ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
APOD 毎日の天文学 by フェルメール
art フェルメール / SAI
Credit: Apologies to Vermeers Astronomer and Geographer 画像引用:Astronomy Picture of the DayAPODの著者と編集者はロバート・ニーミャロフとジェリー・バーンニル。

4年前にアップしようと思ってすっかり忘れていた。だから〇年目に気をつけて。以下、当時のままで。

なんといっても「訳」が面倒。

たぶん、僕なら簡略して、僕的訳でこう記す。
Copy:Astronomy Picture of the Day

6年目を迎えた、今日の天文画像(APOD)にようこそ!
上のフェルメールの絵画の天文学者と地理学者は、勤勉なロバート・ニーミャロフ(左)と不屈のジェリー・バーンニル(右)で、知的な討議からひきだされている場面の引用です。WWWは人的資源に貢献し、私達は今後も継続し成長し続けるでしょう。そして応援してくれるAPODの多くの読者に感謝を贈ります。私達の誇りである、このハイパーテキストの拡大する宇宙と、宇宙の感動を与える画像の興奮。きっと明日の画像もそうなることでしょう。


ところが「日本語版」が、あった。非常にわかりやすく、リズムがある翻訳。丹羽 愛一郎氏の編集である。

2000年6月の記事 「APODは今日で満五年
6年目の今日の天文画像(APOD)にようこそ!上は勤勉なロバート・ニーミャロフ(左)と粘り強いジェリー・バーンニル(右)です。まだ、APODのウェブペイジの製作に没頭しています。この最近公開されたフェルメール(Vermeer)の絵画で示唆されているのは、APODの原作はワールド・ワイド・ウェブの究極の価値を越え、たくさんの劇的でかつ、知的な討議からひきだされていることです。私達の考えでは、ワールド・ワイド・ウェブは重要なそしてまだ、成長し続ける集合的な人類の資源に発展しており、そして、貢献することは大切と考えています。継続するたくさんの好意に満ちた電子メールやAPODのテーマ提出に非常に感謝しています。今日、私達が皆さんすべてにお送りしたいのは親愛なる感謝です。この過去5年間に渡り、各日々が一貫して、ハイパーテキストの拡大する宇宙とこの宇宙の感銘を与える画像とを組み合わさることができたことは確かに誇りにしています。事実、あしたの画像も実際にそうなることでしょう。

僕、このサイトの大ファンになりそうだ。

Vermeer: The Astronomer (One Hundred Paintings Series) by Johannes Vermeer,Federico Zeri,Marco Dolcettaさて、このフェルメールの2作品は、専門家が「対」だ、「対」ではないとう説がある。

シリ・ハストベットの「フェルメールの受胎告知」で示唆されているように、専門家の見解をはじめ、「個人の鑑賞」にだって、いろんな見方や疑問がある。

あくまでも一般的に知られている部分や、専門家の引用部分(明記してます)を用いるときは、解説の誤解はないだろう。

だが、僕や僕ら仲間の「見方」は、あくまで個人の鑑賞なので、そこを解説のように捉えられると、誤解が生じることがある。つまり、あくまでも個人の鑑賞と推理なので、違う見解である可能性が大。

シリ・ハストベットの「フェルメールの受胎告知」のように、彼女がそれを「受胎告知」と指摘したわけではなく、受胎告知の図像や様式をふまえ、そのように見えるというもので、僕らも、そういう鑑賞傾向で、記録として記事にしている部分が多いのだ。

たとえば ↓
追記 僕の2011年 新記事(別ブログにて)
記事 フェルメール 信仰の寓意 マグダラのマリア

「この作品に描かれている絵は○○ではないか」というのも、実際にはよく調べてみると違う作品であることもある。(笑)

賢い方は、僕らが引用明記していない一文は、個人の勝手な解釈だとご理解いただけたことだろう。

それで、勝手な解釈。

このAPODから引用した画像についてだが、宇宙の感銘以上だ。すっごくしっくりくる。(笑) 連作だというほうがこの2作品にあてはまりそうだが、こんなふうにコンポジットができるとは。「対画」という域を超えた「対画」なのかもしれない。もちろんパロディといえばそれだけなんだけど。

Johannes Vermeer by Johannes Vermeer 米航空宇宙局(NASA)のフォトアーカイブからチョイスされた画像を提供してくれるAPOD。その二人をこのフェルメールの2作品に譬えたイメージは、2005年の6月16日にも掲載されている。「Apologies to Vermeer's Astronomer and Geographer」は、リチャード・タイエ (Richard Taillet)のコンポジットらしい。


Astronomy Picture of the Day (APOD)日本語
Astronomy Picture of the Day (APOD)

追記 2011年「XAI フェルメールはお好き?」をアップ
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
Allegory of Painting  画家のアトリエ
art フェルメール / SAI
Die Malkunstテーブルにはミメーシス(模倣)を象徴するデスマスク、ハプスブルク王朝を象徴する双頭の鷲のシャンデリア、世界を意味するクラース・ヤンスーゾン・フィッセル作 「ネーデルランド17州地図」、勝利を意味する月桂冠、知識・智恵・歴史を表す史書を持ち、名声を告げるトランペットを片手に、学芸の女神の一人「クレオ」に仕立てたモデルを描く。画家のメッセージを読み解く図像学。

僕にとってフェルメールは、好みではない画家の一人。

だが、考察を施すのが図像解釈学(イコノロジー)であるなら、まさに、僕は画家のカンバスをみるだろう。フェルメールの「絵画芸術」からは。

Vermeer used light grey to light brown grounds on the majority of his paintings.

canvas by umber colored "gesso"

イタリア語で、チョーク(chalk)は「ゲッソを塗った」と呼ばれるらしい。パレットナイフでサイジングをし、アニマルスキンに浸すという。着色顔料のチョーク(混ぜ物)、亜麻油、白鉛および様々なコンビネーションからなり、暖かい淡黄色の調子のグラウンドを使用したということだ。それはレンダリングを非常に助けるらしい。

それが、このディティール。僕にとっては、スラッシュのファッションより、「フェルメールは、大多数の作品を、ゲッソを塗ったキャンバスを使用した」という記述を読んだことで、このうしろ向きの画家への関心は、まさにキャンバスなのだ。

引用のとおり、いま画家が描いているキャンバスは、白地ではない。

さて、この色調が、絵具に強い影響をもたらすことは、素人の僕にも理解できそうだ。陰になったエリアの演出を非常に効果的にするだろう。だが、明るい部分はどうするのだろう。何層も塗り重ねるのだろうか。ちょうど、筆は月桂冠に色をつけ、右腕の下からは白い輪郭がみえる。だが、画家のキャビネットともいえる筆、ブラシ、そして多くの「絵画芸術 Allegory of Painting」に描かれている
パレットが不在なのだ。

しかしだ。遠近法の様子が伺えるではないだろうか。右上の赤いピンのようなものに括り付けられた「糸」が張られ、いわゆる墨付をしたという放射状のひとつが画家の手元まで描かれているように見える。(ご存知だと思いますが、腕鎮(モールスティック)という手を固定するもの)

Kunsthistorisches Museum, Wien: Ausstellung Vermeer. Die Malkunst

絵画芸術 (画家のアトリエ)1666-1667
フェルメール ウィーン美術史美術館


面白いことに、キャンバスの中のキャンバスに描かれた、手元まで伸びる放射状の一線は、この「絵画芸術」全体のキャンバスを、ある幾何学的な作図に取り込み、描かれた三角形の一辺に、「手元まで伸びる放射状の一線」がピタリと符号するのである。

その作図を拝借した。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(4) | -
pagetop
| 1/1 |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--