル・ビートン ピカソの「緑の葉と裸婦」の前で 
記事 Cecil Beaton セシル・ビートン ボーダーとストライプのポートレート

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
ロベール・ドアノー ラビア宮殿 仮面舞踏会 1951 ピエトロ・ロンギの世界
フォトグラフ / SAI

Charles de Beistegui

ドン・カルロス 写真家不明


この写真は誰が撮影したのかわからない。

世紀のパーティといわれる「東洋の仮面舞踏会」は、ドン・カルロスが主催し、貴族や上流階級、俳優やデザイナーや画家などのアーティストたちを招待した歴史に残る20世紀最大の舞踏会。

aleiくんの記事 世紀のパーティ 1951 ラビア宮殿(パラッツォ・ラビア)

ドン・カルロス·デ·ベイステギ(Charles de Beistegui)はメキシコの銀鉱山を相続した大富豪。

セシル・ビートン、コーネル・キャパ(ロバート・キャパの弟)、アンドレ・オスティエ、 そしてロベール・ドアノーらの残した写真には、ドン・カルロスの趣旨を反映した装飾と衣装を身につけた招待客、彼らのパレード、数々のアトラクションが撮影されている。

Ms Reginald Fellowes et sa suite (sa fille Comtesse Alexandre de Casteja) au bal Beistegui à Venise by Robert Doisneau

アフリカの女王に扮したデイジー・フェローズ
by ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)


Bal  Beistegui  Venice  3 September 1951 by Robert Doisneau

Bal  Beistegui  Venice  3 September 1951
by ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)


Patricia Lopez-Willshaw by Robert Doisneau

中国の皇帝の団 従者に扮するパトリシア
パトリシア・ロペス・ウィルショー(Patricia Lopez-Willshaw)
by ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)


Masks and Dominoes  by Robert Doisneau

Phantoms of Venice(Masks and Dominoes) by Dali and Dior
ダリとディオールによる「仮面とドミノ」の装飾 ヴェネツイアの怪人
by ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)


この世紀のパーティーは、ピエール・カルダン(Pierre Cardin)を中心に、ディオール(Christian Dior)、ニナ・リッチ(Nina Ricci)、そしてダリ、レオノール・フィニ、ファブリツィオ・クレリチらが装飾や衣装を担当した。




Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951. Phantoms of Venice(Masks and Dominoes Costumes created  Dali and Dior) by Alexandre Serebriakoff

ダリとディオールによる「仮面とドミノ」の装飾 
ヴェネツイアの怪人 Phantoms of Venice
(Masks and Dominoes Costumes created  Dali and Dior)
 by アレクサンドル・セレブリャコフ(Alexandre Serebriakoff)


アレクサンドル・セレブリャコフ(Alexandre Serebriakoff)は、このベイステギの舞踏会の描画を描いた。




Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951. Gondola dal Canal Grande by Alexandre Serebriakoff

ゴンドラの到着
Gondola dal Palazzo Labia sul Canal Grande
by Alexandre Serebriakoff


Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951. una piramide umana (Una squadra di pompieri veneziani) by Alexandre Serebriakoff

ヴェネツィア消防士による「人間ピラミッド」
Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951.
 una piramide umana


Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951.  Vi sono i famosi affreschi di Giambattista Tiepolo by Alexandre Serebriakoff

ティエポロのフレスコ画のホールのベイステギの舞踏会
Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951.
Il banchetto di Cleopatra


Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951. Barone di Cabrol e Lady Diana Cooper si presentarono vestiti come Antonio  by Alexandre Serebriakoff

クレオパトラとアントニウスに扮したレディ・ダイアナとカブロル男爵
Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951.
Barone di Cabrol e Lady Diana Cooper





PIETRO LONGHI


会場にはティエポロのフレスコ画のクレオパトラとアントニウスの衣装、フランソワ・ブーシェのタペストリーでも有名な中国皇帝の衣装、そしてピエトロ・ロンギ(Pietro Longhi 1702-1785)の黒仮面(モレッタ)と黒外套(バウッタ)の衣装のゲストたち。

Cornell Capa  Venice, Italy September 1951

Bal  Beistegui  Venice  3 September 1951
コーネル・キャパ(Cornell Capa)


コーネル・キャパの撮影したワンシーンが、ピエトロ・ロンギの準主役たちを重ねることができた。東洋の舞踏会(ル・バル・オリエンタル)での秘密めいた雰囲気。

PIETRO LONGHI Museo della Fondazione Quereni Stampalia


ピエトロ・ロンギのこの「賭博場」のスタイルで描かれた作品は多い。犀の見世物師 ダウエ・マウト(Douwe Mout VAN DER MEER 1704 -1758) は、ヴェネチアの貴族グリマーニ家(Grimani Family)が経営するサンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ劇場で興行した。

Il Ridotto by Pietro Longhi, Bal  Beistegui  Venice by Cornell Capa

コーネル・キャパ(Cornell Capa)の写真とピエトロ・ロンギの作品


そのヴェネチアの貴族グリマーニ家(Grimani Family)の肖像画とされているピエトロ・ロンギの作品に登場する男女4人のスタイルである黒仮面(モレッタ)と黒外套(バウッタ)の衣装が、ベイステギ(Charles de Beistegui)の1951年のラビア宮殿の仮面舞踏会で見かけられる。

Il Ridotto by Pietro Longhi, Bal  Beistegui  Venice by Robert Doisneau

ロベール・ドアノーの写真とピエトロ・ロンギの作品


アレクサンドル・セレブリャコフ(Alexandre Serebriakoff)が、ティエポロのフレスコ画のホールのベイステギの舞踏会で描いたベイステギ(Charles de Beistegui)とピエトロ・ロンギ(Pietro Longhi)が描いたヴェネツィアの「ミシェル家」の肖像画に描かれた額縁に納まる男性の肖像画によく似てる。

Alexandre Serebriakoff Ballo offerto da Charles de Beistegui  palazzo sul Canal Grande Venezia, Palazzo Labia, 3 settembre 1951,Pietro Longhi(1702 - 1785) La famiglia Michiel 1780 ca

ティエポロのフレスコ画のホールのベイステギの舞踏会
アレクサンドル・セレブリャコフ
ミシェル家 1780年頃  ピエトロ・ロンギ 
クェリーニ・スタンパーリア財団美術館


右の作品はヴェネツィアの元首(ドージェ)、パオロ・レニエール(Paolo Renier 在位1779−89)の甥、若いマルカントニオ・・ミシェルとその花嫁、母親たちが描かれた「ミシェル家」の集団肖像画。壁の画中画の肖像はたぶんパオロ・レニエールの兄弟アントニオ・レニエールではないかな。

ちなみに若い花嫁は、文学サロンを開いていた女流作家のジュスティーナ・レニエール・ミッシェル。

Private collection  Portrait of Carlo Ruzzini (1653-1775), Venetian Diplomat, Statesman, Senator and Doge 1732-1735 by Gregorio Lazzarini,

Carlo Ruzzini,Dogo de Venecia (1653-1735)
by Gregorio Lazzarini


グレゴリオ・ラッツァリーニ(Gregorio Lazzarini)が描いたカルロ・ルッツィーニ (Carlo Ruzzini)の肖像画の衣にそっくりの人物がいるし。





Don Carlos de Beistegui y de Yturbe

Don Carlos de Beistegui y de Yturbe


ベイステギ(Charles de Beistegui)はヴェネツィア共和国のドージェ(元首)に扮していたのだろうか。

The Doge Grimani on his Throne “. by Pietro Longhi Museo Civico Correr

The Doge Grimani on his Throne
総督グリマーニ ピエトロ・ロンギ(Pietro Longhi)


ピエトロ・ロンギは、総督(元首)ピエトロ・グリマーニ Pietro Grimani(在位1741年−1752年)の肖像画も描いている。当時のヴェネツィア共和国のドージェ(元首)は、ピエトロ・ロンギが存命中に8人が元首に就いている。

アレクサンドル・セレブリャコフがベイステギの舞踏会を再描画したなかに描いている緋色の衣を身につけた仮装の人は歴代のドージェ(Doge of Venice)の肖像画から扮したのではない?




個人的にベイステギの「東洋の仮面舞踏会」では、中国の皇帝の団に注目。

André OSTIER Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951

ロゼ男爵(Alexis von Rosenberg, Baron de Redé)
and ジョージ・ジェフロワ(Georges Geffroy)
写真 アンドレ・オスティエ(André OSTIER)


Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951


ギイ・ルイ・ル・ヴュー・ヴァーノンサル(Guy Louis Le Vieux Vernansal)のタペストリーの原画「中国皇帝物語」からの「中国の皇帝の旅」(1688-90)の皇帝の衣装をパトリシアの夫ロペス・ウィルショーが身につけていたのではないかと、先のリンクのaleiくんの記事にあった。

妻のパトリシアやロペス・ウィルショーの恋人でもあるロゼ男爵、そしてジョージ・ジェフロワは、フランソワ・ブーシェの「中国皇帝の謁見」(1742)、「中国皇帝の饗宴」からではないかともaleiくんは予想していた。

別記事 中国主題のタペストリー フランソワ・ブーシェの下絵(原図)10作品とタペストリー

そう書かれるとそうかも。

追記 この舞踏会にはレオノール・フィニも来ていた!
記事 レオノール・フィニ ラビア宮殿 仮面舞踏会 1951




Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951

Le Bal oriental, at the Palazzo Labia  1951


やっぱり、海の向こうの国はすごいね。遊びにわざわざリハーサル、そしてゴンドラでの到着。こんな遊び一度してみたい。


 
ピエトロ・ロンギ関連記事はこちら

記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  いかさま よこしま さかしま

記事 ピエトロ・ロンギ (sai blog カテゴリー)

記事 ピエトロ・ロンギ流 After Pietro Longhi & Pietro Longhi Style

過去記事 イタリア ロココ ヴェネチアのピエトロ・ロンギ


 
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
Cecil Beaton セシル・ビートン ピカソの「緑の葉と裸婦」の前で
フォトグラフ / SAI

Pablo Picasso with his painting of Marie Thérèse Walter (1932 Nude, Green Leaves and Bust) by Cecil Beaton © Cecil Beaton Studio Archive, Sothebys London

マリー・テレーズ・ワルテルのパブロ・ピカソの絵画
(緑の葉と裸婦 1932)
1933 セシル・ビートン
(C)Cecil Beaton Studio Archive, Sotheby's London





Vanity Fair

ヴァニティ・フェア (Vanity Fair  May 2011)
Picasso’s Erotic Code by John Richardson


Pablo Picasso by Cecil 1965 © Cecil Beaton Studio Archive, Sothebys London

パブロ・ピカソ 1965 セシル・ビートン
(C)Cecil Beaton Studio Archive, Sotheby's London




写真家セシル・ウォルター・ハーディ・ビートン(Sir Cecil Walter Hardy Beaton, CBE)自身の、ピカソの「緑の葉と裸婦(Nude, Green Leaves and Bust)」の前でのショット。

ピカソのこの作品は、1951年にオークションで落札されて、それから2010年にクリスティーズのオークションで話題になった。

Nude, Green Leaves and Bust by Picasso

緑の葉と裸婦 (観葉植物と胸像) 1932  ピカソ


1932年には、「le sauvetage」(救い)の連作が描かれて、「緑の葉と裸婦」とても構図がよく似ている。

「セシル・ビートンの作品には、ピカソの「緑の葉と裸婦 (観葉植物と胸像)」と同じように、著名人と胸像のポートレートを写真に残している。

Marie-Thérèse Leaning on One Elbow, 1939

肩肘をつくマリー=テレーズ・ワルテル
1939 パブロ・ピカソ


去年の5月に、ガゴシアンギャラリー(Gagosian Gallery )で、「ピカソとマリーテレーズ:狂おしい愛」(Picasso and Marie-Thérèse: L’Amour Fou)が開催されていた。

ヴァニティ・フェアのサイトでは、この展覧の一部に、ロンドンの美術史家でピカソの伝記作家でもあるジョン・リチャードソン著作の「A Life of Picasso」の貢献を伝えている。




Pablo Picasso; Balthus 1945 by Cecil Beaton

ピカソとバルテュス 1945
 セシル・ビートン


Pablo Picasso 1944 by Cecil Beaton

「パブロ・ピカソ 1944」 セシル・ビートン
(ピカソに見えないですけど・・・マジ?)
(C)Cecil Beaton Studio Archive, Sotheby's London


関連記事
Cecil Beaton セシル・ビートン ボーダーとストライプのポートレート
ロベール・ドアノー ヴォーグ・フランス誌の表紙とピカソ



Terence Pepper
Hatje Cantz Verlag
コメント:記事のポートレートはパブロ・ピカソで。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
Cecil Beaton セシル・ビートン ボーダーとストライプのポートレート
フォトグラフ / SAI

Cecil Beaton, Schiaparelli Evening Dresses, 1936 Victoria and Albert Museum

スキャパレリ イブニング・ドレス 1936 
セシル・ビートン


写真家セシル・ウォルター・ハーディ・ビートン(Sir Cecil Walter Hardy Beaton, CBE)は知っての通り、衣装デザインも手がけている。「マイフェアレディ」ではアカデミー衣装デザイン賞を授賞。

Audrey Hepburn 1964  Cecil Beaton

オードリー・ヘプバーン 1964 
マイ・フェアレディ コスチューム by セシル・ビートン


写真では名画を作品にしたり、著名人の写真をとったり、ファッションフォトも手がけたり。

僕、この人、ストライプやボーダーが好きなんだと思ってるけど。

Audrey Hepburn in costume for film version of My Fair Lady, 1963

オードリー・ヘプバーン 1963 
マイ・フェアレディ コスチューム by セシル・ビートン


Fashion Shot, 1950

ファッション・ショット 1950年代
セシル・ビートン


Photo by Cecil Beaton ca. 1960 Audrey Hepburn

オードリー・ヘプバーン 1960
 セシル・ビートン





 

Sir Cecil Walter Hardy Beaton

セシル・ビートン 1925年頃
カーティス・モファット(Curtis Moffat)


Cecil Beaton for his portraits

セシル・ビートン 1980年代?
フォトグラファー 誰?


いくつになっても、まだボーダーを着ているセシル・ビートン。ピカソみたいだ。




maxime de la falaise by cecil beaton

モデル ルル・ドゥ・ラ・ファレーズ
セシル・ビートン


Gloria Guinness  by Cecil Beaton in 1966 for Harper’s Bazaar.

米国のセレブ グロリア・ギネス
ハーパース・バザー 1966 セシル・ビートン

cecil beaton, gloria guinness vogue, 1970.

米国のセレブ グロリア・ギネス
ヴォーグ 1970 セシル・ビートン


ボーダーやストライプは鏡やテーブルの足なんかにもイメージが投影されている。

Coco Chanel by Cecil Beaton

ココ・シャネル  by セシル・ビートン


Audrey Hepburn for Givenchy photographed by Cecil Beaton 1964

ジバンシー オードリー・ヘプバーン 1964
 セシル・ビートン





Audrey Hepburn for Givenchy photographed by Cecil Beaton 1964

ジバンシー オードリー・ヘプバーン 1964
 セシル・ビートン


セシル・ビートン(1904 - 1980)は、戦前のロンドンの写真家エミール・オットー・ホッペ(E.O. Hoppe 1878-1972) 、フランスのアドルフ・ド・メイヤー(Baron Adolf de Meyer 1868-1946)らからの影響を受けているらしい。

ヴィクトリア朝の豪華な装飾、ルネッサンス絵画、英国の肖像画、イタリアロココの絵画、シュルレアリスムなんかを写真作品にしたものが多い。

そしてストライプとボーダー。ドットを意識した作品もある。

アーティストをはじめ著名人のポートレート、ファッションフォト、そして英王室のポートレートのほか、バレエなんかのポートレートもあった。




Cecil Beaton
Editions Assouline
コメント:ボーダーとストライプのポートレートを記事にした。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
ロベール・ドアノー ヴォーグ・フランス誌の表紙とピカソ
フォトグラフ / SAI


Blouse by Elsa Schiaparelli, French Vogue May 1951, cover by Robert Doisneau

Robert Doisneau  vogue paris  mai  1951
after  Robert Doisneau  by  Picasso 1952 (a.h.m.p)


1951年、フランスのヴォーグ5月号。ロベール・ドアノーが撮影したエルザ・スキャパレッリ(Elsa Schiaparelli)のブラウスを着たモデルが表紙。

Pablo Picasso, “Paris” series by Robert Doisneau

after  Robert Doisneau  by  Picasso 1952(?)
Pablo Picasso, “Paris” series by Robert Doisneau


はじめはピカソのパロディと思ったが、ただの悪戯らしい。下の右側の写真は、 ロベール・ドアノーのパリシリーズ「ピカソ」から。

エルザ・スキャパレッリといえば、女性のドレスばかりではなく帽子も有名。このヴォーグの表紙はスキャパレッリのデザインのドレスだけに、なんだか頭が物足りない。

スキャパレッリと交友があるピカソは、「帽子のないスキャパレッリのドレスは、クリープを入れないコーヒーのようだ。」とか言って描いたかも。

そればかりではなく、ページの中にも一筆書いた。 ロベール・ドアノーが撮影したヴォーグの表紙とページにピカソが描いたその悪戯を、ロベール・ドアノーはそのまま本人のピカソとヴォーグを撮影した。

1949年にヴォーグ・フランス誌と契約。

Le Baiser de lhôtel de ville, Kiss by the Hotel de Ville

(C) Robert Doisneau
Le baiser de l'Hotel de Ville (The Kiss), 1950
パリ市庁舎前のキス  ロベール・ドアノー 


ファッショフォトと平行して、パリ中の写真を撮る。その中で「パリ市庁舎前のキス」はフランスの劇団の演出写真。(以前の写真にはこの右下の指先の先にはテーブルがほんのちょっとだけ写っていた。最近は上も下も左右も少し切り取られた写真が公開されているみたいだ。この画像はわりとオリジナルに近い。)

こんな面白い写真が多いのにさっ、ヴォーグ・フランス誌の表紙はどうなのさっ。つまんない。

それに比べて、アーティストの写真は好き。「薔薇色の人生」のエディット・ピアフなんかもある。

Picasso et Francoise Gilot 1952

(C) Robert Doisneau
ピカソとフランソワーズ・ジロー(Picasso et Francoise Gilot 1952)


Maurice Utrillo

(C) Robert Doisneau
ユトリロ 1946 (Maurice Utrillo 1946)


Foujita by Robert Doisneau

(C) Robert Doisneau
藤田 嗣治 レオナール・フジタ (Foujita au Palais Royal 1950 )


Savignac aux échecs

(C) Robert Doisneau
レイモン サヴィニャック (Savignac aux échecs 1950)


Bernard Buffet, Paris by Robert Doisneau

(C) Robert Doisneau
ベルナール・ビュフェ(Bernard Buffet 1953)


Georges Braque by Robert Doisneau

(C) Robert Doisneau
ジョルジュ・ブラック(Georges Braque 1953)


Fernand Léger by Robert Doisneau

(C) Robert Doisneau
フェルナン・レジェ(Fernand Léger 1953)


Alberto Giacometti by

(C) Robert Doisneau
アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti 1957)


「ロベール・ドアノー生誕100年記念写真展」って開催中だけど。まだ行ってない。どうなの、僕の好きなのがあるのかな。

photographer Robert Doisneau (1912-1994)


Catherine Verneuil 1963  by Robert Doisneau


photographer Robert Doisneau (1912-1994)





L'ippocampo
コメント:「ロベール・ドアノー生誕100年記念写真展」ってどうなの。

Flammarion
コメント:ロベール・ドアノーのパリシリーズ。

Flammarion
コメント:表紙の写真は「Tinguely - portrait de l'artiste 1959」で、スイスの彫刻家ジャン・ティンゲリー。

| comments(0) | trackbacks(4) | -
pagetop
フィガロ エウへニオ(エウジェニオ)・レクエンコ (Eugenio Recuenco)のファッションフォト
フォトグラフ / SAI

 Madame Figaro Les costumes  by Eugenio Recuenco





Madame Figaro Les costumes  by Eugenio Recuenco



Madame Figaro Les costumes  by Eugenio Recuenco



Madame Figaro Les costumes  by Eugenio Recuenco



Madame Figaro Les costumes  by Eugenio Recuenco


Madame Figaro 「Les costumes」  by Eugenio Recuenco


マダム・フィガロ誌に掲載されたエウへニオ・レクエンコ(Eugenio Recuenco)の「コスチューム」。

関連記事 ギリシャの壁画 by エウへニオ・レクエンコ(Eugenio Recuenco)
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
| 1/1 |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--