ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ホイッスラーの版画
ホ イ ッ ス ラ ー / SAI
The Smiths Yard  lithograph「スミス ヤード 1895」
【リトグラフ】
発行 ストゥーディオ47
   1897年 2月15日
エディション 3000枚

版画というと、僕にはリトグラフが一番身近だった。版画については素人ですが、リトグラフは水彩画のように刷られるものが楽しめる。


和書、洋書を含め、ホイッスラーの書籍を検索したら、荻野昌利氏の「J・M・ホイッスラーの芸術論―『上品な敵の作り方』―」というのを発見。だが、取り扱っていないのか、アマゾンにもどこにもない。それとも荻野昌利氏の、ほかの作品のなかに収録されているのか。非常に気になる。「Whistler, James Abbott McNeill : The Gentle Art of Making Enemy,(London: William Heinemann, 1892; reprint, Dover Publications, 1967)」の邦訳かな。

さて、つぎはエッチング。銅版にニードルで、図柄を描く。僕が中学時代の美術の時間では、エッティング、陶板、石膏なんかをつくらされた。僕の作品はどこかにあるのか。母にでも聞いてみよう。ちなみに、日本のエッチングでは、腐食液をつくった
江漢がいる。

The Pool

「淵」 1859 【エッチング】
〜テムズセットから

ホイスラーは、ベニス、テムズなどの場面を随分と作品化した。ベニスセット、テムズセットというのが、この場面の版画シリーズ。テムズの一連の16のエッチングには、建物や船着場などのほか、テムズ川上流のミルバンク地区の警察などもある。テムズ河のほとりには、ミルバンク監獄もあった。

当時のテムズ川は、環境のよろしくないところである。空気、水、地区の人々。ディケンズの小説に、「テムズの死体引き上げ人」という職業も登場していた。あの
ジャック・ザ・リッパーの容疑者の一人、モンタギュー・J・ドゥルイットも、テムズで自殺した。

The lime-burner from the Thames set 1859  intaglio「ライム-バーナー」1859年
【インタリオ 】
(凹版技法を用いた銅版画)
〜テムズセットから

テムズセットから、遺棄物のような印象。石炭か石灰石なんかを研磨する場所だろう。

版画家や版元には失礼だった。作品を実際にみても、素人の僕は、リトグラフもインタリオも版画ひとくくりとしていた。

絵画と同じように、技法によって、こんなに表現力が違うんだ。
ホイッスラー インタリオ
9枚アップしました。(してもらいました。)
↑ではテムズ、ベニスのインタリオをアップ。ベニスも、水の都ではなく、腐食されていくような表現をしている。寒く厳しい印象は、日常の変わりない風景を淡々と描きこんでいるからだろうか。

また、ゆっくりホイッスラーの版画を眺めて、ゆっくりとアップして「追記」します。

さて、これまではホイッスラーの水彩、油彩を中心にした
記事を2点ほど書いてきた。仲間たちもホイッスラーの記事をアップしてくれて、過去記事には、それらをリンクしているが、僕や仲間たちがアップした作品からは想像できない1点を、ここに紹介する。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(1) | -
pagetop
ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋
ホ イ ッ ス ラ ー / SAI
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」。

元々は、彼の後援者である、リバプールの海運王(F.R.レイランド)のためにこのスクリーンを描いたという。

Blue and Silver: Screen, with Old Battersea Bridge


あの「La Princesse:陶器の国からきた皇女」がある「孔雀の間」をつくらせたレイランドのことだ。

このパネル(屏風)の場面は夜のテームズ川。 左上にチェルシー教会の時計台を見ることができる。 フレームは塗装された花と一連の二重線で飾り付けをされ、線は竹の軸を示している。英国の
グラスゴー大学ハンタリアン美術館所蔵のパネル。

さて、僕が記事にした理由は2つある。まず、日本のサイトで紹介されていないことで、とーしさんへのプレゼントになるかと思ったこと。もう一つは、art⇔Interactive⇔life さんの素晴らしい記事に刺激されたことだ。

では、art⇔Interactive⇔life さんから引用させていただく。ちょっと添削いたしました。(ニヤリ)
ホイッスラー 肌色と緑の薄暮:バルパライソより

(略) そして英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとりで、「青と銀とのノクタアン」が描かれる。バッタアシイ古橋のシルウェットを月夜の灰碧の空氣の中に捉へた畫人は廣重の版畫に對する鋭い感覺で張りきつてゐる。更にまたクレモン・ガアデンスの煙火戲の夜、崩れ落ちる五彩陸離たる火光を、いみじくも繋ぎとめた「黒と金とのノクタアン」を見よ。老ラスキンをして理性を失はしめた前代未聞の藝術がこゝにある。

【青空文庫 蒲原有明の「仙人掌と花火の鑑賞」より引用】

octurne in Black and Gold - the falling rocket, 1875

黒と金のノクターン 花火


青と銀とのノクターンとありますが、青と金とも思われます。「Nocturne: Blue and Gold」です。「英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとり」とあるので、ロンドンのテムズ川に架かる「青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」という作品です。テートギャラリーにあります。広重の名所江戸百景「京橋竹がし」を模したとされていますが。この作品をとおして、「見方は鑑賞者が決めるもの」とホイッスラーは語ったそうです。

そうですね。大概、蒲原有明の「仙人掌と花火の鑑賞」と、ホイッスラーの「青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」、そして、広重の名所江戸百景「京橋竹がし」や東都名所「両国之宵月」などが、よく一揃えで紹介されるが、ゴッホの模した浮世絵のように、部分を模すということがある。だから、「京橋竹がし」は、まったく違うともいえないが、東都名所の「両国之宵月」との比較のほうが、決まる気がする。

それから、【そして英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとりで、「青と銀とのノクタアン」が描かれる。】という部分は、まさしく「青と銀とのノクタアン」。この紹介した写真のスクリーンに描かれている「青と銀のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」のこと。広重の名所江戸百景「京橋竹がし」(
">art⇔Interactive⇔lifeさんから見てください)は、僕のアップロードした「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」と比較に頂戴させていただきます。(笑)

オールド・バターシー・ブリッジには、art⇔Interactive⇔life さんの記事に書かれているように、色と色に、楽曲のカテゴリーを命名したタイトルが多いホイッスラー。白、肌色と緑色、青と金のほか、僕の青と銀、灰色と緑色、灰色と銀色、紫と薔薇色、黒と金などに、さまざまな楽曲、音楽用語などと組み合わせている。このうち「落ちる花火」が、
ジョン・ラスキンの酷評の煽りを受け、あまりヒットしなかったものが多いようだ。
KAFKA 灰色と緑色のハーモニー
スィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)
KAFKA 灰色と緑色のハーモニー
【こんな可愛いスィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)を、日本のお屋敷の壁を背景に描いたよう。蝶々に小菊、塗り壁に落書き。この落書きこそ、落款のようにホイッスラーがサインを書いているのです。】

REMOVE 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン。

Life Carrer Counseling
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ

Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
茶色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ 1863
広重 東海道五十三次 岡崎

art⇔Interactive⇔life
肌色と緑の薄暮:バルパライソ 
青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ
黒と金色のノクターン 落ちる花火 (こちらがテートギャラリーの画像にリンク)

Magnum Photos Photographer
肌色と緑のバリエーション: バルコニー

Allegory
紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
花魁・孔雀の間 「La Princesse」/孔雀の間 リンク
「金屏風」1865年/「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)

だが ホント、「オールド・バターシー・ブリッジ」という言葉に騙されてしまう。 東海道五十三次 岡崎を模したと思われる1859年の「オールド・バーターシー・ブリッジ」、あとリトグラフにも「オールド・バーターシー・ブリッジ」がある。

Old Battersea Bridge,Nocturne:Blue and Gold (1872-1877) Tate Gallery


青色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ
テート ギャラリー

ノクターン:バーターシー川 1878 
  オンタリオ美術館
オールド・バーターシー・ブリッジ 1879 and 1887
  シカゴ美術館
オールド・バーターシー・ブリッジ 1879 
  サンフランシスコ近代美術館
灰色と銀色:オールド・バーターシーの周辺 1863
  シカゴ美術館

Harmony in Blue and Silver: Trouville, 1865

青色と銀色のハーモニー:トゥルーヴィル 1865

青と銀というタイトルの作品。

青色と銀色:プールヴィルのボート 1899年
  フリ−ア美術館
青色と銀色:トゥルーヴィル 1865年 フリ−ア美術館
青色と銀色:逆波たつ海峡 1890−1899 フリーア美術館
青色と銀色の編曲:すばらしい海 個人所蔵
青色と銀色の夜想曲(クレモーン ライト)
  ハーバード大学付属フォッグ美術館
青色と銀色のハーモニー:トゥルーヴィル 1865年
  イザベラ・スチュアート・ガードナー美術館

青色と銀色のシリーズ


nocturne_blue_and_silver_cremorne_lights

青色と銀色の夜想曲:クレモーン ライト 1872年 テートギャラリー

Nocturne_Blue and Silver - Bognor

青色と銀色の夜想曲:ボグナー フリ−ア美術館

Nocturne, Blue and Silver: Chelsea, 1871. Tate Gallery


青色と銀色の夜想曲:チェルシー テートギャラリー

さて、「灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866」から、「浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン」をご覧いただけただろうか。この3枚のうち、テートギャラリーの所蔵の2枚に、やはり「落款」のようなものが描かれている。


以前のジェームズ・マクニール・ホイッスラーの記事
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ジャポニズム
「The artists studio」 1865年 を掲載。ホイッスラーのアトリエらしい。

ところで、とーしさん。ホイッスラーに興味がないかもしれません。それは、サラリと。(笑)
| comments(5) | trackbacks(4) | -
pagetop
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ジャポニズム
ホ イ ッ ス ラ ー / SAI
The artists studio 1865 by James McNeill Whistler ジェームズ・マクニール・ホイッスラー kei君、画像アップありがとう。ホイッスラーの水彩画が好きだ。ちなみにキモノを着せたジャポニズムは嫌いだ。だが、この「The artists studio(画家のアトリエ?)」のジャポニズムは好きだ。

後ろ向きの女性は、ジャポネーズ ローブ(キモノ)と思われる。そして団扇を手にしているではないか。クリックして、大きな画像でみてほしい。

ジャポニズムは、文学の世界にも広がっている。ゴングール兄弟もそうだ。キモノを着ている外国人だからジャポニズムではないのは、ご承知だと思うが、陶器やインテリアまで、日本趣味は流行した。

西洋ではローブと現されているキモノだが、胸元を大きくあけた羽織もので、ガウンである。ジャポニズムの多くの絵画は、その羽織るものとして描かれている。開放的で官能性があるという認識だ。西洋にとっては、いまも部屋着の感覚なのだ。

ティソの描いた社交肖像画のエリオ夫人は、ドレスの上に重ね着をしている。しどけた姿のキモノのジャポニズムだけではない。ホイッスラーのジャポニズムも花魁のような情婦から、この画家のアトリエ、清楚なアレクサンダー嬢と、幅広くジャポニズムを描いている。

ティソがキモノを買い占めたり、新入荷のキモノをホイッスラーにさらわれたり、当時の画家は、筆よりも、キモノを買うことを競ったようだ。

The Lithographs of James McNeill Whistlerホイッスラーの書籍の紹介
The Lithographs of James McNeill Whistler
Vol. 1: A Catalogue Raisonné
Vol. 2: Correspondence and Technical Studies
Lithographs of James McNeill Whistler by James McNeill Whistler


追記
ホイッスラーの版画
ホイッスラー 青と銀とのノクターン:オールド・バターシー・ブリッジ
色と音楽タイトル中心に、14点ほど紹介。その他関連記事にリンク。

ジャポニズム的関連記事
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(7) | -
pagetop
| 1/1 |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--