ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
百科全書序論 から 人間知識の系統図 想像力編
百科全書 / SAI

ダランベールの「人間知識の系統図」では、記憶力(歴史)、理性(哲学)に比べ、体系図だけを記事にするなら、この想像力(詩)はなんと少ないことだろうか。

この記憶力、理性、想像力の3つの機能が系統図の軸である。

記憶力(歴史)はこちら 百科全書 人間知識の系統図 記憶力
理性(哲学)はこちら   百科全書序論 理性について by ダランベール
               百科全書序論 から 人間知識の系統図 理性編

想像力-詩・・・宗教詩
       ・・・世俗詩
             ・・・物語詩・・・叙事詩
                     ・・・恋歌
                    ・・・風刺詩
                    ・・・小説など
             ・・・劇詩   ・・・悲劇
                     ・・・喜劇
                    ・・・歌劇
                    ・・・牧人劇など
       ・・・寓話詩・・・寓話

そしてこの配下のように次が体系化されている。

音楽・・・理論的
   ・・・実践的
   ・・・器楽
   ・・・声楽
絵画
彫刻
建築
彫版

記憶力、理性の記事を読んだ方は、あまりにあっけなく感じるかもしれない。

La raison et la liberté qui foudroient la superstition et le fanatisme

迷信と狂信者にむかう自由と理性


「百科全書、または学問、芸術、工芸の合理的辞典」ののために書かれた序論「百科全書序論 Discours préliminaire de l'Encyclopédie」から、この想像力の関連した箇所を抜粋してみる。

画、彫刻、建築、詩、音楽、およびそれらのさまざまな部門が、想像力から生まれた第三の一般的な区分を構成し、その諸分野は芸術の名のもとに包括される。それはまた絵画という一般的な名称のもとに包括されることもできるだろう。

ぜなら、あらゆる芸術は描写することによって帰するのであって、ただ用いる手段が異なるにすぎばいからである。

という語を発明もしくは創造ということにほかならないその本来の語義にとって、それらの分野をすべて詩に関連づけることもできるであろう。

これは序論の第1章の2.人間知識の系統図-知識の歴史的序列と百科全書的序列に書かれていることだ。



百科全書における人間知識の系統樹


第2部諸処の学問・芸術・工芸の辞典において、1.学問と技術の歴史(その1)ではルネサンスから17世紀末までを記述し、2.学問と技術の歴史(その2)では18世紀前半を記述している。

その1のなかで、要約すると「翻訳や古典の現代語にするために、おかしなものになってしまう」という箇所があった。

つまり、移さなければならないものは「単語」ではなく「美」だという。

僕的に理解したのは、まとめると「正確な単語の表現から接続法大過去による仮定表現までひっぱりだすと、他国ではたった1行が数行に及び、判断のしようがない実質のない形骸のないようなものだ」ということを自分なりに認めた。

また、古代や当時、そして現代において、単語や文法の意味合いが変化している。なおかつ古代や当時において、それぞれその単語が示す意味が、専門的な職をさす言葉だったり、専門的な学問をさす言葉だったりするので、翻訳や古典を現代語にするには、博学でなければ務まらないだろう。




百科全書 カリグラフィー 飾り文字



歴史的背景とその単語、産業とその単語etc。ますます翻訳者を尊敬する僕です。

しかし、偏執は滑稽とよび、注釈は膨大なページを増やすし、仮定表現は文章を長くする。

つまり古典のラテン語でかかれた原書をフランス語に翻訳され、そのフランス語に翻訳されたものを英語に翻訳され、英語に翻訳されたものをたとえば現代の日本語に翻訳されたら、真面目な翻訳家は膨大なテクストをつくるだろう。

センスのよい翻訳家は、翻訳した対象物と読み手の教養を同じ目線でとらえ、それは「注釈がないからわからない」、「なぜこの単語をこんな日本語にしたのだろうか」、「この文法は違う」という憤慨を持たない「知っているクラス」へのもとして、ほとんど原本と同じ役割を果たすだろう。

百科全書の執筆にあたったヴォルテールを引き合いに出すと、彼がある人物にあてた手紙に「彼は息子を神に捧げ、アブラハムにまさることをやった、と考えていたのです。」という一文がある。同等の教養があれば、これはなんのことだ?と首をかしげない。

皆さん、アブラハムをご存知だと思いますが、まずは息子を神にささげという箇所は絵画作品に多い「イサクの犠牲」を連想させる。




百科全書 書法芸術



それを勝るということは・・・

信仰の父アブラハムが神への捧げ者に息子イサクを生贄にするところで天使が「あなたが愛して止まない子を、わたしのために惜しまないその姿、あなたが神を恐れる者であることを知った」として、おしとどめるという話しを勝ったわけだから、おしとどめる天使がいなくて実行したものをさす文章だろう。

手紙の一行。ヴォルテールは相手がわからなかったら意思がつたわらないと考えるだろうか?

同じ時代、同じ宗教(新教、旧教であっても)の、同じ国の人間同士、同じ教養なら、「共有」するものが同じ(レベルが違っても)で、わざわざ注釈や相手の解釈の心配をして書くだろうか。

は息子を神に捧げ、アブラハムにまさることをやった、と考えていたのです。」
この短いセンスのあるセンテンスを・・・




百科全書 パレストリーナ
古代の神殿、古代遺跡、多くの出土品の他、虐殺の歴史も古い。
フォルトゥナの神殿のプラエネステの籤とよんだ神託は有名だ。


「彼は、「創世記」22:1−19に記されている「イサクの犠牲」にあるような父アブラハムに倣いましたが、アブラハムのように天使に押しとどめられなかったため、とうとう息子を神に捧げてしまったのだと考えていたのです。」

こんな手紙、あるいはメールを読むのはうんざりしないだろうか。

かつヴォルテールの国、この時代の宗教を知っていれば、新教徒、旧教徒、改宗という関連した単語が自然に頭をよぎり、何を言っているのかがわかる。

ただし現代では詩、小説、寓話となると翻訳者はあらゆるクラスの読み手を考えるわけだ。一般的な知的レベルを考えるということだ。

それが100年前の日本ならどうだろうか。まず書物を買えるクラス、貧しくとも買わなければならないクラス、その書物をどのように読むか(研究か研鑽か娯楽か)、そして読み手の人物像は当時の一般大衆の知識レベルか、それ以上かで翻訳はかなり違うだろう。



哲学者の講義
Collection Jean-Jacques Monney, Genève
啓蒙時代のルソー、ディドロ、ヴォルテールを示す絵


ブログも大衆紙も同じ性質をもつかもしれない。
「知っていることをごちゃごちゃと・・・」
あるいは「へぇー、そうなんだ・・・」
二極化するとこんな印象をもつだろう。

さて僕の戯言はここまでにして、ダランベールが言わんとしていることに戻す。

僕的要約
「王侯は苦労なしに学者になるために、精神的な作品を特に研究せずとも評価できるようになりたい。そうした願いは彼ら王侯の保護を与えるかわりに、その好意にたいする代償として、一般人にとって理解しやすくなる利点を望んだ。」

この続きは

要約
「苦手のはずの言葉で言うことに意味はない。
そこで俗語の改良をはじめるが、ゆがめられた。
やがて国語のなかに移さねばならないものは美だと気がついた。
正しい趣味にもとづいて規則だてられ、
巧みな言い回しや表現を無数に獲得した。
・・・(略)・・・
ついにローマ人やギリシャ人を引き写したり
模倣したりすることにとどまることなく
可能な場合は凌駕し、自分で考えるよう努力した。
かくて古代人の想像力から蘇った。
こうして前世紀の傑作が花開いたのである。」

こうした文芸の開花に名をあげてるのは、マレルブ、バルザック、ポール・ロワヤル、コルネイユ、ラシーヌ、デプレオー、モリエール、ラ・フォンテーヌ、ポシュエ。




百科全書 古代美術



続くのは、絵画と彫刻の復興だ。

僕的意訳
「詩と音楽の進歩と開花よりも一段と速く進む。それは古代人の作品研究jから、迷信や野蛮性によって損なわれていない傑作が多く残っていたからだ。つまり彼らのあとを辿ればよい。才能があればよく見ることだ。さらに五感が古代彫刻からはっきりとうかがえ、古代の文学者たちより美の認知がはやかったせいもある。」

ここではプラクシテレス(紀元前4世紀の彫刻家)、ペイディアス(フェイディアス,紀元前490年頃 - 紀元前430年頃の彫刻家)の模倣からたどれば、ラファエロやミケランジェロらが長い時間を費やすことなく高めたとある。

ここでは、絵画ではプウサン、彫刻ではピュジェ、建築ではル・シュウール、、そしてルイ14世のお抱え画家・ブラン、抒情詩にキノーをあげている。

この序論は1751年に発行された「百科全書、または学問、芸術、工芸の合理的辞典」のためのものであるが、ちょうど日本では伊藤若冲(1716 - 1800)、円山応挙(1733-1795)が絵筆を握っていた頃で、長澤芦雪は1754年に誕生している。




百科全書 音楽



音楽については近代人が創造しなければならなかったとして到達が遅れたことを述べている。

僕的解釈

ギリシャ人と比較すると我々フランス人が進歩させたという学者も少なくないが、古代音楽の傑作を引き合いにだし論説するのも困難だ。

古代音楽の旋律が勝っていると仮定して、和音は近代音楽に分があるとしておおむね正しいだろう。

・・・と序論から得られた音楽に関する「芸術の急速な復興」についてはこの程度だ。

ただ、やはりルイ14世の寵臣だったリュリの名をあげている。

つまり音楽は第1章その1に記述があるが、序列において末席を占めるらしい。まぁ、フランスのなかにおいてだからなのだが。

とりわけダランベールは「模倣に基づく知識」とあらかじめ、絵画、彫刻、建築をあげ、詩はその模倣は調和の模倣で想像力をに語るものとしている。音楽は、模倣が数少ない心像に限られているという。

そしてとりわけその模倣は、イタリアの芸術に感謝すると結んでいる。

さてダランベールは10年で編修の責任を降り、その後は数学の項目だけを担当することになる。もちろん最後まで編修したのは、ドゥニ・ディドロであった。

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
百科全書序論 理性について by ダランベール
百科全書 / SAI

本来は、ダランベールが体系化した「人間知識の系統図」は、3つの機能(記憶力、理性、想像力)は1つにまとめられているが、ブログの機能上、ひとつにまとめられている系統図を機能別に紹介している。

記憶力(歴史)はこちら 百科全書 人間知識の系統図 記憶力
理性(哲学)はこちら   百科全書序論 から 人間知識の系統図 理性編

本当なら前日の「百科全書序論から 云々理性編」に書こうと思ったのだが、あんまり長い系統図なので、別記事にした。



In the Salon of Madame Geoffrin in 1755
by LEMONNIER, Anicet-Charles-Gabriel
「1755年 ジョフラン夫人のサロン」 奥壁側 ヴォルテールの彫像



多くの著名人が揃うサロン、手前の枠がダランベール、奥にディドロ
百科全書派が揃っているサロン


百科全書序論の第1部 人間知識の秩序と連繋の「2.人間知識の系統図」から拾うことにする。

まずダランベールは観念の起源を感覚と反省に求めたジョン・ロック(1632-1704)の考えに従っている。

ダランベールは
「純粋に知的な概念を形成するには、感覚(感官)について反省してみるだけで十分であるのに、どうしてそういう概念をわれわれがあらかじめ持っていると仮定するのであろうか。」

ここでいう感覚は、五感を通じて受け入れる知識に還元されるという直接的知識。

彼は、社会形成の起源は観念の相互伝達で、だからこそ「言語」がうまれた。言語は意思疎通の最初の最も基本的手段のことだ。これが「人間の学問」のなかにある論理学と名づけられる。



百科全書 幾何学


「自分の観念を他人に伝えるにつけ、他人の観念を自分の観念に結合させるにつけ、われわれがこのような交渉に見出す快適さと利点は、始められた社会生活の絆をますます緊密にし、社会生活を自分たちにとって可能な限り有益なものにする方向に向かわせるに違いない。・・・(略)・・・たとえ同等の権利を有するとしても全員が同じ利益の配分にあずかることができるわけがない。・・・(略)・・・強者の法と呼ばれる不平等の権利によって犯されることになる。・・・(略)・・・しかし抑制が激しくなると弱者はそれに耐えようとしなくなる。・・・」

ここでは反省的観念として、外的な自然環境に対して人間の自然本性が、もっとも緊急に不可欠に必要とする諸心理が生み出すことだと理解した。

強者に対する弱者の自然な叫びは悪徳と対立する美徳の反省的知識を生み出し、道徳的特性を獲得する。こうした苦痛の経験が、必要とする諸心理に働きかける。法律や神の存在であったり。

さらに感覚は各身体器官と体全体に伝達されるものだ。苦痛は人間にもっとも不幸な感情だ。さらに人間の感情には欲求がある。そこには身体の欲求を満たすといことも必要性である。



百科全書 天文学


身体の維持の害悪をわれわれ自身が発見し、他人との交渉や研究によって果たそうと必要不可欠な諸心理によってさまざまな技術が生み出される。

社内、社外の研修や講座で必ずでてくるヒエラルキー。思い出す。

生理的欲求から生まれたものが農業じゃない?そして生命の維持から生まれたものが医学ではないか。そして人間の英知を結集しても乗り越えられない自然の驚異と脅威。

理性(哲学)の「自然についての学問」には数学がある。これがはじまりだという。諸学問については前記事の「人間知識の系統図 理性編」からごらんいただきたい。

さて、フランス語でSUCRERIEという項目があった。デザートを想像するがまったく違う。何の項目だがさっぱりだった。TUILERIEという道具、機械はいったいなんなのだろう。

それからもうひとつ、ブルボン家も百科全書にあり。




百科全書 ブルボン家


ちなみに「百科全書」は、1751年の「百科全書、または学問、芸術、工芸の合理的辞典(あるいは理論的辞典」(L'Encyclopédie, ou Dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers, par une société de gens de lettres)とされているが、アルファベット順でフランス語に堪能でなければなかなかたどり着けない。

また小重力という意味の単語がまったく違うものを指していたり、挿絵で助かるものと、ますますわからないものがあった。

日本語が一番です。

今回も佐々木康之氏の「序論」を参考。イラストは「百科全書」の原本。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
| 1/1 |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--