ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ハロウィン・ツリー by レイ・ブラッドベリ
book レイ・ブラッドベリ / SAI
The Halloween Tree 1973年僕の1970年代の読み物のひとつに、レイ・ブラッドベリが挙げられる。中学時代であるが、楓も a-lei にとっても愛読書。

楓は「たんぽぽのお酒」を、あるブログで随分連載していたが、生と死がいつも隣であることを強調していた。だが、僕もブラッドベリのテーマは「死はいつも隣」なのだと感じる。

児童向けといわれるハロウィン・ツリーは、マーク・トウェインの十八番である少年、洞窟、冒険という、あの当時の僕らが大好きだったキーワードの断片が、いくつも転がっていた。

そしてハロウィン。仮装、
パンプキン・ランタン、お菓子にアップル ボビングと楽しいことだらけで、日本は、いつも商業的にイベントがはじまる。この現代と変わらない、気楽でわくわくする気持ちでいっぱいの、「ハロウィン・ツリー」に登場する少年達も、「ハッピーハロウィン」のノリで、その日を迎える。

そして突然の冒険は、アメリカ イリノイ州から古代エジプト、英国、ローマ、パリ、メキシコと、ハロウィンの夜に一人消えた少年ピプキンを追い続ける。

The Halloween Tree 1972年伝説の闇の生きものたちと怪人マウンドシュラウド。ハロウィーン・ツリーには1000の笑うパンプキン。

その数二倍の抉られた目は、睨み、瞬き、ウィンクする。少年たちは箒にうちまたがり、過去の歴史を知ることになる。

古代ケルトのドルイド教のサウィン祭、エジプトの死者、死者の日の骸骨の祭り。ハロウィンの本質を知り、喜びだけではなく、恐れを知る。生と死の重みにだ。

さて、ハロウィンって何? 悪も正もすべてのソウル(魂)が集まる日。
仮装はなんのため? 亡くなった大切な人と触れあうため。
菓子は何のため? 成長の種と糧を渡す意味だ。
パンプキン・ランタンは何のため? 悪霊を祓うためだ。
祭りは何のため? 生を祖先に感謝することだ。
すべては、祖先のもてなしと未来を託す子ども達のためである。
グローバリズムなイベントではないのだ。

原作「The Halloween Tree」、邦訳は晶文社「ハロウィンがやってきた」 by レイ・ブラッドベリ。なぜか僕は、ティム・バートンの
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスが重なる部分があるのだ。(笑)
| comments(3) | trackbacks(4) | -
pagetop
| 1/1 |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--