ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
葛飾北斎 龍図
葛飾北斎 Hokusai / SAI
龍図(昇龍・降龍)「昇龍図」 フリーア美術館英国科学者ジェームズ・スミソンの寄付金によって、米国スミソニアン協会が設立された。(スミソニアン・アメリカ美術館、スミソニアン・アメリカ美術館レンウィック・ギャラリー、アナコスティア博物館とアフリカ系アメリカ人歴史文化センター、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館、国立アメリカ・インディアン博物館ジョージ・グスタフ・ヘイ・センター、芸術産業館、国立アメリカ歴史博物館ベーリング・センター、フリーア美術館&サックラー・ギャラリー、国立自然史博物館、ハーシュホーン博物館と彫刻の庭、国立郵便博物館、国立航空宇宙博物館、国立動物園、国立肖像画美術館、国立アフリカ美術館、アーサー・M・サックラー・ギャラリーなど) 世界最大の博物館の集合体だ。

パリ・ギメ東洋美術館所蔵の葛飾北斎の肉筆画「龍図」が、現在、太田記念美術館「ギメ東洋美術館浮世絵名品展」で、所蔵の「虎図」と展示されている。その「龍図」と「虎図」が一対であることが、最近判明されたという。
北斎をよく知る方なら、ギメの「龍図」をご覧になって、フリーア美術館、アーサー・M.サックラー美術館(スミソニアン協会、国立アジア美術館、ワシントン)の「龍図(昇り龍)」を思い浮かべたにちがいない。

フリーア美術館は、デトロイトの実業家、チャールズ・ラング・フリーアのコレクション。あのジェームズ・マクニール・ホイッスラーの友人でもある。ホイッスラーの描いた、レイランドのダイニングである「ピーコック・ルーム(孔雀の間)」を買い取ったのもフリーアだ。そのフリーアの遺言によって、フリーア・コレクションは門外不出となっている。

北斎カタログ
Ann Yonemura
  &
フリーア美術館
  &
サックラー・ギャラリー

251ページのハードカバー
表紙は「
雷神図

ちなみに 風神図
1999.09, Sotheby's(color)487図
2001.03, Sotheby's(color)448図/118頁 らしい。

HokusaiHokusaiAnn Yonemura
逆の「雷神図」。
変身抄の記事に、雷神は小太鼓を輪にめぐらせ両手にばちを持つ。足の指は2本ずつ、手の指は3本ずつとあるが、これ、足の指3本なんだ。


その他
葛飾北斎 肉筆画傑作選
「葛飾北斎 肉筆画傑作選 アート・コレクション」には、富士の越龍図、鯉図、夜鷹図、五美人図、潮干狩図、鍾馗騎獅図、西瓜図、鳳凰図、井手の玉川、萩の玉川、酔余美人図、厳頭鵜図が、忠実に再現されている。226,667円也


これが、「ギメ東洋美術館浮世絵名品展」での「虎」と「龍」だ。左の対が、しくじった写真だが、肉筆を感じさせる「龍図」で、右がプレス用の対。肉筆、版画、特に浮世絵なんかは、プレスリリース用のベタなもの(まるで安物のプリントTシャツのようだ。)に見えるときがある。

左:葛飾北斎「虎図」(雨中の虎)太田記念美術館蔵/右:葛飾北斎「龍図」(没する直前の1849年に描いた肉筆画)フランス国立ギメ美術館蔵


本物を鑑賞することによって、関心が高まるのが浮世絵だ。左の「ぼけた」肉筆の龍を鑑賞したい方は(写真によるぼけです)、2月25日まで、太田記念美術館へ。前・後期ともに展示されているはず。

さて、昇る「龍図」があるなら、降る「龍図」もある。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(4) | -
pagetop
謹賀新年 北斎 鳳凰図屏風
葛飾北斎 Hokusai / SAI
瑞気集門
あけまして おめでとうございます。


葛飾北斎 鳳凰図屏風 1835年 ボストン美術館所蔵

全体像 (921×138)かなり大きい。
ここらからご覧ください。
鳳凰図屏風
冠をもち、尾は長く、羽毛は五色に彩られた、四霊獣の一霊獣である鳳凰。厄や困難を跳ね除けると言われる幸運の霊獣である。


Wikipediaによると−
前は麟、後は鹿、頸は蛇、背は亀、頷は燕、嘴は鶏だとされる。鳳は雄、凰は雌を指し、羽ある生物の王であるとされる。

北斎の鳳凰図屏風は−
ボストンの富豪ウイリアム・ビゲロー(1850〜1926)のコレクションである、鳳凰図屏風は、極彩色の妙味があらわれている。肉筆画の描写力は、現代のポスター以上のヴィジュアル感。五色彩の羽は、赤・青・緑が基調となり、手塚治虫の火の鳥を思い出した。

今年もよろしくお願いします。
| comments(4) | trackbacks(13) | -
pagetop
| 1/1 |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--