ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
飛行機内の不思議体験
旅短編集 / SAI

国内出張があったので、その帰りにちょっと雪景色をみたくなって有休をとって他のところに飛んだ。

ケチってエコノミーで飛んだのが災いした。

はじめはバカップル二組にイラッ。まるで昭和の集団就職の男子女子のような子供カップル二組が、僕の座席の通路を挟んだ窓際(A・B)で、二人の世界にそれぞれ浸っていて、気色悪い思いをしていた。

そして中央では、僕の座席からひとつ席をあけて、いかにもビジネスマンの中年男性が、読書をしながら鼻の掃除を延々と続ける。

サラリーマンじゃなくビジネスマン。ビジネスマンなのに・・・。

そしてあと30分ほどで到着する頃に、反対側の窓側(F・G)で、いきなり別なビジネスマンが吠えた。

「うぉー、うぉー」って何度も。

うぉーマンの隣の18歳くらいの少年は、身じろぎもせずにひたすら携帯をいじってる。

うぉーマンの通路を挟んだところの20歳くらいの大学生っぽい青年は、まともな人間で、客室乗務員に声をかけた。そのまともな青年は、一生懸命助けを呼んだが、客室乗務員が来るまで5分くらいだったろうか。

ものすごく長かった。暴れたらどうしようかと気弱な僕。

バカップル二組がうぉーマンの様子を窺いはじめたが、僕にはバカップル二組より「うぉーマン」のほうが我慢できた。

客室乗務員はうぉーマンの座席の二つ前から声をかけて、最後にうぉーマンに一言、二言声をかけた。

するといきなり普通のビジネスマンにもどった。

客室乗務員は何と声をかけたのだろう。聞き取れない声。何と言ってうぉーマンがおとなしくなったのか。もっとも不思議な体験っていうか光景だった。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
イギリスの猫
旅短編集 / SAI
英国の猫イギリスに行ったときに、猫の顔も日本猫とは違うなぁと感じ、1枚撮ってきたが、しばらくするとあまり日本猫と変わらない気もしてきた話しを、先日楓に話したら、意外な話しの展開になった。楓が「最初の違和感が当たり」だという。

楓が、秋田と札幌と東京の鴉は違うという。札幌の鴉は人間的な顔つきで、人にちょっかいをかけてくるらしい。

東京の鴉は鳥類だという。ところが秋田の鴉はすごいらしい。秋田の鴉はスッとしているらしい。人よりプライドが高く、凛々しいという。

猫といえば19世紀までの西洋絵画では猫より犬。中世ヨーロッパでは魔女狩りで猫も狩られたようだし、それでも宝飾のほか装飾のブロンズ像、カードの絵柄なんかには猫のモチーフはある。大概アールデコからの時代。

ケルト祝祭カード


英国にはマンクス島があって、あのノアの方舟のマンクス猫に由来があるようだが、尾のない猫。英国とケルトを一緒にしてはいけないが、偶然手にはいったケルトのカードの黒猫。ケルトのサウィーン(サワーン) の祝祭カードには黒猫のモチーフが使われている。それが不思議に思ったのは帰国してからだ。あまり吉兆のモチーフにつかわれない黒猫に。

ケルトは神話や伝説が多い。ケルト妖精、ケルト幻想などいろいろあるが、不思議な力を宿す黒猫には、幸運を招く象徴とされる民間伝承がケルトにあるらしい。フランスのシャルル・ペローも編集したアイルランドの妖精猫、ケット・シー (Cait Sith)の民話もある。

Still Life with Cat and Mouse, Primitive School, 1820 by Anonymous


この作品は作者不詳だが1820年の作品らしい。スティール・ライフの猫と鼠。ところで鳴き声はどうか。犬の泣き声は「バウワウ」とかになるでしょう。「ミャウミャウ」だろうか。楓の友人でスロバキア出身の方が二人いるが、鶏は「キッキリキー」というのには大笑い。

そのうちの一人はご実家に帰国したときに、庭で飼っている鶏の鳴き声を聞き、「やっぱりキッキリキーよ。」とファミリーで検証されたようだ。

そういえば、海外の犬は「おいで」は伝わらない。「Come on」とか、子犬には「pooch」とか。やはり動物も日本と外国では言葉も顔つきも違うのだ。納得。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
旅短編集 / SAI
蔵の大掃除の手伝いで、今年の正月休みに泊まった旅館 Seki tei叔父さんの家は、なぜお金持ちなの?」と、45にもなる僕が父に尋ねた経緯が気になる方は、以前の記事をリンクから読んでください。

コメントでお答えしましたとおり、今日は「つ・づ・き」です。


続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(0) | -
pagetop
正月休み
旅短編集 / SAI
はじめて泊まったころの 「Seki tei」二年に一度行く、祖母の実家。

祖母は亡くなったが、両親と僕の家族で、祖母の実家にある「蔵」のなかを、年末近く、あるいは年始の挨拶がてら、見に行くのである。

1日だけは泊まらせていただくが、この数年間に、いつも同じ旅館を利用している。露天風呂、檜の内湯など、自宅にない寛ぎ感。自分の隠れ家のつもりだったのだが。雑誌に紹介されて、僕の「なわばり」が侵されてきた。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(1) | -
pagetop
| 1/1 |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--