ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  動物
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi / SAI

Pietro Longhi  Il casotto del leone 1762 Querini Stampalia Foundation Museum

ライオンの小屋 1762
ピエトロ・ロンギ
クェリーニ・スタンパーリア財団美術館


描かれたライオン小屋には「碑文」がある。「ライオンの小屋 ヴェネチアのカーニバル 自然からの絵画 by ピエトロ・ロンギ」みたいなことが書かれている。

ザッカリア・セリマン(Zaccaria Sceriman)の小説から暗示されている風俗を取り入れて描かれている。

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751, Pietro Longhi The National Gallery,London

犀 1751
ピエトロ・ロンギ 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー

Das Rhinozeros 1751 Pietro Longhi Venedig, Ca-Rezzonico

犀 1751 (コピー)
ピエトロ・ロンギ 
ヴェネツィア カ・レッツォーニコ 18世紀ヴェネツィア美術館


犀の見世物師 ダウエ・マウト(Douwe Mout VAN DER MEER 1704 -1758) は、当時のヨーロッパで有名だった。

ピエトロ・ロンギの犀もダウエ・マウトの見世物小屋。犀の名はクララ(Clara)。

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751, Pietro Longhi The National Gallery,London


ヴェネツィア カ・レッツォーニコにある1751年の犀は、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの作品の模写で、碑文が書かれている。

仮面の人物がダウト・マウト(?)、そして主役のジョヴァンニ・グリマーニディ・セルウィーに変わっている。

この碑文はwikiの画像から読み取ることができる。

"Vero Ritratto Di un Rinocerotto condotto in Venetia L'anno 1751 fatto per mano di Pietro Longhi per Commissione del N.O. Giovanni Grimani dei Servi; Patrisio Veneto”

(1751年にヴェネチア公開された犀をピエトロ・ロンギの作品とした。その作品をヴェネチア貴族ジョヴァンニ・グリマーニ・ディ・セルウィーの肖像画とする。)

とあった。ラテン語の邦訳は僕の意訳だから。

Clara par Pietro Longhi Ca Rezzonico


ジョヴァンニ・グリマーニ・ディ・セルウィーはサンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ劇場経営者の貴族グリマーニ家の人?

サン・ジョヴァンニ・グリソストモ劇場もグリマーニ家の所有。

パラッツォ・グリマーニ美術館(Museo del Palazzo Grimani)は、枢機卿ドメニコ・グリマーニ、アクイレイア大司教だったジョヴァンニ・グリマーニのコレクションで有名。

ダウト・マウトの犀クララの見世物も、オペラ同様にグリマーニ家が介入にヴェネチア市民から料金を取って公開したのかな。

この肖像画の中央の貴婦人と後ろの仮面の夫人達は他の作品にも描かれている。

次の「犀」はジャン・バティスト ウードリー(1686-1755)の犀と、ピエトロ・ロンギ(1702–1785)の模倣作品。

Jean-Baptiste Oudry, Circle of Pietro Longhi, Italian, about 1751. Banca Intesa Collection, Vicenza.

犀 1751年  ヴィチェンツァ  インテーザ銀行コレクション
作者不詳 ジャン・バティスト ウードリー、ピエトロ・ロンギ派

Circle of Pietro Longhi,

仮面の人物に鞭をもつ調教師

Circle of Jean-Baptiste Oudry?

 ウードリーの犀の耳?


ピエトロ・ロンギは「クララ」には角を描いていない。ジャン・バティスト ウードリーは「クララ」に角を描いている。その中間のような鼻の頭。そしてピエトロ・ロンギは「クララ」の耳を立てていないが、ウードリーは「クララ」の耳を立てている。

Landschaft gemalt von Jean Baptiste Oudry, 1749 Staatliches Museum Schwerin 

犀 クララ 1749 
国立シュヴェリーン美術館


クララの見世物は、1749年にはルイ15世がヴェルサイユ宮殿のロイヤル動物園に招待している。最後のクララの展覧会は1758年のロンドン。4月14日にクララが亡くなったからだ。

1743年にオランダからはじまったクララの展覧会(見世物)。15年、クララはヨーロッパを旅したのだ。

ダウエ・マウトに飼われていたクララは外敵から身を守る角が必要なかった。工芸品や漢方薬になる角は、きっと高く売ったに違いない。

だからピエトロ・ロンギが描いた犀のクララには角がないのではないか。けれどウードリーのクララはしっかり「角」を描いている。

フランスの画家ウードリーは本来の犀の姿を描いたのか。1749年のこの作品はヴェルサイユにクララがやってきたときのものだ。

The Display of the Elephant 1774 Pietro Longhi  The Museum of Fine Arts, Houston

The Display of the Elephant 1774
ピエトロ・ロンギ ヒューストン美術館

The Elephant Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

LEléphant 1774 -Pietro Longhi  auction houses

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
オークションハウス


ヴェネチアのカーニバルでの見世物の象。この3枚は前記事「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi」で使用したもの。

ヒューストン美術館所蔵の作品の碑文は「1774年にヴェネチアに訪れた象の真の姿」とあるらしい。

サイのクララに比べて、この足元を鎖でつながれた象の生涯がわからない。下2枚の碑文は全然読めない。

気になる。


ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム
記事 「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  七つの秘蹟(I Sette Sacramenti)
| comments(1) | trackbacks(0) | -
pagetop
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 七つの秘蹟(I Sette Sacramenti)
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi / SAI

Il Battesimo-1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 洗礼 1755-57
ピエトロ・ロンギ

La Confessione 1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 許しの秘蹟 1755-57
ピエトロ・ロンギ

La Comunione 1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 聖体(ミサ) 1755-57
ピエトロ・ロンギ

La Cresima 1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 堅信式 1755-57
ピエトロ・ロンギ

Il Matrimonio1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 婚姻の秘蹟 1755-57
ピエトロ・ロンギ

LOrdine sacro 1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 叙階の秘蹟 1755-57
ピエトロ・ロンギ

LEstrema Unzione Pietro Longhi 1755-57 Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 病者の塗油 1755-57
ピエトロ・ロンギ


ピエトロ・ロンギキリスト教の7つの秘蹟(sacrament)の作品。神の恵みを人間に与える儀式だ。

ピエトロ・ロンギの作品「七つの秘蹟」はクェリーニ・スタンパーリア財団美術館(クエリーニ・スタンパリア美術館)所蔵だが、前記事同様に、 「許しの秘蹟」がもう一枚あるらしい。

前記事 「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム

La Confessione 1755-57 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

七つの秘蹟 許しの秘蹟 1755-57
ピエトロ・ロンギ
クェリーニ・スタンパーリア財団美術館(クエリーニ・スタンパリア美術館)

Virtual Uffizi The Confession Pietro Longhi

七つの秘蹟 許しの秘蹟 
ピエトロ・ロンギ
ウフィツィ美術館


ウフィツィ美術館は制作年数は不明。クェリーニ・スタンパーリア財団美術館肖像の「七つの秘蹟」も、「ポットゲーム」や「象」のように、いくつか描かれているのかもしれない。

「象」の作品はこちら→ 記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
「動物」の作品はこちら→記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi  動物

さて、クェリーニ・スタンパーリア財団美術館(クエリーニ・スタンパリア美術館)にはピエトロ・ロンギの作品が多い。

Le tentazioni di SantAntonio 1761 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

聖アントニウスの誘惑 1761
ピエトロ・ロンギ

La frateria di Venezia - 1761 Pietro Longhi Querini Stampalia Foundation Museum

ヴェネチアの修道会? 1761
ピエトロ・ロンギ


聖アントニウスの誘惑のほか、ヴェネチアの修道会?の1枚を発見した。たぶんこの時期、1761年頃のヴェネツィアの政変を主題にしたものではないだろうか。

仮面や賭博場などの風俗画だけを描いたわけではないピエトロ・ロンギ。

ほんと、この人面白い。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 二枚のポットゲーム
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi / SAI
さっき、ピエトロ・ロンギの作品をアップしていて気付いたことだけど、「象」の作品は少なくとも3枚ある。

記事 ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi

その作品は微妙に違うから、誰でもわかりやすい。

次の「ポット・ゲーム」は、制作年数や所蔵先を知っていなければ、間違いやすい作品だ。

Pietro Longhi The pot game ca. 1760 Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

ポットゲーム 1760 ピエトロ・ロンギ
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

Pietro Longhi The Game of the Cooking Pot, c. 1744 National Gallery of Art, Washington, DC Samuel H. Kress Collection

ポットゲーム 1744 ピエトロ・ロンギ
ワシントン・ナショナル・ギャラリー


今日はとても早起きした。休みの日に限って二度寝ができない。二度寝ができない平日に限り、起きたくないのに。

なんだか、睡眠を損した気分になる。
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi / SAI

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751, Pietro Longhi The National Gallery,London

Exhibition of a Rhinoceros at Venice probably 1751
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー


追記 記事「ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi 動物」からもう一枚の犀をどうぞ。

絵本の挿絵かと思った。観ているうちに好きになった。僕、動物に弱いから。あと意味深なものとか、妖しいものとか。

A Fortune Teller at Venice 1756 Pietro Longhi The National Gallery, London

A Fortune Teller at Venice 1756
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

A Lady receiving a Cavalier 1745-55, Pietro Longhi  The National Gallery, London

A Lady receiving a Cavalier 1745-55
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

A Nobleman kissing a Ladys Hand about 1746, Pietro Longhi The National Gallery, Trafalgar Square, London

A Nobleman kissing a Ladys Hand about 1746
ピエトロ・ロンギ ロンドン・ナショナル・ギャラリー

An Interior with Three Women and a Seated Man probably 1750-5, Pietro Longhi The National Gallery, London

An Interior with Three Women and a Seated Man
 probably 1750-5 ピエトロ・ロンギ 
ロンドン・ナショナル・ギャラリー


仮面に見世物小屋、貴族と市民、諷刺と風俗がいっぱいの作品。

18世紀ヴェネツィアで活躍した風俗画家だから、フランスやイギリスのロココな画家たちと同じ時期に活躍した人。

The Visit 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art.

The Visit  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Letter 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art

The Letter 1746 ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Temptation 1746  Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum

The Temptation 1746  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

The Meeting 1746 Pietro Longhi (Pietro Falca) The Metropolitan Museum of Art.

The Meeting 1746  ピエトロ・ロンギ
メトロポリタン美術館

 IL CONCERTO Pietro Falca detto Longhi Gallerie dell'Accademia, Venice

コンサート(合奏) 1741 ピエトロ・ロンギ 
アカデミア美術館(ヴェネツィア)


追記 wikiはたまにハズレのことがあるから、ちょっと心配だけど、なぜかヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi)にこの作品が掲載されていた。美術館のサイトをみたけれど、ヴィヴァルディに触れていなかったような・・・。

日常の心にとまったシーンを日記のようにカンバスに描いた小さな作品。そこがいい。

最後は象で。今日はこれでおしまい。

The Display of the Elephant 1774 Pietro Longhi  The Museum of Fine Arts, Houston

The Display of the Elephant 1774
ピエトロ・ロンギ ヒューストン美術館

The Elephant Gallerie di Palazzo Leoni Montanari

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
パラッツォ・レオーニ・モンタナーリ美術館

LEléphant 1774 -Pietro Longhi  auction houses

The Elephant 1774 ピエトロ・ロンギ
オークションハウス

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
| 1/1 |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--