ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
セレブ限定? マルセル・ワンダースのモンドリアン・イン・サンビーチ
建築・インテリア / SAI
ここは「眠れる森の美女の城」と前置きのあるホテル。デザイナーマルセル・ワンダースが手がけたもの。

モダンで目を惹く。

もともとかなりの空間があり、草間彌生のマカロニコートを壁にかけておくだけなんてスタイルの人にぴったりだ。

ジャコメッティの歩く男なんかさりげなくポンと置いているような暮らしをしている人にもいいかもしれない。

空間が広く感じ、絶対に生活部分に取り入れない色調で一流品は迫ってくるから、どこをどう歩こうかと考えさせられるオチがある。実際にはこの階段のところに窓があったはず(?)で景観がひとつの作品になる。



ミスタースポックや船長があの服でここにいてもおかしくないような未来派のデザイン。スカイテラスにアクアスパ、サンセットラウンジとなぜか自然のネーミングで呼んでいる。

写真はアクア・スパ。緊張するような配色。

個室は案外落ち着いて、ラグマットや壁紙がダークなのでゆったりくつろげる。

ものすごい安いインテリア雑貨にも売っているような柄なんだけど、質が違うかも、かなり。

写真はアジアンなんとかというネーミングのレスト。

清められそうな白色にポイントだけが色つき。だがサンセットルームはちょっと違う。夕日と一体化できるような色。さぁ、どうですか?まったくデザイン美というものを強調しているので、「眠れる森の美女」より「不思議の国」のほうがいい気もする。


ラスベガスのホテルもマルセル・ワンダースがデザイン。彼の恐ろしいところは、顧客の側にも対等の美意識をもたせるところだ。そしてライフスタイルの舵取りの巧い熟練者になれといわれているような気がする。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
| 1/1 |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--