ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ジョージア王朝時代の肖像画
18世紀 英国 / SAI

Benjamin West / The Hope Family of Sydenham, Kent / 1802

 ケントのホープ一族 1802年
ベンジャミン・ウェスト ボストン美術館


ボストン美術館にあるから、見ている人は多いと思うけど、ある洋書の表紙になっていて、なんだっけと探していたらようやく見っけ。

左に座ってる人がヘンリー・ホープ (1736-1811)、 ハリエット・ゴダードの孫ヘンリー、エイドリアン・ジョン・ホープ(1811-1863)、エリザベス・ホープ、ヘンリエッタ・ホープ、ハリエット・ゴダード、右に立っている人ジョン・ウィリアム・ホープ(1757-1813)と妻アン・ゴダードと息子ウィリアム(1802-1855)だって。

つまりはヘンリー・ホープの妹のハリエットと彼の養子ジョン・ウィリアムズ・ホープとその妻がハリエットの娘アンという複雑な家族構成。

このヘンリー・ホープのいとこがトーマス·ホープ(1769-1831)らしい。このロンドンのトーマス・ホープが叔父のヘンリー・フィリップ・ホープから遺産を相続したときにあのブルー・ダイヤが手に渡った。

やだやだ、幸せのホープダイヤならよかったけど、ルイ14世からアントワネットやいろんな人に手渡った因縁のブルーダイヤ(現在スミソニアン博物館)の持ち主ホープ一族の肖像画だった・・・。だけど彼らが持っていたわけじゃないけど。

ちょうどこの作品が描かれたときアムステルダムにフランス軍が侵略した時期らしく、この絵画のホープ一族は、亡命先にロンドンのトーマス·ホープの元に滞在していた?

一族にはヘンリー・フィリップ・ホープ(1775-1839)という人が、もう一人いて、トーマス·ホープの叔父とは違う。同じ名前の多い一族で、わけがわからなくなるくらい。

もともとはアムステルダムで奴隷貿易をしていた一族で、17世紀にスコットランドで商人だったアーチボルト・ホープの8人の息子たちの系譜。のちに銀行家って言われるようになった。

Benjamin West by Gilbert Stuart 1783-84

ベンジャミン・ウェストの肖像
ギルバート・スチュアート


この作品の画家はアメリカのベンジャミン・ウェスト。なんでロンドンに?と思ったら、ジョージ3世(1738-1820)の王室画家だったって。

1764年、ジョシュア・レノルズの文学クラブ(The Literary Club)には、ベンジャミン・ウェストも加わって、そこにはアダム・スミスやエドマンド・バーク、サミュエル・ジョンソンもいた。

文学クラブにいるサミュエル・ジョンソンの親友は女流作家のファニー・バーニー(フランシス・バーニー)。

あーぁ、ジェーン・オースティンの時代の名士たち。「高慢と偏見」が今年出版200年だからジェーン・オースティンの名前をあげたけど、ファニー・バーニー(フランシス・バーニー)の著作は、オースティンの「ノーサンガー僧院」にもでてくる。

画壇にも女流画家が名をあげる。アンゲリカ・カウフマン(アンジェリカ・カウフマン)とか。

ロイヤル・アカデミーの会長ジョシュア・レノルズの後任にも納まったベンジャミン・ウェストだけど、ジョージ3世が亡くなった2ヵ月後にベンジャミン・ウェストも死んでしまった。

ホープ家の系譜をたどればいずれも芸術家のパトロンだったり、コレクターだったり。

アムステルダムのホープ家はアドリアン·ファン·デル·フープ (エイドリアン・ホープ 1778-1854)がファン・デル・フープファミリーのコレクターで有名だ。レンブラントの「ユダヤの花嫁」、フェルメールの「手紙を読む青衣の女」とか、あとはピーテル・デ・ホーホ、ヤーコプ・ファン・ロイスダールなど17世紀のオランダ絵画の黄金時代の作品なんかもある。

ヘンリー・ホープ (1736-1811)のコレクションにはルーベンス、ヴァン・ダイク、フランス・ハルスなどがあったらしい。

ジョシュア・レノルズの文学クラブでは、ヘンリー・ホープ (1736-1811)とアダム・スミスは親交を結んでいたのだろうか。ヘンリー・ホープ (1736-1811)が文学クラブに顔を出していたとはなかったけど。でもアダム・スミスが「国富論」の第四版にヘンリー・ホープへの賛辞を添えたのはそこからのつながりじゃないかと。でも、なんでわざわざ・・・。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
魔女の肖像画 デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ
18世紀 英国 / SAI

DANIEL GARDNER Three Witches Macbeth Shakepeare

シェイクスピア マクベス 三人の魔女
デヴォンシャー公爵夫人、メルボルン子爵夫人、ドーソン・ダマー夫人
ダニエル・ガードナー


この作品観たことがないので、どっちが正しいかわからない。上はポスタープリントで下は書籍からのもの。

Lady Melbourne (left) and Georgiana (right) and Mrs Dawson Damer as the Three Witches  from Macbeth Shakepeare by Daniel Gardner


この3人はシェイクスピアのマクベスに登場する。下の画像を参考に左はメルボルン夫人(メルボーン夫人)。中央がドーソン・ダマー夫人、そして右がデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュらしい。

マクベスがいずれ王になるとの予言をする魔女たち。

メルボルン子爵夫人エリザベス・ミルバンク(1751–1818)のことだろうか。この夫人はエグレモンド卿、ハートレイ、皇太子時代のジョージ四世と浮名を流している。

Elizabeth Milbanke, Viscountess Melbourne 1784 Richard Cosway The Royal Collection

一人目の魔女 メルボルン子爵夫人エリザベス・ミルバンク
リチャード・コズウェイ  ロイヤル・コレクション


彼女の息子の一人ジョージ・ラム(George Lamb)がエリザベス・フォスターとデヴォンシャー公爵の娘と結婚していた。

デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュの親友エリザベスの娘。キャロライン・ロザリー・アデレイド・セイント・ジュールという名らしい。



第2代メルボルン子爵ウィリアム・ラムとジョージ・ラム?


メルボルン子爵夫人エリザベス・ミルバンクには第2代メルボルン子爵ウィリアム・ラムがいる。このメルボルン子爵ウィリアム・ラム夫人というのがキャロライン・ポンソンビー(第3代ベスバラ伯の娘)で、バイロン卿との不倫に走った。

The Milbanke and Melbourne Families about 1769, George Stubbs  The National Gallery of London

ミルバンクとメルボルンの家族 1769
ジョージ・スタッブス ロンドン・ナショナル・ギャラリー


キャロライン(カロライン)はデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュの姪である。そしてバイロン卿とは詩人のバイロン(第6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロン)だ。



ミルバンクとメルボルン子爵(メルボーン子爵)


当人メルボルン子爵夫人エリザベス・ミルバンクはジョージ4世(1762−1830)の愛人として記録に残っている。ジョージ・ラムがジョージ4世との間の子ではないかとも言われている。

さて描かれた作品の二番目の魔女。

残念ながら肖像画がない。だが彼女(二番目の魔女)が書いた「
聖地エジプト、ギリシャの旅の日記」というのが、現在でも刊行されている。

ヒュー・シーモア卿の娘マリー・シーモア(1798−1848)は、1825年にジョージ・ドーソン・ダマー(1788−1856)と結婚した。そのマリー・シーモアが描かれているが、彼女はマリア・ウォルポール(ウォルドグレイヴ伯未亡人、のちのエディンバラ公グロスター公爵夫人)の孫になる。

Mary Georgina Emma Dawson-Damer

魔女のドーソン・ダマー夫人


レノルズが描いた「ウォルドグレイヴの三姉妹」の一人アン・ホラティア・シーモア(ウォルドグレイヴ)の娘が二番目の魔女マリー・シーモア(マリー・ジョージア・エンマ・ドーソン・ダマー)。

記事「
マリア・ウォルポール(ウォルドグレイヴ伯未亡人)

このマリー・シーモア(Mary Seymour, Mrs George Dawson Damer)は、1801年に母アン・ホラティア・シーモア(ウォルドグレイヴ)が亡くなると、ジョージ4世の愛人でも有名なフィッツハーバート夫人 マリア・アンに養育されたらしい。

Portrait of Mrs Maria Fitzherbert, wife of George IV George Romney ?

フィッツハーバート夫人 マリア・アン ジョージ4世の妻
ジョージ・ロムニー? 制作年、所蔵先?
ルイ14世マントノン侯爵夫人を思い出す。


ミニーと呼ばれたドーソン・ダマー夫人マリー・ジョージア・エンマは、フィッツハーバート夫人 マリア・アンとジョージ4世の娘だという話がある。

ヒュー・シーモアはジョージ4世の側近。生まれた子をシーモア家の実子とさせたのではないか。そしてフィッツハーバート夫人の兄の娘のマリアンナ・スミスも彼女の娘であるという。

記事「
トマス・ゲインズバラ(Thomas Gainsborough)」にはフィッツハーバート夫人 マリア・アンの肖像画が掲載されている。

Lady Georgiana, Duchess of Devonshire Angelica Kauffman

デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ
アンゲリカ・カウフマン


三番目の魔女デヴォンシャー公爵夫人。以前にアンゲリカ・カウフマンの作品をアップしたなかに、ジョージアナとエリザベスの肖像画をアップしたが、まったく雰囲気が異なる。

記事
「マリアンナの嘆き」 by アンゲリカ・カウフマン

ダニエル・ガードナーの「シェイクスピア マクベス 三人の魔女」は、ジョージ4世に、いずれ王になるという予言を与えているだけではなく、マクベスのように夫人によって破滅するということでも添えたのだろうか。

デヴォンジャー公爵夫人以外は、ヘンリー四世の身内だ。なんのためにデヴォンジャー夫人が描かれたのか。それを調べるほど、僕は関心がないから。

記事 
デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ

記事 ギャンブラー デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
| 1/1 |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--